人生の教科書



ストレス対策
いらいらは、吐き出し方によって、非行にも成功にもなる。
ストレス対策
いらいらするのは、余裕がないから。
ストレス対策
いらいらする気持ちは、ガムを噛んで吐き出す。
スキンケア
「にきびをつぶしたくてたまらない!」
体臭対策

加齢臭を抑える
30の対策

お気に入り4 読んだ
5

いらいらしやすい人ほど、
加齢臭も強くなりやすい。

いらいらしやすい人ほど、加齢臭も強くなりやすい。 | 加齢臭を抑える30の対策

  • 「おやじくさいなあ」

  • 「おばさんくさいなあ」

そう思って目をやると、眉間にしわを寄せた中年がいる。

不機嫌そうな表情から、何かにいらいらしていることが分かります。

加齢臭がひどい人に限って、いらいらしている中年だと思いませんか。

その感覚は、気のせいではありません。

加齢臭がひどいから、いらいらしているのではありません。

いらいらするから、加齢臭が悪化しているのです。

強いいらいらは、加齢臭を悪化させる、大きな要因の1つです。

どういうメカニズムでしょうか。

加齢臭は「ノネナール」という物質が原因です。

ノネナールは、脂肪酸が過酸化脂質と結びつくときに、発生します。

この「過酸化脂質」に注目です。

実は、ストレスを感じていらいらすると活性酸素が増え、引き続き、過酸化脂質も増えます。

過酸化脂質が増えると、脂肪酸と結びつき、加齢臭の原因であるノネナールが増えるのです。

加齢臭を抑えるためには、心を落ち着かせることです。

もちろん生活していれば、思いどおりにいかないこともあります。

仕事のストレス、人間関係など、ストレスを感じる機会も多いことでしょう。

 

しかし、豊富な経験があるからこそ、物事に動じない姿勢もできるのではないでしょうか。

豊富な経験を、深い理解力に変えて、落ち着きを作りましょう。

ささいなトラブルくらいなら、時には笑って流すことも必要です。

態度や言動に、余裕を作り、穏やかな状態を作りましょう。

小さなことに動じず、心を大きくすることが、加齢臭の予防になるのです。

まとめ

加齢臭を抑える対策 その5
  • いらいらしないようにする。
次のページ >>
きゅっと口を閉じて鼻呼吸を心がけるだけで、5歳も10歳も、若返って見える。

もくじ
(加齢臭を抑える30の対策)

同じカテゴリーの作品