ストレス対策

いらいらしない人になる
30の方法

お気に入り60 読んだ
11

寝るか忙しくすれば、
嫌なことを忘れる。

寝るか忙しくすれば、嫌なことを忘れる。 | いらいらしない人になる30の方法

私もいらいらは、何度も経験したことがあります。

いらいらしたときほど、頭がいっぱいで、反省する余裕がありません。

余裕のない状態で、無理やり考えたり反省したりしようとすると、さらにいらいらしてきます。

頭の中でいらいらしたことを考えて反省したい気持ちはありますが、そんな余裕があれば、最初から困りません。

余裕がないから困っているので、まず余裕を作るようにしています。

まず、その余裕を作ることに専念するのです。

私の場合、いらいらしたら、まず「寝る」か、逆に「忙しくする」かにしています。

いらいらし始めた瞬間から、もう頭で難しく考えません。

難しいことを考えるとさらに疲れるので、いっそのこと寝てしまいます。

睡眠を取ると、不思議なことに、それだけで落ち着くことができ、本来の元気が戻ってきます。

いらいらで自制心を失えば、睡眠で自制心を取り戻します。

いらいらは、時間が過ぎれば、自然と穏やかになります。

肝心の反省は、ある程度時間が過ぎて、落ち着きを取り戻してから、するようにしています。

落ち着いていないと反省ができませんから、まず落ち着くために、寝てしまいます。

 

しかし、寝たいけど寝られない環境にいる場合もあります。

仕事中にいらいらして、その場で寝てしまうというわけにはいきません。

「いらいらしたので寝ます。家に帰ります」なんて、言えませんね。

そういうときには、逆に「忙しくする」ようにします。

忙しく仕事をしていると夢中になることができ、嫌な出来事も忘れることができます。

「忙しい」という字は「心」を「亡くす」と書くように、忙しくなれば、一時的に心を亡くせます。

一生懸命に仕事をすれば、仕事の成果も上がり、その上いらいらも忘れることができます。

寝るにしても、忙しくするにしても、応急処置です。

根本的な問題解決ではありませんが、即効性はあります。

寝たり忙しくしたりして、ある程度時間が過ぎて、落ち着きを取り戻すためにするのです。

本当の問題解決は、落ち着きを取り戻したとき、反省して行動に移すことです。

落ち着きを取り戻すための、最初の1歩なのです。

まとめ

いらいらしない人になる方法 その11
  • いらいらしたら「寝る」か「忙しく」する。
体を動かせば、いらいらもなくなる。

もくじ
いらいらしない人になる30の方法
寝るか忙しくすれば、嫌なことを忘れる。 | いらいらしない人になる30の方法

  1. いらいらするのは、余裕がないから。
  2. いらいらしない人になるために「余裕のある生活」を心がけよう。
  3. 「ぎりぎり」に、快感を味わっていませんか。
  4. 「本番だ」と気合を入れすぎない。
    「練習だ」と思えばいい。
  5. 価値観を捨てると、いらいらも消える。
  6. いらいらすれば、紙に書いて、ごみ箱に捨てよう。
  7. 部屋の中で人とぶつかると、外で車とぶつかる。
  8. 失敗したら特徴に変えて、生かしてしまおう。
  9. いつもより早めに家を出れば、気持ちも穏やかになる。
  10. 誰もあなたの心に傷をつけられない。
    自分で傷をつけるだけ。
  11. 寝るか忙しくすれば、嫌なことを忘れる。
  12. 体を動かせば、いらいらもなくなる。
  13. 体を動かす機会、自分から捨てていませんか。
  14. いらいらは、吐き出し方によって、非行にも成功にもなる。
  15. 「自分、自分」と考えない。
    「あなた、あなた」と考えよう。
  16. 近くを見つめない。
    遠くを見つめよう。
  17. 目標を見ていると、いらいらする。
    目的を見ていると、いらいらしない。
  18. まめにコミュニケーションを取る習慣で、いらいらを解消しよう。
  19. 話しかけると、壁がなくなる。
  20. 文句や不満を言う人ほど、キレることはない。
  21. 励ましていると、自分が励まされる。
  22. 思いどおりにならないことは「それでよかった」と考えよう。
  23. 休みの日は、休むことが仕事。
  24. 海は、あなたの生みの親。
    眺めていると、心が落ち着く。
  25. いらいらして健康になろう。
  26. いらいらすることに、感謝できるようになろう。
  27. ふわふわしたものに触れると、いらいらが緩和される。
  28. 「いい思い出になった」と、言い切ってしまおう。
  29. できないことは見ない。
    できるところだけを見つめる。
  30. 他人と比べない。
    いっそのこと、他人を見ない。

同じカテゴリーの作品