人生の教科書



緊張・あがり症
1人で練習するときに大切なのは、想像力。
緊張・あがり症
1人で行うリハーサルも、貴重な練習の1つ。
緊張・あがり症
本番前の発声練習には、カラオケがうってつけ。
仕事効率化
日頃から行っている練習のときこそ、本気になる。
気力
「練習だから」という一言を、逃げ口にしていないか。
生き方
人生に練習はない。
常に本番なのだ。
緊張・あがり症

あがり症を克服する
30の方法

お気に入り0 読んだ
22

マイクとはいえ、
あがり症の人にとっては重要な練習対象。

マイクとはいえ、あがり症の人にとっては重要な練習対象。 | あがり症を克服する30の方法

発表の事前練習では、肉声が基本でしょう。

自分が話した声を自分の耳で聞きます。

心の声ではなく、実際に声を出したほうが、実践的かつ本格的な練習ができます。

 

ただし、本番でマイクを使う予定があれば、肉声だけでは不十分です。

やはり練習段階でも、マイクを使うことをおすすめします。

本番で初めてマイクを使ったとき、マイクを通して聞こえる自分の声に驚くことが少なくありません。

「直接聞いている自分の声」と「マイクを通した自分の声」とは、聞こえ方が違います。

直接聞いている自分の声は、骨伝導の影響があるため、本当の自分の声とは少し違って聞こえるのです。

マイクを通して聞こえた状態こそ、本当の自分の声です。

マイクを通した自分の声に慣れておかないと、本番で初めてマイクを使うと、自分の声が不自然に感じて落ち着かないでしょう。

またマイクを持って発表するなら、マイクの持ち方も練習の1つです。

「スイッチの入れ方」「マイクの感触」「マイクと口との距離」など、慣れるべき点があります。

事前に慣れることができるなら、少しでも慣れておきたい。

緊張を促す要素は、少しでも減らしておくことが大切です。

マイクとはいえ、あがり症の人にとっては重要な練習対象です。

まとめ

あがり症を克服する方法 その22
  • 本番でマイクを使う予定なら、
    練習でもマイクを使う。
あがり症の人は、1番手を狙え。

もくじ
(あがり症を克服する30の方法)

同じカテゴリーの作品