読み上げ動画・音声
緊張・あがり症
1人で行うリハーサルも、貴重な練習の1つ。
生き方
時間は常に一定。
どれも最初で最後の瞬間。
緊張・あがり症
本番前の発声練習には、カラオケがうってつけ。
緊張・あがり症
マイクとはいえ、あがり症の人にとっては重要な練習対象。
生き方
人生に練習はない。
常に本番なのだ。
緊張・あがり症
1人で練習するときに大切なのは、想像力。

いらいらしないになる
30方法

お気に入り33 読んだ
その4

「本番気合れすぎない
「練習えばいい

「本番だ」と気合を入れすぎない。「練習だ」と思えばいい。 | いらいらしない人になる30の方法

強とテスト本番では、明らかに気持ちの状態が異なります。

スポーツでいう、練習と試合も同じです。

練習のときには、穏やかで気持ちに余裕がありますが、本番と思うと無駄な力が入り、気持ちの余裕がなくなります。

「失敗してはいけない」と肩に力が入るからです。

「もう、後がない」と思っています。

キレやすい人は、いつも本番モードです。

気合が入りすぎているため、ささいな間違いやミスだけで心に余裕がなくなり、いらいらしてしまいます。

気合を入れるのはいいですが、心のどこかで「もしできなくても、次がある。命まで取られるわけではない」と考えましょう。

本番でありながら、練習だと思うのです。

自然と穏やかな気持ちになれます。

「これは練習だから、いつもどおりやろう」と、おおらかな気持ちでいると、心に余裕ができて、いらいらしなくなります。

いらいらしない人になる方法 その4

  • 「練習

次の記事

価値観を捨てると、いらいらも消える。

もくじ
(いらいらしない人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品