体臭対策

わきがのにおいを消す
30の方法

  • わきがに罪はない。
    「汗のにおい」と
    「わきがのにおい」は、
    違う。
わきがのにおいを消す30の方法

もくじ
  1. わきがに罪はない。
    「汗のにおい」と「わきがのにおい」は、違う。

    汗のにおいとわきがは、違います。
    わきがは、鼻につんとくるにおいです。
    目が覚めるようなにおいです。

  2. わきが体質かどうかをチェックする、3つの方法。

    わきがは、アポクリン腺の活動が活発である体質のことです。
    体に重大な異常があるわけではありません。
    ほうっておいても、死ぬことはありません。

  3. 「脇毛の濃さ」と「わきが」には、関係がある。

    「脇毛の濃さ」と「わきが」には、関係があります。
    統計データによると「脇毛の濃い人ほど、わきが体質の傾向がある」という結果があります。
    脇毛が、長かったり太かったりしている状態は、それだけ毛穴が発達している証拠です。

  4. 脇の毛を剃ると、わきがのにおいを抑えやすくなる。

    脇毛は、わきがを悪化させる一因です。
    普通、脇には脇毛が生えていますが、脇はたいていいつも閉じています。
    脇毛がたくさんあるほど、脇に空気がこもりやすいため、においも強くなりやすいのです。

  5. 脇毛の処理で、抜いてはいけない理由とは。

    脇毛を抜くのは、においを抑える効果があります。
    脇毛がなくなれば、わきが乾燥しやすくなるため、汗もかきにくくなります。
    たとえ汗をかいても、余分な毛がなくなれば、脇からのにおいが外に向けて分散されるため、においを抑えやすくなるのです。

  6. 脇をきゅっと締めると、かえってにおいは、強くなる。

    体の中でも、脇からは、特に強いにおいが漂うところです。
    脇には、わきがの原因であるアポクリン腺が集中しているからです。
    脇に汗をかくほど、脇から強いにおいが目立つようになるのです。

  7. 「男性が脇毛を剃ってはいけない」というルールがあるわけではない。

    脇毛を剃っておくと、体臭が抑えられるのは、本当です。
    脇毛がないと、脇から出るにおいがスムーズに外に出て、においの密集を防げます。
    単に体を洗うときでも、邪魔な毛がないため、脇の垢をきれいに洗い落とせ、清潔に保てます。

  8. 脇パッドは、わきが体質の心強い味方。

    わきがの原因は、アポクリン腺です。
    わきがの人は、汗をかいたとたん、におい始めます。
    アポクリン腺から出る汗には、においの原因がたくさん含まれているからです。

  9. 冷却シートを、脇の下に貼っておく。

    脇から汗をかかなければいいのです。
    汗をかかなければ、においが出ることもありません。
    汗を抑えるためには、あらかじめ冷やした状態を維持することです。

  10. アポクリン腺が集中するところに限って、体毛が邪魔をする。

    わきがの原因となるアポクリン腺が、脇の下や性器付近に集中している特徴があります。
    脇の下からにおいがするなら、おそらく生殖器あたりからも、独特のにおいが強いはずです。
    この2つの部分に、共通点があります。

  11. 気温の変化に対応できるよう、重ね着できる服装を心がける。

    1日のうち、気温の変化に振り回されることがあります。
     
    たとえば、夏です。

  12. アポクリン腺からのにおいに秘められた、深い意味とは。

    汗が出る汗腺には、2種類あります。
    「エクリン腺」と「アポクリン腺」です。
    エクリン腺から出る汗は、ほぼ無臭です。

  13. わきが体質の人は、香りの付いたデオドラントに要注意。

    デオドラントには、さまざまなタイプがあります。
    スプレータイプ、拭き取りタイプ、クリームタイプなどです。
    デオドラントですから、どれを選んでもいいように思えます。

  14. わきが体質にとって、最も好ましいデオドラントの3拍子とは。

    デオドラントはあくまで一時的なものですが、ないよりはましです。
    わきが体質の人は、デオドラント選びが大切です。
    選び方によって、においを余計にひどくすることもあれば、効果的に消すこともできます。

  15. わきがのにおいを抑える、リンゴの驚くべき効果。

    最新の医学研究によって、わきがを抑える新発見がありました。
    一風変わった方法ですが、ご紹介します。
    わきがの原因であるアポクリン腺には、もともと「においになる元」がたっぷり含まれています。

  16. 自分のだ液は、天然のデオドラントだ。

    わきがのにおいを抑える手段は知っていても、うっかりする場面があります。
    一番困るのは、外出先です。
    外出の際、デオドラントを、うっかり持参し忘れることがあります。

  17. アジア人と欧米人との体臭への面白い意識差。

    私がアメリカに留学していたころに気づいたのは、欧米人の体臭についてです。
    あくまで私の経験からの感想ですが、アメリカ人は日本人より体臭の強い人が多いと思います。
    アメリカのバスや地下鉄には、独特のにおいが漂っています。

  18. わきがの遺伝のしやすさを逆手に取り、乗り越える材料として生かす。

    わきがには、遺伝性があります。
    遺伝性のため、わきがの人口割合は、人種によって異なります。
    黒人はほぼ100パーセント、欧米人はおよそ80パーセント、日本人はおよそ10パーセント、中国人は5パーセントです。

  19. 田舎より都会で暮らすほうが、体が汗臭くなりやすい。

    驚くべき統計データがあります。
    「田舎で暮らすより、都会で暮らすほうが、体臭になりやすい」というデータです。
    どういうメカニズムでしょうか。

  20. どんな都会でも、空気のきれいな道は、必ずある。

    田舎より都会で暮らすほうが、体臭になりやすいのは、本当です。
    二酸化炭素が含まれる空気を吸うと、体内の酵素の働きによって、血液のペーハー値がアルカリ性に傾きます。
    血液のペーハー値がアルカリ性に傾くと、肌の殺菌力が低下するため、汗のにおいが強くなりやすいのです。

  21. 肉に偏った食生活は、体臭をひどくさせる。

    肉に偏った食生活を送っていると、体臭がひどくなります。
    わきがも悪化します。
    肉には、体臭の原因になりやすい点が2つあります。

  22. 紫蘇を使ったレシピには、体臭予防にもダイエットにも、効果がある。

    体臭の原因の1つは、代謝の低下です。
    体の代謝が衰えると、におい成分の分解が不十分になり、体臭が発生しやすくなります。
    そこでおすすめするのが「紫蘇」です。

  23. 「薬味」として塩を活用する場面の多くで、紫蘇が代用できる。

    紫蘇は、優れた食材です。
    紫蘇は、細胞の生まれ変わりを促す作用があります。
    体の代謝を高めることができるため、体臭予防やダイエットに効果的なのです。

  24. 入浴でたっぷり汗をかく習慣は、わきがのにおいを軽減させる。

    毎日、シャワーの生活は、よくありません。
    汗は流れても、体の毒素は体内に残ったままになります。
    体の中に毒素がたまったままになっていると、汗をかいたとき、においやすくなるのです。

  25. コップ1杯のお酢を使って、手軽に薬湯。

    体臭予防の工夫は、お風呂場にもあります。
    入浴の際、一工夫するだけで、体臭を予防できます。
    まず用意するのは「コップ1杯のお酢」です。

  26. 機能性のあるボディーソープが、体臭の原因になることもある。

    体を洗うときのボディーソープは、どんなものを選んでいますか。
    「もっと、もっと、いいものが欲しい」
    そう考えていると、自然に機能性のあるボディーソープを選びがちになります。

  27. トイレに行くタイミングを、脇をきれいにするタイミングにする。

    普通は、汗をかいてしばらく経ってから、汗のにおいが強くなりますが、わきがの場合は違います。
    わきがの場合、汗を少しかくだけで、強いにおいがしやすい特徴があります。
    汗そのものに、においがあるからです。

  28. わきがは、手術さえすれば、一瞬で解決できると言える。

    汗臭い体臭は、朝にシャワーを浴びたり、こまめに汗を拭き取ったりすれば、においが抑えられます。
    さらに、ストレス発散や食生活を見直していけば、根本的な改善もできます。
    その反面、わきがの根本対処は、少し大変です。

  29. わきがの一時的な治療なら、ボトックス注射という方法もある。

    わきが対策の1つに「ボトックス注射」があります。
    ボトックス注射とは、ボツリヌス菌が作る毒素によって、神経伝達物質の放出を抑える治療法です。
    神経伝達物質の放出が抑えられると、その部分の皮膚の活動も、一時的に抑えられます。

  30. 病気のサインである体臭を見分ける、2つのポイント。

    「年を取れば誰でもにおうものだ」
    「口臭は誰にでもあって当然」
    「運動して、汗のにおいがして、何が悪い」

同じカテゴリーの作品