気分をリフレッシュする100の方法

  • 外の見えるカフェで人間観察を楽しむと、
    いい気分転換になる。
気分をリフレッシュする100の方法

外の見えるカフェで人間観察を楽しむと、いい気分転換になる。

気分転換をしたいときは、外の見えるカフェに行きましょう。
窓際の席でもテラス席でもかまいません。
行きつけのカフェに外が見える席があればラッキーです。

外の見えるカフェで人間観察を楽しむと、いい気分転換になる。

クロスワードパズルは、気分転換だけでなく、頭の体操にもなる。

気分転換の方法の1つとして「クロスワードパズル」はいかがでしょうか。
ヒントに合った文字でマス目を埋めていき、完成させていくパズル遊びです。
クロスワードパズルと聞けば、脳トレのイメージがあるかもしれませんが、気分転換としても活用できます。

クロスワードパズルは、気分転換だけでなく、頭の体操にもなる。

マウスウォッシュは、気分転換としても利用できる。
息がリフレッシュされると、気分もリフレッシュされる。

虫歯や口臭予防の1つとして「マウスウォッシュ」があります。
マウスウォッシュは「口内洗浄液」であるため、口をすすぐだけで効果が得られます。
口に含んでくちゅくちゅして吐き出すだけなので楽ですね。

マウスウォッシュは、気分転換としても利用できる。息がリフレッシュされると、気分もリフレッシュされる。

好きな俳優が出演している映画を見よう。

気分転換をしたいなら「映画鑑賞」です。
もちろん普通に映画を見るのもいいですが、ここはちょっとひねって工夫しましょう。
「好きな俳優が出演している映画を見る」ということです。

好きな俳優が出演している映画を見よう。

一駅手前の駅ではなく、一駅向こうの駅で降りて帰ってみる。

「一駅手前の駅で降りて、運動不足を解消しよう」
一度は聞いたことのあるフレーズですね。
運動不足を解消する定番アイデアの1つですから、すでにあなたもご存じのことでしょう。

一駅手前の駅ではなく、一駅向こうの駅で降りて帰ってみる。

打たせ湯は、自宅で簡単に楽しむことができる。
強めのシャワーを浴びればいいだけ。

温泉や健康ランドでは「打たせ湯」を見かけることがあります。
打たせ湯とは、滝のように流れ落ちる湯に体を当て、マッサージ効果を得る入浴法のことをいいます。
流れ落ちる湯を肩や腰に当てれば、凝りや痛みを和らげる効果が得られます。

打たせ湯は、自宅で簡単に楽しむことができる。強めのシャワーを浴びればいいだけ。

トイレの洗面台をきれいにするだけで、いいことをしたことになる。

カフェやレストランでトイレに行ったとき、洗面台で手を洗います。
きれいに手を洗えば、すっきりした気持ちになれるでしょう。
ハンドソープが置いてあれば、清潔感も万全です。

トイレの洗面台をきれいにするだけで、いいことをしたことになる。

地図帳を眺めるだけで、気分転換になる。

今、地図帳の出番が少なくなりつつあります。
昔は車の中に地図帳が置いてありましたが、現在はカーナビが広く浸透したため地図帳の出番が減りました。
日常で知らない地名を見かけても、紙の地図帳を取り出すより手持ちのスマホで調べるほうが速いでしょう。

地図帳を眺めるだけで、気分転換になる。

ストレッチ体操は、気分転換の定番。
体に柔軟性が戻ると、心も頭も柔らかくなる。

気分転換の定番の1つが「ストレッチ体操」です。
シンプルですが効果抜群です。
体の筋を伸ばすことで、節々の凝りが解消され、気分がすっきりします。

ストレッチ体操は、気分転換の定番。体に柔軟性が戻ると、心も頭も柔らかくなる。

靴下を脱いで素足になると、解放感があって気持ちいい。

気分転換やストレス解消をしたいなら、靴下を脱いでみてください。
素足になるだけでいいのです。
たったこれだけのことですが、気持ちのいい解放感を覚えるでしょう。

靴下を脱いで素足になると、解放感があって気持ちいい。

占いは、神秘体験の1つ。
占い師に占いをしてもらうことは、気分転換にもなる。

気分転換をしたいとき、占い師に占ってもらいましょう。
占いは、気分転換として利用してもいいのです。
占い師と話す機会になります。

占いは、神秘体験の1つ。占い師に占いをしてもらうことは、気分転換にもなる。

久しぶりに昔の写真や動画を見ると、いい気分転換になる。

気分転換をしたくなったら、昔の写真や動画を見てみましょう。
日頃から写真や動画を撮っている人なら、スマホやパソコンには思い出の写真や動画がたくさん詰まっているでしょう。
紙のアルバムを開いてみるのもよし。

久しぶりに昔の写真や動画を見ると、いい気分転換になる。

漫画を1巻だけ読む。

気分転換をしたくなったら、漫画を1巻だけ一気に読んでしまいましょう。
漫画は、楽しい読みものです。
絵が中心に構成されているので、すらすら読めるでしょう。

漫画を1巻だけ読む。

気分転換で、着替えることもあっていい。
服を着替えると、心も入れ替わる。

あなたが着替えるのはどんなときですか。
着替える場面といえば、やはり「外出のタイミング」が多いのではないでしょうか。
買い物のとき、会社に向かうとき、友人や恋人と会うときなど、これから用事があって外出するタイミングが多いでしょう。

気分転換で、着替えることもあっていい。服を着替えると、心も入れ替わる。

深呼吸を10回するだけで、よい気分転換になる。

今いる場所ですぐ気分転換をする方法があります。
道具も準備も必要なく、手ぶらでできます。
それは「深呼吸」です。

深呼吸を10回するだけで、よい気分転換になる。

辞書は、引くものではなく、読むもの。
ぺらぺらめくって、知の世界を旅しよう。

気分転換として使える、意外な本があります。
それは「辞書」です。
気分転換をしたくなったら本棚から辞書を取り出し、ぺらぺらめくって読んでみましょう。

辞書は、引くものではなく、読むもの。ぺらぺらめくって、知の世界を旅しよう。

植物に水やりをしよう。
水やりをすると、自分も気持ちがいい。

気分転換をしたくなったら、植物に水やりをしましょう。
庭の植物や室内の観葉植物です。
自宅でガーデニングを楽しんでいる人もいることでしょう。

植物に水やりをしよう。水やりをすると、自分も気持ちがいい。

ゲームセンターで1,000円分だけ遊んでみる。
童心に返って本気で楽しもう。

近場にゲームセンターがあれば、ラッキーです。
たまには気分転換にゲームセンターに行ってたっぷり遊んでみましょう。
子供のころはよく行ったことがあっても、大人になってから足が遠のいている人も多いでしょう。

ゲームセンターで1,000円分だけ遊んでみる。童心に返って本気で楽しもう。

違う腕時計をつけると、気分も変わる。

日頃から腕時計をつけている人もいるでしょう。
さっと時間を確認したいときは腕時計が便利です。
身だしなみでつけている人もいれば、単に好きだからつけている人もいるはずです。

違う腕時計をつけると、気分も変わる。

リンゴを丸かじりして、小腹を満たしながら気分転換もする。

リンゴを食べるときといえば「カット済み」が多いのではないでしょうか。
カット済みのリンゴは一口サイズになっていて食べやすいものです。
フォークを使えば手が汚れる心配もありません。

リンゴを丸かじりして、小腹を満たしながら気分転換もする。

いつもは買わないドリンクを買ってみよう。
じっくり味わいながら飲んでみよう。

気分転換の方法の1つとして、いつもは買わないドリンクを買ってみましょう。
あなたが普段買うドリンクは、同じものが多いのではないでしょうか。
飲み慣れたドリンクは、味がわかっているので安心感があります。

いつもは買わないドリンクを買ってみよう。じっくり味わいながら飲んでみよう。

髪は顔の額縁。
髪型を変えることは、気分転換になる。

気分転換をしたいときは、髪型を変えてみましょう。
髪は顔の額縁です。
髪型が変わると額縁も変わることになるため、気分も変わります。

髪は顔の額縁。髪型を変えることは、気分転換になる。

ブログやSNSの投稿をすることも、気分転換になる。

気分転換として、ブログやSNSの投稿はいかがでしょうか。
チェックするのも気分転換になりますが、実際に情報発信をしてみるのも1つの方法です。
まとまった文章はもちろん、気軽なつぶやきでもかまいません。

ブログやSNSの投稿をすることも、気分転換になる。

予約やチケット購入を気分転換として利用する人は、人生がうまく回るようになる。

予約やチケット購入は、やれば簡単ですが、やるまでが大変です。
「今度やろう」「時間があるときにやろう」と思いつつも延ばし延ばしになり、なかなか取りかかれません。
ちょっとだけ重い腰を上げる必要があります。

予約やチケット購入を気分転換として利用する人は、人生がうまく回るようになる。

目薬は、眼精疲労だけでなく、気分転換にも効果的。

気分転換をしたいときは、目薬を差してみましょう。
目薬の出番といえば、かすみ目・疲れ目など、眼精疲労のときをイメージすることが多いのではないでしょうか。
ドライアイの緩和で目薬を差す人もいるかもしれません。

目薬は、眼精疲労だけでなく、気分転換にも効果的。

指先は心の玄関。
マニキュアで指先の印象が変わると、気分も一新される。

気分転換として、マニキュアを塗ってみましょう。
「マニキュアを塗る」という行為は気分転換になります。
マニキュアを塗ってみると、指先の印象や雰囲気が変わって気分転換になります。

指先は心の玄関。マニキュアで指先の印象が変わると、気分も一新される。

逆立ちをして、身も心も真逆を楽しむ。

気分転換に逆立ちをしてみましょう。
自分の部屋なら気軽にできるでしょう。
会社や学校では難しいかもしれませんが、自由に過ごせる休憩スペースがあれば、チャンスがあるかもしれません。

逆立ちをして、身も心も真逆を楽しむ。

甘くておいしいお菓子は、頑張るあなたの強い味方。

勉強や仕事の合間に、お菓子はいかがでしょうか。
勉強や仕事に集中していると、疲れがたまってきて、頭ももやもやしてきます。
そんなときは、お菓子を食べて気分転換をしましょう。

甘くておいしいお菓子は、頑張るあなたの強い味方。

トイレや自販機まで歩くとき、わざと遠回りをしよう。
歩く距離に比例して、気分転換の効果も高まる。

休憩でお手洗いに行くときがあるでしょう。
飲み物がほしくなって自販機まで歩くことがあるでしょう。
普通は最短ルートを通るところですが、ここに気分転換のポイントがあります。

トイレや自販機まで歩くとき、わざと遠回りをしよう。歩く距離に比例して、気分転換の効果も高まる。

オムレツ・オムライスは、絵を描いて食べるもの。
上手に描けたら、写真を撮って、ブログやSNSにアップしよう。

気分転換をしたくなったら、オムレツ・オムライスを食べてみましょう。
ただし、いきなり食べるのではありません。
まずトマトケチャップで絵を描いてみましょう。

オムレツ・オムライスは、絵を描いて食べるもの。上手に描けたら、写真を撮って、ブログやSNSにアップしよう。

海に行って砂浜を歩こう。
きれいな海と潮の香りに癒やされよう。

近くに海があるなら、ぜひ行って砂浜を歩いてみましょう。
白い砂浜は美しい。
砂浜は、ちょっと日常から離れることができる場所です。

海に行って砂浜を歩こう。きれいな海と潮の香りに癒やされよう。

ドライブを楽しもう。
爽快感・スピード感を楽しめてすかっとする。

もし車を持っているなら、ドライブしてみましょう。
車は素晴らしい移動ツールです。
アクセルを踏むだけで勢いよく発進でき、力強い加速が得られます。

ドライブを楽しもう。爽快感・スピード感を楽しめてすかっとする。

ぴょんぴょんジャンプするだけで、気分転換・ストレス解消になる。

ひたすらジャンプしてしてみましょう。
その場でぴょんぴょん跳ねるだけです。
難しいことでも何でもありません。

ぴょんぴょんジャンプするだけで、気分転換・ストレス解消になる。

ホテルに泊まって、オアシス体験を楽しもう。

気分転換やストレス解消をしたくなったら「ホテル宿泊」はいかがでしょうか。
ホテルといえば、旅行のときに利用するイメージがありますが、利用法はその限りではありません。
ちょっと日常に飽きたり、新鮮な空間を楽しみたくなったりしたとき、ホテル宿泊がおすすめです。

ホテルに泊まって、オアシス体験を楽しもう。

顔を洗おう。
気持ちがしゃきっとしてリフレッシュになる。

「リフレッシュしたいな」と思ったときには、顔を洗いましょう。
洗顔は、寝起き直後にするものと思われがちですが、その限りではありません。
リフレッシュしたいときにも効果的です。

顔を洗おう。気持ちがしゃきっとしてリフレッシュになる。

折り紙は素晴らしいアート作品。
1枚の紙には、無限の可能性が広がっている。

気分転換に「折り紙」はいかがでしょうか。
「折り紙を折るなんて久しぶり」という方も多いのではないでしょうか。
大人が折り紙を折ることに違和感があるかもしれませんが、抵抗を感じる必要はありません。

折り紙は素晴らしいアート作品。1枚の紙には、無限の可能性が広がっている。

窓を開けて、部屋の換気をしよう。
空気を入れ替えると、気分も入れ替わる。

私たちは酸素がないと生きていけません。
窓を閉め切っていると、だんだん酸素が少なくなってきて頭がぼうっとしてきます。
意識がぼんやりしたり、精神に影響を及ぼしたりします。

窓を開けて、部屋の換気をしよう。空気を入れ替えると、気分も入れ替わる。

日帰り温泉を楽しもう。
この世の天国は、温泉にある。

心や体が疲れたときは「日帰り温泉」はいかがでしょうか。
あなたの住む近くにはどんな温泉がありますか。
車や交通機関を使って、ぜひ行ってみてください。

日帰り温泉を楽しもう。この世の天国は、温泉にある。

セルフ洗車はリフレッシュになる。
車を洗うことは、心を洗うことだ。

車を持っているなら、たまには洗車を楽しみましょう。
前回、洗車をしたのはいつでしょうか。
しばらく時間がたっているなら、汚れが目立っているのではないでしょうか。

セルフ洗車はリフレッシュになる。車を洗うことは、心を洗うことだ。

断食でリフレッシュしよう。
たまには臓器を休ませることも大切。

ちょっと変わったリフレッシュ法として「断食」があります。
何かを食べると、消化吸収が必要になるため、胃腸は大忙しです。
胃腸に連動して肝臓や腎臓などの臓器も働くことになります。

断食でリフレッシュしよう。たまには臓器を休ませることも大切。

河原を歩こう。
すべての河原は、素晴らしい癒やしスポット。

近所に河原があればラッキーです。
リフレッシュしたいときは、河原を歩いてみませんか。
歩くたびに砂利を踏む音が聞こえます。

河原を歩こう。すべての河原は、素晴らしい癒やしスポット。

飛行場に行って、飛行機の離着陸を眺めよう。
滑走路の上は、夢の舞台だ。

リフレッシュしたくなったら、飛行場に行きましょう。
飛行機の離着陸を眺めるのです。
飛行場に行くといえば、帰省・旅行・見送りなどの用事があって行くことが多い場所ですが、その限りではありません。

飛行場に行って、飛行機の離着陸を眺めよう。滑走路の上は、夢の舞台だ。

模様替えをしよう。
部屋の様子が変われば、雰囲気も居心地も変わる。

リフレッシュの手段の1つ。
それは「部屋の模様替え」です。
部屋の様子が変われば、雰囲気も居心地も変わります。

模様替えをしよう。部屋の様子が変われば、雰囲気も居心地も変わる。

回転寿司に行って、高いネタを中心に食べてみよう。
回転寿司であっても、最高の贅沢を味わえる。

リフレッシュしたくなったら、回転寿司に駆け込みましょう。
あなたは普段、どんなネタを食べていますか。
お財布と相談をして、やはり安いネタを中心に食べることが多いのではないでしょうか。

回転寿司に行って、高いネタを中心に食べてみよう。回転寿司であっても、最高の贅沢を味わえる。

ばったり赤ちゃんと会ったら、スマイルをプレゼントしよう。

街なかや公園で、ばったり人の赤ちゃんと出会うことがあります。
ベビーカーに乗った赤ちゃんがいるでしょう。
ママにおんぶされた赤ちゃんがいるでしょう。

ばったり赤ちゃんと会ったら、スマイルをプレゼントしよう。

ネクタイを外そう、緩めよう。
首回りが楽になるだけで、背中に羽が生えたような感覚になる。

仕事中ずっとネクタイをしていると、首回りが締め付けられます。
首回りが蒸れたり血行が悪くなったりして、お世辞にも快適とは言いがたい。
首が窮屈に感じて肩も凝ってくるでしょう。

ネクタイを外そう、緩めよう。首回りが楽になるだけで、背中に羽が生えたような感覚になる。

ホースを持って、庭の水やりを楽しもう。
とても楽しいリフレッシュタイム。

疲れたときやリフレッシュしたいときは、庭の水やりをしましょう。
自宅に庭があって植木や草花などの植物があると、季節を問わず水やりが欠かせません。
庭の草木にホースで水やりをしましょう。

ホースを持って、庭の水やりを楽しもう。とても楽しいリフレッシュタイム。

アイロンをかけよう。
きれいに畳もう。
服のしわを伸ばすと、心のしわも伸びる。

洗濯して服が乾いたら、アイロンをかけましょう。
アイロンがけはちょっと面倒に感じるかもしれませんが、ぜひ楽しむようにしてください。
気持ちのいいリラックスタイムです。

アイロンをかけよう。きれいに畳もう。服のしわを伸ばすと、心のしわも伸びる。

元気よく挨拶しよう。
大きな声を出すことは、ストレス発散になる。

ストレス解消のチャンスは、普段の日常習慣にあります。
それは「挨拶」です。
ストレスを吐き出したいときは、元気よく挨拶してみてください。

元気よく挨拶しよう。大きな声を出すことは、ストレス発散になる。

メイク直しは、気分直し。
化粧室に行って、崩れた部分を整えよう。

メイクは、時間がたつにつれて崩れてきます。
どれだけ崩れにくいメイクをしても、汗や皮脂の影響は避けられません。
朝にばっちり決まったメイクも、昼ごろには崩れが目立ってきているもの。

メイク直しは、気分直し。化粧室に行って、崩れた部分を整えよう。

気分を変えたいときは、場所を変えてみよう。
集中力が復活して、再び高いパフォーマンスを発揮できるだろう。

私たちは知らず知らずのうちに、場所の影響を受けています。
周りの景色、聞こえてくる音、その場の雰囲気、椅子の座り心地、室内の温度や湿度。
ずっと同じ場所に居続けると、受ける刺激に慣れてしまい、脳の働きが鈍ってきます。

気分を変えたいときは、場所を変えてみよう。集中力が復活して、再び高いパフォーマンスを発揮できるだろう。

動物園・水族館に行こう。
たくさん生き物たちが、あなたを癒やしてくれる。

動物の世界を堪能できる場所。
そしてたくさん生き物たちが、あなたを癒やしてくれる場所。
それは、動物園・水族館です。

動物園・水族館に行こう。たくさん生き物たちが、あなたを癒やしてくれる。

デパートに行って、ウインドーショッピングを楽しもう。
ショーケースは、お店の人が愛を込めて作った芸術作品。

気分をリフレッシュしたいときは、デパートに行ってウインドーショッピングを楽しみましょう。
難しいことは何もありません。
ショーウインドーに陳列されている商品を見ながら歩いて楽しむだけでOK。

デパートに行って、ウインドーショッピングを楽しもう。ショーケースは、お店の人が愛を込めて作った芸術作品。

「爪を切る」+「爪やすりで爪を美しく整える」

爪が伸びていませんか。
伸びた爪が目立つならイエローカードです。
爪の長さが目立つなら、気分転換を兼ねて爪を切りましょう。

「爪を切る」+「爪やすりで爪を美しく整える」

「部屋の模様替えをする」+「掃除する」

最後に模様替えをしたのはいつですか。
ずいぶん模様替えをしていないなら、リフレッシュを兼ねて、久しぶりに模様替えをしてみませんか。
模様替えは必要なことではありませんが、新鮮な気持ちを保つ工夫として定期的に取り組みたい生活習慣です。

「部屋の模様替えをする」+「掃除する」

献血は素晴らしい。
リフレッシュと社会貢献を実現できる。

注射針に抵抗がなければ、献血がおすすめです。
「リフレッシュに献血?!」と驚かれる人もいるかもしれません。
たしかに針を刺す痛みがあったり、血を抜かれることに抵抗があったりするかもしれません。

献血は素晴らしい。リフレッシュと社会貢献を実現できる。

癒やしのアロマは、あなたの財布の中にある。
お札の香りは、ストレス解消になる魔法の香り。

お札の香りは、身近に楽しめるアロマの1つです。
リラックスしたくなったら、お財布からお札を取り出してください。
千円札でも1万円札でもかまいません。

癒やしのアロマは、あなたの財布の中にある。お札の香りは、ストレス解消になる魔法の香り。

公園に行って、楽しそうに遊ぶ子供を眺める。
子供が楽しんでいる様子は、それだけで癒やしの絵になる。

リラックスしたいときは、公園に行きましょう。
きっと何人か子供がいて、楽しそうに遊んでいるでしょう。
ブランコやジャングルジムで遊ぶ子供たち。

公園に行って、楽しそうに遊ぶ子供を眺める。子供が楽しんでいる様子は、それだけで癒やしの絵になる。

親に電話しておしゃべりを楽しもう。
「声を聞かせる」という感覚で十分。

気分転換をしたくなったら、親に電話をしてみましょう。
最後に親に電話をしたのはいつですか。
親と離れて暮らしている一人暮らしをしている人もいるでしょう。

親に電話しておしゃべりを楽しもう。「声を聞かせる」という感覚で十分。

地面を強く踏んづけるような歩き方をしてみよう。
物に当たるのはいけないが、地面に当たるならOK。

ストレスをためたとき、物に当たってしまいがちです。
ごみ箱を蹴りたくなったり壁を殴りたくなったりなど、強い衝動に駆られることがあるでしょう。
時には人に当たりたくなることもあるかもしれません。

地面を強く踏んづけるような歩き方をしてみよう。物に当たるのはいけないが、地面に当たるならOK。

乳酸菌飲料は、ちびちび飲もう。
少ない量でもたっぷり楽しめ、癒やされる。

乳酸菌飲料は、たいてい量が少なめです。
小さな紙パックや小型のプラスチック容器に入っていることが多い。
乳酸菌飲料には大量の乳酸菌が含まれています。

乳酸菌飲料は、ちびちび飲もう。少ない量でもたっぷり楽しめ、癒やされる。

地方出身の人に方言を教わって、日常会話で使ってみよう。
その土地の出身者になったような感覚を楽しめる。

方言は面白い。
同じ意味でも、標準語とは違った言葉遣いがあります。
独特の響きがあって、意味がわかるようでわからない一言もあるでしょう。

地方出身の人に方言を教わって、日常会話で使ってみよう。その土地の出身者になったような感覚を楽しめる。

大きな川に行って石を投げよう。
平らな石を投げて、何回跳ねるか挑戦するのもよし。

近場に大きな川はありませんか。
もしあればラッキーです。
大きな川に行って、石を投げましょう。

大きな川に行って石を投げよう。平らな石を投げて、何回跳ねるか挑戦するのもよし。

「湯船に浸かってくつろぐ」+「大好きな歌を歌う」

浴室は、あなたの自宅にある天国です。
ストレスを解消したいときは、湯船に浸かって入浴を楽しみましょう。
入浴は日々の生活に欠かせない習慣ですね。

「湯船に浸かってくつろぐ」+「大好きな歌を歌う」

花を買って、部屋に飾ろう。
花のある生活は、心を豊かにする。

あなたの部屋には、花がありますか。
最近、花を買ったのはいつでしょうか。
花は必要なものではありませんが、豊かな生活の実現に役立つ存在です。

花を買って、部屋に飾ろう。花のある生活は、心を豊かにする。

パラパラ漫画が描いてみよう。
遊び心を爆発させるほど、気分転換になる。

気分転換をしたくなったら「パラパラ漫画」を描いてみましょう。
「パラパラ漫画なんて小学生のとき以来」という人も多いのではないでしょうか。
「うまく描けるかな」と迷ったら、ゴーサインです。

パラパラ漫画が描いてみよう。遊び心を爆発させるほど、気分転換になる。

抱き枕を抱きながら寝よう。
好みのカバーを付けるのもよし。

抱き枕は大きいので抱き心地がいい。
抱き枕なら、思いきりハグを楽しめます。
本当に誰かを抱いているような錯覚を覚えます。

抱き枕を抱きながら寝よう。好みのカバーを付けるのもよし。

疎遠の友人に、久しぶりの連絡を取ってみよう。
交流が復活するのは簡単なこと。

長く連絡を取っていない友人はいませんか。
いつの間にか疎遠になった人間関係はありませんか。
たとえば、卒業してから連絡を取っていない友人や退職してから連絡を取っていない元同僚です。

疎遠の友人に、久しぶりの連絡を取ってみよう。交流が復活するのは簡単なこと。

違和感だらけのメイクをして遊んでみよう。
下手でも失敗しても、楽しければOK。

メイクするとき「きれいに美しく」を意識するのが普通です。
メイクは、自分を美しく見せるためにするものですね。
いつまでも美しくいたいのは、すべての女性の願望です。

違和感だらけのメイクをして遊んでみよう。下手でも失敗しても、楽しければOK。

下着1枚だけで寝てみよう。
新しい感覚があなたを包み込む。

あなたが寝るとき、どんな格好をしていますか。
パジャマ・ネグリジェ・スウェットウェアなどを着ていることでしょう。
体を締め付けず、吸湿性の良い格好で寝ることが多いのではないでしょうか。

下着1枚だけで寝てみよう。新しい感覚があなたを包み込む。

商店街は、ワンダーランド。
あなたの五感と好奇心を刺激するものがいっぱいある。

近場に商店街があるなら、ぶらぶら歩いてみましょう。
商店街はいろいろなお店がたくさんあって面白い。
ぶらぶら歩いているだけで、いろいろなものが目に付くでしょう。

商店街は、ワンダーランド。あなたの五感と好奇心を刺激するものがいっぱいある。

プロテインをごくごく飲もう。
調子がよければ、一気飲みもOK。

タンパク質は、3大栄養素の1つです。
体を作るのに欠かせないものですから、しっかり摂取することが大切です。
特に日本人はタンパク質が不足気味と言われているため、積極的な摂取が望ましいでしょう。

プロテインをごくごく飲もう。調子がよければ、一気飲みもOK。

昔住んでいたところを見に行こう。
懐かしい光景が広がっていて、心のタイムスリップを楽しめる。

リフレッシュしたくなったら、昔住んでいたところを見に行ってみましょう。
昔住んでいたアパートやマンションがあるでしょう。
距離が遠く離れているなら現実的に厳しいですが、車や公共交通機関で行ける範囲ならぜひ行ってみましょう。

昔住んでいたところを見に行こう。懐かしい光景が広がっていて、心のタイムスリップを楽しめる。

いつもは通り過ぎる道に目を留めて、寄り道気分で歩いてみよう。
その先には新しい世界が広がっている。

通勤通学であなたが普段通る道を思い出してください。
そこには「通り過ぎるだけの道」がたくさん点在しているのではないでしょうか。
特に用事はないので普段気にしません。

いつもは通り過ぎる道に目を留めて、寄り道気分で歩いてみよう。その先には新しい世界が広がっている。

いつもは通り過ぎる路上ライブに足を止め、じっくり鑑賞しよう。
ノリノリで応援するのもよし。

ときどき街中で路上ライブを見かけることがあります。
普段はまったく気にせず、通り過ぎているだけかもしれませんが、ちょっと待ってください。
少しでも場所や時間帯がずれていれば、出会えませんでした。

いつもは通り過ぎる路上ライブに足を止め、じっくり鑑賞しよう。ノリノリで応援するのもよし。

ナイフとフォークを逆に持って食事をしてみよう。
違和感こそ、リフレッシュのタネ。

食事でナイフとフォークを使う際、リフレッシュの機会があります。
たまにはナイフとフォークを逆に持って食事をしてみましょう。
普段であれば、利き手でナイフを持ち、反対の手でフォークを持っているでしょう。

ナイフとフォークを逆に持って食事をしてみよう。違和感こそ、リフレッシュのタネ。

気泡緩衝材の気泡をつぶして、ぷちぷち感を楽しもう。
私たちの心を癒やすためのリフレッシュアイテムだ。

心をすっきりさせたいときは、気泡緩衝材を取り出しましょう。
気泡緩衝材とは、ポリエチレンの膜で多くの気泡を作った包装材のことをいいます。
俗に言う「ぷちぷち」です。

気泡緩衝材の気泡をつぶして、ぷちぷち感を楽しもう。私たちの心を癒やすためのリフレッシュアイテムだ。

週末や休日を使って、DIYにチャレンジしよう。
自分で作った家具が部屋にあると、生活が華やかになる。

時間があれば「DIY」にチャレンジしてみませんか。
DIYとは「do-it-yourself」の略称であり、家の修理や家具の製作を自分で行うことをいいます。

週末や休日を使って、DIYにチャレンジしよう。自分で作った家具が部屋にあると、生活が華やかになる。

するめやビーフジャーキーをたくさん噛んで味わおう。
こめかみが痛くなるまで食べまくるのもよし。

さあ、するめやビーフジャーキーを食べましょう。
どちらもたっぷり噛むことを楽しめる食品です。
普通にぱくぱく食べるのではなく、よく噛むことを意識して食べましょう。

するめやビーフジャーキーをたくさん噛んで味わおう。こめかみが痛くなるまで食べまくるのもよし。

腕立て伏せ100回にチャレンジしよう。
休憩を入れてもOK。

さあ、腕立て伏せをしてみましょう。
目標は「100回」です。
できるわけがないと尻込みしそうな目標ですね。

腕立て伏せ100回にチャレンジしよう。休憩を入れてもOK。

パン派の人は、ご飯を食べてみよう。
ご飯派の人は、パンを食べてみよう。

あなたの朝食は普段、パンですか、ご飯ですか。
特に区別なくバランスよく食べる人もいますが、たいていパン派とご飯派で分かれるものです。
もちろんパン派・ご飯派に正解はなく、どちらも良い朝食です。

パン派の人は、ご飯を食べてみよう。ご飯派の人は、パンを食べてみよう。

個展を見に行こう。
知らない人であってもOK。
小さな規模ならではの味わいがある。

たまには個展を見に行ってみましょう。
美術鑑賞といえば、大きな美術館や大々的な企画展に行くことをイメージしますが、その限りではありません。
小さな個展も、れっきとした美術鑑賞です。

個展を見に行こう。知らない人であってもOK。小さな規模ならではの味わいがある。

季節外れの花火をしてみよう。
花火を忘れたころにする花火は新鮮で面白い。

たまには季節外れの花火を楽しんでみるのはいかがでしょうか。
花火といえば「夏にするもの」というイメージが多いことでしょう。
花火は夏の風物詩として定番の光景ですね。

季節外れの花火をしてみよう。花火を忘れたころにする花火は新鮮で面白い。

季節外れの節分で豆まきを楽しもう。
鬼を追い払い、福を呼び込むタイミングに決まりはない。

たまには季節外れの節分として、豆まきを楽しんでみましょう。
豆まきといえば、立春の前日である節分に行うのが一般的でしょう。
現在の暦でいえば、2月3日ごろに当たります。

季節外れの節分で豆まきを楽しもう。鬼を追い払い、福を呼び込むタイミングに決まりはない。

季節外れの大掃除を楽しもう。
大掃除は、楽しいリフレッシュイベント。

大掃除と言えば「年末」をイメージされる方が多いのではないでしょうか。
「年末の大掃除」という言葉があるように、毎年年末の大掃除は恒例行事となっているでしょう。
年末の大掃除には「1年の汚れを落とす」という意味があります。

季節外れの大掃除を楽しもう。大掃除は、楽しいリフレッシュイベント。

映画館で映画を2本連続で鑑賞しよう。
素晴らしい1日になること間違いなし。

映画館で見る映画は格別です。
暗くて広い空間の中で、見えるものは前方にあるスクリーンだけ。
大画面と大音量で迫力があって、圧倒的な没入感があります。

映画館で映画を2本連続で鑑賞しよう。素晴らしい1日になること間違いなし。

季節外れのスイカ割りを楽しんでみよう。
友人とスイカ割りゲームを楽しんでみるのもよし。

スイカ割りの季節といえば、やはり夏のイメージでしょう。
汗が止まらない季節にはスイカがぴったりですね。
スーパーでスイカを買ってきて、自宅の庭やベランダでスイカ割りを楽しむことがあるでしょう。

季節外れのスイカ割りを楽しんでみよう。友人とスイカ割りゲームを楽しんでみるのもよし。

実家に帰省して、のんびりしよう。
週末帰省・日帰り帰省もあっていい。

心が疲れたとき、気分転換したくなったとき、ちょっと日常に飽きたとき。
そんなときは、実家に帰省するのも1つの方法です。
最後に実家に帰省したのはいつですか。

実家に帰省して、のんびりしよう。週末帰省・日帰り帰省もあっていい。

バッティングセンターで球を打ちまくろう。
たっぷりフルスイングを楽しめて、最高に気持ちいい。

気分転換やストレス解消をしたいなら、バッティングセンターに駆け込みましょう。
バッティングセンターは、年齢・性別に関係なく誰でも楽しめる場所です。
1人で気軽にバッティングを楽しみたいなら、バッティングセンターが一番。

バッティングセンターで球を打ちまくろう。たっぷりフルスイングを楽しめて、最高に気持ちいい。

天気のいい日は、布団を干そう。
ついでに青空鑑賞も楽しもう。

天気のいい日は、布団を干しましょう。
美しい青空が広がる日は、布団を干す絶好のチャンスです。
布団を干すことは家事の1つですが、その限りではありません。

天気のいい日は、布団を干そう。ついでに青空鑑賞も楽しもう。

たまには独り言も悪くない。
独り言は、自分とのコミュニケーションだ。

ぶつぶつ独り言を言うのは快感です。
心が軽くなったりストレス解消につながったりします。
話し相手がいなくても、話を楽しんでいるような感覚を楽しめます。

たまには独り言も悪くない。独り言は、自分とのコミュニケーションだ。

サングラスをかけて、外を歩いてみよう。
見えるものすべてがグレーに見えて面白い。

サングラスをかけてみましょう。
普通はまぶしいときにかけますが、その限りではありません。
何でもないときにかけてもいいのです。

サングラスをかけて、外を歩いてみよう。見えるものすべてがグレーに見えて面白い。

垢すりサービスを受けてみよう。
取れた垢を見せてもらうのもよし。

たまには垢すりサービスを受けてみてはいかがでしょうか。
肌が弱い人は要注意ですが、そうでなければ気軽に受けることができるサービスです。
毎日体を洗っていても、きちんと垢が取れていないことがあります。

垢すりサービスを受けてみよう。取れた垢を見せてもらうのもよし。

天に向かって祈りを捧げよう。
神聖な時間を通して、心が満たされる。

さあ、お祈りをしましょう。
お祈りは、神社に行かなければいけないと思うかもしれませんが、そんなことはありません。
今いる場所でもできます。

天に向かって祈りを捧げよう。神聖な時間を通して、心が満たされる。

読み終わった新聞紙を、気が済むまでびりびり破りまくろう。
紙を破る行為には、ストレス解消の効果がある。

自宅で新聞紙を取っている人もいるでしょう。
現代ではウェブによるニュースチェックが広く浸透しています。
紙の新聞は時代後れという声が少なくありません。

読み終わった新聞紙を、気が済むまでびりびり破りまくろう。紙を破る行為には、ストレス解消の効果がある。

コンビニで雑誌の立ち読みをする。
ほどほどであれば、よい息抜きとなる。

コンビニの雑誌は豊富なラインナップです。
週刊誌、情報誌、女性誌、ビジネス誌、ファッション誌など、いろいろな人気雑誌を楽しめます。
雑誌コーナーはコンビニの道路側にあるのが定番の配置です。

コンビニで雑誌の立ち読みをする。ほどほどであれば、よい息抜きとなる。

いつもは見向きもしない道端の花を、まじまじ見てみる。
美しい植物は、あなたが普段通る道にある。

あなたが普段よく使う道を思い出してください。
通勤通学で通る道、散歩のときに歩く道、買い物のときに歩く道。
その道端に注目です。

いつもは見向きもしない道端の花を、まじまじ見てみる。美しい植物は、あなたが普段通る道にある。

季節外れの服装を楽しんでみよう。
普段と違った服装だから、いいリフレッシュになる。

平凡な生活にちょっと飽きたとき、ちょっと気持ちを切り替えたいとき。
そんなとき「季節外れの服装」をしてみてはいかがでしょうか。
不自然に感じるかもしれませんが、あまり難しく考えないでください。

季節外れの服装を楽しんでみよう。普段と違った服装だから、いいリフレッシュになる。

季節外れの歌を歌ってみよう。
飽きた日常を吹き飛ばすきっかけとなる。

あなたがカラオケで歌を歌うとき、どんな歌を歌うでしょうか。
やはり季節にあった歌を歌うことが多いのではないでしょうか。
夏であれば、サマーソングを歌い、冬であればウィンターソングを歌うことが多いでしょう。

季節外れの歌を歌ってみよう。飽きた日常を吹き飛ばすきっかけとなる。

冷凍庫を開けて、冷気をたっぷり吸ってみる。
肺の中がひんやりして、不思議な癒やし感覚を楽しめる。

気分転換をしたいときは、冷凍庫を開けてください。
「冷蔵庫」ではなく「冷凍庫」です。
開けるやいなや、白い冷気が漏れてくるでしょう。

冷凍庫を開けて、冷気をたっぷり吸ってみる。肺の中がひんやりして、不思議な癒やし感覚を楽しめる。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION