人生の教科書



体臭対策
アポクリン腺からのにおいに秘められた、深い意味とは。
体臭対策
汗は、悪者ではない。
体臭対策
足のにおいがひどい人は、実は繊細な心の持ち主だ。
体臭対策
実は、汗そのものに、においはない。
体臭対策

わきがのにおいを消す
30の方法

  • わきがに罪はない。
    「汗のにおい」と
    「わきがのにおい」は、
    違う。
わきがのにおいを消す30の方法

もくじ

1
★1

わきがに罪はない。
「汗のにおい」と「わきがのにおい」は、違う。

汗のにおいとわきがは、違います。 わきがは、鼻につんとくるにおいです。 目が覚めるようなにおいです。 「何てすごい激臭なのだろう。体を何日洗っていないのか」と思うでしょう。 なかにはわきがの人を責めている人までいるようです。 ここに誤解があります。 普通の汗を放置して、さらに悪化したにおいと思いますが、そうではありません。 「汗のにおい」と「わきが」は、別のにおいです。 そもそも、汗が出る場所が違います。 人の体から出る汗には、2種類あります。 「エクリン腺」と「アポクリン腺」です。 一般的にいう汗のにおいは、エクリン腺から出る汗のことです。 エクリン腺は、全身の至る所にあります。 1立方センチメートルあたり、およそ100個もあります。 全身で、およそ200万個から300万個にも及びます。 99パーセント以上が、水分です。 無色透明であり、ほぼ無臭です。 ただし、汗が出てほうっておくと、汗に雑菌などが繁殖して「汗のにおい」を放ち始めるのです。 一方、わきがは、アポクリン腺から出る汗が原因となる、においです。 エクリン腺から出る汗とは違い、もともと「においになる元」がたっぷり含まれています。 タンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分、ピルビン酸などです。 塩分を含んでいないため、皮膚がアルカリ性に傾きやすく、菌が繁殖しやすくなります。 アポクリン腺から出る汗にはにおいはありませんが、垢や皮脂が混じって雑菌が繁殖すると、強いにおいを発するようになります。 これが、わきがのにおいになるのです。 わきが体質の人は、体をきれいに洗っても、汗をかけば、普通の人以上ににおいが目立ちやすいのです。 わきがは、体質です。 特に黒人やアラブ圏の人たちは、アポクリン腺が多いのが特徴です。 体質上、アポクリン腺が多い人が、わきがになります。 アジア人より欧米人のほうが、身長が高い傾向があるのと同じです。 ただ人種的に、そうした体質があると言うだけの話です。 本人にも、わきがにも、罪はないのです。 わきがに対する誤解を解く。

2
★3

わきが体質かどうかをチェックする、3つの方法。

わきがは、アポクリン腺の活動が活発である体質のことです。 体に重大な異常があるわけではありません。 ほうっておいても、死ぬことはありません。 単にアポクリン腺が発達しているため「においが気になりやすい」という体質です。 遺伝的な要素が強いのが特徴です。 たとえば、アラブ人、ラテン人、黒人の多くは、わきがです。 わきがが、国民全体的に多いため、あまり問題にならないのです。 しかし、アジア人には珍しいため、わきがが問題視されることがあります。 周りの人はにおいが気になっても、デリケートな問題で、直接本人には言いにくいものです。 そこで、自分がわきが体質であるかを、簡単にチェックする方法があります。 ▼わきが体質かを確かめる、3つのポイント (チェック1)服の脇の部分が、黄色くなりやすい アポクリン腺から出る汗は、黄色い色をしている特徴があります。 (チェック2)耳の垢が、しっとりしている アポクリン腺は、耳の穴の中にも存在します。 (チェック3)両親のどちらかが、わきが体質である アポクリン腺の量は、遺伝的要素が強いのが特徴です。 ▲ 1つでも当てはまる人は、わきが体質である可能性が高いと考えていいでしょう。 周りの人から「ちょっとにおいがするな」と思われている可能性があります。 自分がわきが体質か、確認する。

3
★3

「脇毛の濃さ」と「わきが」には、関係がある。

「脇毛の濃さ」と「わきが」には、関係があります。 統計データによると「脇毛の濃い人ほど、わきが体質の傾向がある」という結果があります。 脇毛が、長かったり太かったりしている状態は、それだけ毛穴が発達している証拠です。 毛穴が発達していれば、わきがの原因であるアポクリン腺も、発達している可能性が高いと考えられます。 脇毛がたくさん生えている状態は、毛根の数も多いことを意味します。 当然、アポクリン腺の数も多いことが考えられます。 あくまで傾向ではありますが、一度参考にしておくといいでしょう。 あなたの脇毛は、いかがでしょうか。 濃かったり、長かったり、太かったりする様子は見られますか。 もし脇毛が濃ければ「自分はわきがかもしれない」と、振り返ってみることが大切です。 エチケットの第1は、自分の体質を知ることです。 もしかすると気づかないうちに、脇のにおいが目立っている可能性があります。 脇毛が濃い人は、わきがではないかと、うかがってみる。

4
★5

脇の毛を剃ると、わきがのにおいを抑えやすくなる。

脇毛は、わきがを悪化させる一因です。 普通、脇には脇毛が生えていますが、脇はたいていいつも閉じています。 脇毛がたくさんあるほど、脇に空気がこもりやすいため、においも強くなりやすいのです。 脇は、高温多湿によって雑菌が繁殖しやすいところであるため、においが悪化しやすいのです。 バスタイムに脇を洗おうとしても、脇毛が邪魔になり、洗いにくいです。 汗を吸収する脇パッドも、毛がたくさんあると、なかなかうまく吸い取ってくれません。 わきが対策の第1は、脇毛の処理です。 安全かみそりなどを使い、傷をつけないよう、きれいに剃りましょう。 脇毛がなくなれば、わきが乾燥しやすくなるため、汗をかきにくくなります。 汗をかいたとしても、においの分子が脇の外へ逃げやすくなるため、においが小さくなります。 脇の汗を制汗シートで拭くとき、よりきれいに、拭き取ることができるようになります。 体を洗うときも、脇の汚れもきれいに落とせます。 体臭面の改善だけではありません。 美容面においても、美しく見せられます。 毛深い脇より、きれいな脇のほうが、清潔感がありますね。 もちろん脇毛を処理しても、わきがの本当の治療にはなりませんが、においを抑えられるだけでも、大きな改善ではないでしょうか。 恥ずかしがらず、まず脇毛は剃っておきましょう。 脇毛は、そっておく。

5
★10

脇毛の処理で、抜いてはいけない理由とは。

脇毛を抜くのは、においを抑える効果があります。 脇毛がなくなれば、わきが乾燥しやすくなるため、汗もかきにくくなります。 たとえ汗をかいても、余分な毛がなくなれば、脇からのにおいが外に向けて分散されるため、においを抑えやすくなるのです。 ただし、脇毛の処理なら、何でもいいわけではありません。 除毛方法にもさまざまな方法がありますが、注意したい処理方法があります。 毛を抜く方法です。 毛根から毛を抜く除毛方法は、おすすめしません。 手を使って、脇毛を抜く癖を持つ人もいますが、あまりしないほうが賢明です。 毛を抜くとき、毛穴や毛根に、強いインパクトを与えます。 このときの刺激が、わきがの原因であるアポクリン腺の働きを強め、かえってわきがを悪化させてしまうことがあるのです。 毛を抜くことで、毛穴が目立ちやすくなるデメリットもあります。 毛を抜いたときのダメージによって、毛根から出血して、毛穴が黒ずみやすいのです。 もちろん毛根からきれいに毛を処理できるメリットもあります。 しかし、においの悪化や毛穴の目立ちといったデメリットが大きいため、あまりおすすめできる方法ではないのです。 では、どういう除毛方法がいいのでしょうか。 一番いい除毛方法は、そることです。 安全かみそりを使いましょう。 安全かみそりは、肌への刺激もコントロールしやすいのがメリットです。 刃があるので危ないイメージがありますが、使い方しだいです。 力加減や使い方を上手にコントロールすれば、安全で低刺激に、除毛ができます。 肌を傷つけないように優しく滑らせれば、アポクリン腺を刺激することもないのです。 脇毛を処理するときは、抜くのではなく、そる。

6
★4

脇をきゅっと締めると、かえってにおいは、強くなる。

体の中でも、脇からは、特に強いにおいが漂うところです。 脇には、わきがの原因であるアポクリン腺が集中しているからです。 脇に汗をかくほど、脇から強いにおいが目立つようになるのです。 ふと、次のような対策を思いつくことがあります。 「脇をきゅっと締めれば、脇からのにおいも外に漏れないだろう」と。 たしかに一理ある、アイデアです。 脇をきゅっと締めていれば、脇からのにおいも漂いにくくなるでしょう。 しかし、あまりこれはおすすめしません。 脇を締めることで、通気性が悪くなり、脇の温度はどんどん上昇します。 その結果、わきがどんどん蒸れてしまい、余計ににおいが強くなってしまうのです。 脇のにおいは、汗が原因です。 汗を抑えるなら、通気性をよくすることがポイントです。 むしろ、脇は少し開けておくようにしましょう。 少しだけ脇を空けておくと、空気の通りがよくなります。 空気の通りがよくなればなるほど、脇の温度も下がり、汗をかきにくくなります。 においの分子が分散しやすくなるため、においが抑えられるのです。 大げさに脇を開ける必要はありませんが、通気性がいい状態になるよう、適度に開けるほうがいいのです。 脇を締めるより、少し開けておく。

7
★1

「男性が脇毛を剃ってはいけない」というルールがあるわけではない。

脇毛を剃っておくと、体臭が抑えられるのは、本当です。 脇毛がないと、脇から出るにおいがスムーズに外に出て、においの密集を防げます。 単に体を洗うときでも、邪魔な毛がないため、脇の垢をきれいに洗い落とせ、清潔に保てます。 「男性が脇毛を剃るのはおかしくないか」 いいえ、まったくおかしなことではありません。 「脇毛を剃る男は、気持ち悪いと思われるのではないか」と心配になりますが、考えすぎです。 気にする必要はありません。 「脇毛を剃るのは女性だけがするもの」というのは、偏見です。 そういう法律やルールがあるわけではありません。 そもそも脇は、頻繁に目につくところではありません。 普段隠れているところですから、毛がなくても、気づかれることはありません。 たとえ見られたとしても、周りの人は気にしません。 他人の脇毛があろうとなかろうと、別に自分に関係ないからです。 「男性なら脇毛を生やすもの」という固定観念にとらわれていませんか。 男性が脇毛を剃るのは、おかしなことではありません。 脇毛を剃っても、誰の迷惑にもなりません。 しかし、わきががひどければ、周りの人の迷惑になります。 体臭で周りに迷惑をかけるくらいなら、男性でも、堂々と脇毛を剃るほうがベターです。 エチケットの一環ですから、恥ずかしく思うどころか、堂々としていいくらいです。 「してはいけない」という決まりがあるわけではありません。 脇毛を剃りたくない人までそる必要はありませんが、そりたいと思うなら、ためらわず、そってしまいましょう。 男性でも、堂々と脇毛を剃る。

8
★1

脇パッドは、わきが体質の心強い味方。

わきがの原因は、アポクリン腺です。 わきがの人は、汗をかいたとたん、におい始めます。 アポクリン腺から出る汗には、においの原因がたくさん含まれているからです。 におうだけではありません。 なにより困るのが、黄色い色の付着です。 わきが黄ばむと、かっこ悪いです。 洗濯しても、なかなかきれいに取れないことがあります。 わきがの人が汗をかいたら、こまめに拭き取ることが大切です。 しかし、こまめに拭き取ろうと思っても、脇は額とは違い、手が届きにくいところです。 そういうときは、脇パッドを使いましょう。 わきがの原因になるアポクリン線は、脇の下に集中しています。 あらかじめ脇の下に、脇パッドを入れておくと、汗をかいた瞬間、吸い取ってくれます。 こまめに脇の下を拭き取るのと同じ効果が得られ、脇からのにおいを最小限に抑えてくれるのです。 脇パッドは、脇からの汗のにじみを防ぐだけではありません。 アポクリン腺からの黄色い汗で、洋服を汚さずに済ませることができます。 わきがの人は、必須道具なのです。 脇の下に、脇パッドを入れておく。

9
★4

冷却シートを、脇の下に貼っておく。

脇から汗をかかなければいいのです。 汗をかかなければ、においが出ることもありません。 汗を抑えるためには、あらかじめ冷やした状態を維持することです。 市販されている冷却シートを、脇の下に張っておけばいいのです。 あらかじめ脇の下を冷やしておくことで、汗をかくのを防げます。 脇パッドと一緒に使えば、わきがの抑制に強い効果を発揮します。 普段からここまでするかどうかは、人それぞれです。 たとえば、特に暑い夏だけでもいいでしょう。 暑い夏場は、冷たい触感に触れることで汗を抑えられますし、気持ちも落ち着いてきます。 夏場は、冷却シートを、脇の下に張っておく。

10
★1

アポクリン腺が集中するところに限って、体毛が邪魔をする。

わきがの原因となるアポクリン腺が、脇の下や性器付近に集中している特徴があります。 脇の下からにおいがするなら、おそらく生殖器あたりからも、独特のにおいが強いはずです。 この2つの部分に、共通点があります。 体毛が濃い部分なのです。 わきがの原因であるアポクリン腺が集中しているところに限って体毛が多いのは、何かのいたずらのようですね。 そもそもアポクリン腺からのにおいは、個人の識別やフェロモンなどの役割を果たす意味があります。 においを逃げにくくするため、体毛も多いのです。 しかし、においが逃げにくいと同時に、洗いにくくて汚れやすいところでもあります。 「わきがのにおいがひどいなあ」 「デリケートな部分のにおいが、気になるなあ」 実は単に、洗い方が不十分になっているだけではないでしょうか。 毛が多ければ多いほど、洗いにくい傾向があります。 脇をよく見てみると、脇毛の付け根部分に、垢がたっぷり絡まっていることがあります。 垢と汗が混じると、においがより強くなります。 体毛が邪魔になり、洗ったつもりになっているだけかもしれません。 すっかり、脇を洗い忘れていることもあるでしょう。 体毛が濃い部分ほど、しっかり洗う必要があるのです。 体毛が濃い、脇の下や生殖器付近ほど、洗い残しがないように、きれいに洗う。

11
★1

気温の変化に対応できるよう、重ね着できる服装を心がける。

1日のうち、気温の変化に振り回されることがあります。 たとえば、夏です。 外に出れば、強く照りつける日差しに、汗をかきます。 室内に入ると、冷房がよく効いたエアコンに、震えます。 夏と冬が、同時にやってきているような状態です。 科学技術の発達によって快適になった一方、別の不便さを生み出していることもあります。 こういうとき、服装の選び方に迷います。 「寒い室内に合わせるべきか。暑い外の気温に合わせるべきか」です。 1日のうち、気温の変化の幅が大きいなら「固定された服装」より「変更できる服装」を心がけましょう。 あらかじめ「重ね着」を基本とした服装をすればいいのです。 暑いときには脱げばいいです。 寒いときにはコートを羽織れるようにしましょう。 夏でも寒いと感じれば、服を2枚重ねにして身につけるのは、おかしくありません。 重ね着しやすい服装なら、体温調整がしやすくなります。 無駄に汗をかくことも少なくなります。 体調管理がしやすくなり、風邪も引きにくくなるのです。 変化する気温に応じて、着たり脱いだりできる服装にしておく。

12
★5

アポクリン腺からのにおいに秘められた、深い意味とは。

汗が出る汗腺には、2種類あります。 「エクリン腺」と「アポクリン腺」です。 エクリン腺から出る汗は、ほぼ無臭です。 99パーセント以上が、水分です。 一方、アポクリン腺から出る汗も、最初はほぼ無臭です。 ただし、においの原因がたっぷり含まれているので、すぐ強いにおいが漂い始めます。 同じ汗とはいえ、別物です。 ここで、素朴な疑問が湧いてきませんか。 なぜ、2種類の汗が存在する必要があるのでしょうか。 汗なら、1種類で十分だろうと思いませんか。 実は、エクリン腺とアポクリン腺の最大の違いは、成分ではありません。 「役割」です。 エクリン腺から出る汗の役割は、体温を下げたり摩擦を作ったりするためです。 一方、アポクリン腺から出る汗の役割は、においを作ることそのものです。 アポクリン腺からの汗がにおうことが異常ではなく、そもそもにおいを作るのが目的なのです。 では、なぜにおいを作る必要があったのでしょうか。 アポクリン腺からのにおいには「種の繁栄」という、深い意味があるのです。 人がまだ人になる前の、はるか遠い昔です。 人は、自分と同じにおいがする人を、嫌う傾向があります。 人に限らず、そもそも生物全体的に「自分と同じにおいがする人を嫌う」という傾向があります。 種の多様性を維持するためです。 自分と同じにおいは、同族です。 同族との間で子供を作ってばかりでは、同じような遺伝子を持つ人ばかりが増えます。 同じような遺伝子ばかりでは、ある日、急な環境の変化がやってきたとき、種が全滅する恐れがあります。 そうならないように、自分とは異なる遺伝子を持つ人と結ばれようとします。 これが種の多様性です。 すなわち、自分と異なるにおいの人に、魅力を感じる本能があるのです。 思春期を迎えた娘が、父のことを嫌いになるのも、においが同じになるからです。 家族間で仲が悪くなりやすいのも、親元から離れさせようとする意味があります。 種の存続と多様性のため「親元から離れたくなるような仕組み」「同じにおいを嫌う仕組み」が、本能にインプットされています。 では、どう自分と同族かを確かめるのかというと、においです。 すなわち、アポクリン腺は「個体の識別」や「フェロモン」という意味合いがあるのです。 アポクリン腺からのにおいによって、同族かどうかを、識別しました。 そのため、アポクリン腺は、体の特殊な部分に存在する特徴があります。 脇の下、性器の周辺、耳の穴など、性的なニュアンスが感じられる部分に集中しているのです。 しかし、人類は進化しました。 進化の過程において、人が衣類を身につけたり、視力が向上したりするようになりました。 においによる識別がだんだん不要になり、アポクリン腺も退化していったのです。 アポクリン腺は、そうした昔からの名残が強く残っている状態です。 そのにおいがあるからこそ、人間は、ここまで繁栄できたのです。 アポクリン腺に秘められた、種の繁栄の意味に、気づく。

13
★1

わきが体質の人は、香りの付いたデオドラントに要注意。

デオドラントには、さまざまなタイプがあります。 スプレータイプ、拭き取りタイプ、クリームタイプなどです。 デオドラントですから、どれを選んでもいいように思えます。 ここがチェックポイントです。 わきがの場合、選んではいけないデオドラントがあります。 微香性のあるデオドラントすべてです。 スプレータイプであろうと、拭き取りタイプであろうと、香りは一切不要です。 アポクリン腺から出る汗には、においの元になるものがたっぷり含まれています。 わきが体質の人が使うと、脇から出る不快なにおいと微香料が混ざります。 不快なにおいが、より、悪化しやすくなるのです。 たとえ、いい香りでも、わきがの場合は、逆効果になる場合が多いのです。 いい香りでごまかそうとしたい気持ちは分かりますが、控えるのが正解です。 わきがの人は、無香性を選ぶのが正解です。 ただし、無香性とはいえ、完全ににおいを取り除けるわけではありません。 あくまで「一時的なにおい消し」として考えるほうがいいでしょう。 わきが体質の人は、微香性ではなく、無香性のデオドラントを使う。

14
★3

わきが体質にとって、最も好ましいデオドラントの3拍子とは。

デオドラントはあくまで一時的なものですが、ないよりはましです。 わきが体質の人は、デオドラント選びが大切です。 選び方によって、においを余計にひどくすることもあれば、効果的に消すこともできます。 まず、最も選んでいけないデオドラントは、香りがするタイプです。 デオドラントの香料にわきがのにおいが混ざると、不快なにおいが悪化しやすいからです。 においをにおいで消そうとすると、失敗しやすくなるのです。 では、次が大切です。 わきが体質にとって、最も好ましいデオドラントはどのようなタイプでしょうか。 次の3拍子が揃ったデオドラントです。 「クリームタイプ」「無香性」「抗菌・殺菌作用」です。 スプレータイプや拭き取りタイプにも、デオドラント効果はありますが、一時的です。 最も持続しやすいのは、クリームタイプです。 クリームタイプは、脇に直接つけるため、より長く効果が持続しやすくなります。 さらに抗菌・殺菌作用が加われば、においの元になる菌を退治できるため、デオドラント効果が倍増します。 数あるデオドラントの中でも、最も効果的なのです。 わきが体質の人は「クリームタイプ」「無香性」「抗菌・殺菌作用」の3拍子が揃ったデオドラントを使う。

15
★8

わきがのにおいを抑える、リンゴの驚くべき効果。

最新の医学研究によって、わきがを抑える新発見がありました。 一風変わった方法ですが、ご紹介します。 わきがの原因であるアポクリン腺には、もともと「においになる元」がたっぷり含まれています。 タンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分、ピルビン酸などです。 このうち、タンパク質の一種である「アポタンパク」が、特ににおいを悪化させる要因であることが判明しました。 逆に言えば、アポタンパクさえ抑制できれば、わきがのにおいを大幅に抑えられることができます。 アポタンパクを減らす効果があるのは、意外な果物です。 リンゴです。 リンゴの繊維質を、脇の下に当てることで、アポタンパクの生成が抑制されます。 おすすめなのが「リンゴを使った湿布」です。 まず「リンゴ1個」と「ガーゼ1枚」を用意しましょう。 リンゴの半分を絞り、繊維をガーゼに湿らせます。 それを、脇の下に貼っておきましょう。 脇の下にあるアポクリン腺に染み込みます。 アポタンパクが分解され、わきがが抑えられるのです。 わきがの根本的対処ではありませんが、においを抑制する効果があることが確認されています。 もう半分のリンゴはどうするかというと、そのままジュースにして、飲んでしまいましょう。 リンゴの繊維は、体臭の原因になる動脈硬化の防止にも効果があります。 貼ってよし、飲んでよし。 リンゴの力で、わきが体質を改善させましょう。 リンゴの繊維を湿らせたガーゼを、脇の下に貼っておく。

16
★6

自分のだ液は、天然のデオドラントだ。

わきがのにおいを抑える手段は知っていても、うっかりする場面があります。 一番困るのは、外出先です。 外出の際、デオドラントを、うっかり持参し忘れることがあります。 人間ですから、うっかりは、誰にでもあるものです。 デオドラントが、手元にない。 こうした状況で、大胆な、デオドラントの代替手段があります。 自分のだ液を使う方法です。 だ液そのものは、天然のデオドラントです。 ガムを噛むと口臭が抑えられるのは、だ液の分泌が促されるからです。 しかも、だ液には、消臭効果だけでなく、殺菌効果もあります。 わきがにうってつけなのです。 わざと、口を上下に噛んだり舌を口の中で回したりなどすると、口の中でだ液がたくさん出ます。 だ液を手に取り、脇の下に塗ってみましょう。 殺菌力のある、デオドラントクリームの出来上がりです。 水で脇を洗うより、わきがのにおいを抑える力が、長時間、持続します。 だ液を使うのは汚い印象があるのですが、実際に消臭効果があるのは、たしかです。 活用する場面は少ないかもしれませんが、とっさの対処法として、頭の片隅に入れておくといいでしょう。 デオドラントも何もないときは、自分のだ液を使ってしまう。

17
★3

アジア人と欧米人との体臭への面白い意識差。

私がアメリカに留学していたころに気づいたのは、欧米人の体臭についてです。 あくまで私の経験からの感想ですが、アメリカ人は日本人より体臭の強い人が多いと思います。 アメリカのバスや地下鉄には、独特のにおいが漂っています。 アメリカ留学中、バスで黒人の隣に座ると、独特の体臭をよく感じたものです。 においから察すれば、おそらく「わきが」です。 「うわっ。くさい」と感じた経験は、数え切れないほどあります。 清潔感の欠如は、本人の生活の乱れによるものですが、わきがは違います。 わきがの原因は、体質です。 わきがは、アポクリン腺から出る汗に、においやすい成分がもともと含まれています。 わきがの原因になるアポクリン腺の数は「個人差」があるのですが、それ以上に「民族差」があります。 アジア人は一般的に、アポクリン腺が少ないため、わきがの人口割合が低いです。 一方、欧米人は、アジア人よりアポクリン腺が発達しているため、わきがの人口割合が高いのです。 統計によると、日本人のおよそ10パーセントがわきが体質である一方、欧米人は80パーセントがわきが体質といわれています。 ちなみに、黒人の場合、ほとんど全員がわきがであると言われています。 不思議なのは、ここからです。 日本人より、アメリカ人のわきがの人口割合が多いわけですから、体臭の話題も多いのではないかと思います。 しかし、意外なことに、体臭の話題はほとんど出ないのです。 私はアメリカに3年半ほど留学していましたが、アメリカ人との会話で体臭の話題は、ほとんど出たことがありませんでした。 「彼から体臭がにおう」と言っても「そうかな」と言って、話がすぐ終わります。 わきがの人口割合が高いと、もはやそれが当たり前になり、問題視されないのです。 その一方で、日本人は民族的ににおいが小さい体質であるため、においがわずかにあるだけで、問題視されます。 アメリカにも一応デオドラントは存在しますが、日本ほど売れていないのが現実です。 体臭の弱いアジア人にはデオドラントが人気である一方、体臭が強い欧米人にはデオドラントがあまり売れていない。 不思議な光景でした。 世界の違いを感じたものです。 わきがに反応しすぎている自分に、気づく。

18
★2

わきがの遺伝のしやすさを逆手に取り、乗り越える材料として生かす。

わきがには、遺伝性があります。 遺伝性のため、わきがの人口割合は、人種によって異なります。 黒人はほぼ100パーセント、欧米人はおよそ80パーセント、日本人はおよそ10パーセント、中国人は5パーセントです。 必ずしも遺伝するわけではありませんが、遺伝しやすいのは、たしかです。 遺伝性が強いということは、あなたがわきがの場合、親もわきがの可能性があります。 親が身につけているTシャツを見る機会があれば、脇の部分を、こっそりチェックしてみましょう。 汗をかいたとき、脇の部分が黄色くなっていれば、わきがである可能性があります。 もし、黄色くなっていなくても、手術などの対策後かもしれません。 わきがは手術をすれば、ほぼ完全に分からなくなります。 しかし、隠せないポイントがあります。 耳の垢です。 わきがの原因であるアポクリン腺は、耳の中にもあります。 わきがの場合、耳の垢が、ねばねばする特徴があります。 たとえ、わきが手術をしたとしても、さすがに耳の中までは手を加えていないことでしょう。 親に「耳の垢が、ねばねばすることある?」と聞いてみましょう。 もし、ねばねばするといえば「わきがに心当たりはある?」と、それとなく聞いてみるといいでしょう。 どきっとした表情を見せれば、おそらくわきがです。 親子間で、同じ悩みを持っている可能性があるのです。 自分がわきがで悩んできた複雑な歩みを、親も同じように歩んできた可能性があります。 親のわきが対策は、聞いてみる価値があります。 わきがにどのような対策をしてきたのか。 手術をするなら、どの病院で、どのくらいのお金がかかったのか。 手術の雰囲気、手術にかかった時間、痛み。 パートナーは、わきがのことをどう思っているのか。 親子ですから、恥ずかしがらずに尋ねてみましょう。 よい相談相手が、身近に存在するのは、心強いことです。 遺伝であることを逆手に取り、乗り越えるための材料として生かすのです。 恥ずかしがらずに、先人の知恵は、ありがたく聞き入れるべきです。 そういう話をするだけでも、親子の会話になります。 悩みを交わしているうちに「自分だけが苦しんでいるわけではない」と分かり、精神的に落ち着くのです。 自分の親もわきがなら、恥ずかしがらずに克服法を聞いてみる。

19
★0

田舎より都会で暮らすほうが、体が汗臭くなりやすい。

驚くべき統計データがあります。 「田舎で暮らすより、都会で暮らすほうが、体臭になりやすい」というデータです。 どういうメカニズムでしょうか。 原因は、大気中に漂う「二酸化炭素」です。 田舎に比べて都会は、車の往来が多いところです。 都会であるほど、大気中の二酸化炭素の濃度も、高い傾向があります。 二酸化炭素を吸い込むと、体内の酵素の働きによって、血液のペーハー値がアルカリ性に傾きます。 もちろん汗も、アルカリ性に傾きます。 人の肌は普通、雑菌の繁殖を抑えるために、弱酸性に保たれています。 しかし、肌がアルカリ性に傾くと、殺菌力が低下します。 汗をかいたとき、雑菌が繁殖しやすくなるため、においやすくなるのです。 つまり、体臭予防を考えるなら、都会より田舎で暮らすほうが適しているわけです。 できるだけ空気のきれいなところに住むのがよいと言えるでしょう。 体臭に限らず、健康面でもいい影響があります。 きれいな空気は、気持ちを爽やかにしてくれます。 車の往来が少なければ、交通事故の低下にもつながります。 もちろんあくまで参考データです。 近々、引っ越しの予定があれば、1つの参考にされてみてはいかがでしょうか。 できるだけ空気のきれいなところで、暮らす。

20
★2

どんな都会でも、空気のきれいな道は、必ずある。

田舎より都会で暮らすほうが、体臭になりやすいのは、本当です。 二酸化炭素が含まれる空気を吸うと、体内の酵素の働きによって、血液のペーハー値がアルカリ性に傾きます。 血液のペーハー値がアルカリ性に傾くと、肌の殺菌力が低下するため、汗のにおいが強くなりやすいのです。 「じゃあ、都会に住むかぎり、解決策はないのか」 たしかに今すぐ引っ越しするのは、現実的ではありません。 いくら何でも、体臭対策のためだけに引っ越しをするのは、現実的ではありません。 予算も時間もかかりすぎます。 問題なのは、都会の暮らしではなく、二酸化炭素です。 どんな都会でも、車の通りが少ないところがあるはずです。 通勤通学の際、できるだけ車の往来が少ない道を通ればいいのです。 できるだけ空気のきれいな道を使いましょう。 私は今、東京に住んでいます。 たしかに田舎に比べれば、都会は空気が汚れていると感じます。 しかし、都会で暮らしていても、空気のきれいな道は、探せばたくさんあります。 大きな通り道も、一区画ずれて裏道に入ると、静かな雰囲気に変わるものです。 地下道も見逃せません。 地下は車の往来がないため、排出ガスにさらされることはありません。 通勤通学は、車の往来が少ない朝の時間帯にするのも、いい方法です。 どんな都会でも、空気のきれいな道は、必ずあります。 工夫すれば、いいのです。 できるだけ空気がきれいな道を、使う。

21
★2

肉に偏った食生活は、体臭をひどくさせる。

肉に偏った食生活を送っていると、体臭がひどくなります。 わきがも悪化します。 肉には、体臭の原因になりやすい点が2つあります。 「タンパク質」と「脂肪分」です。 (ポイント1)タンパク質による汗の増加 肉の特徴といえば、なんといっても豊富なタンパク質ですね。 しかし、このタンパク質は、体臭の原因の1つです。 食べた肉は、消化器官で吸収された後、肝臓でエネルギーに変換されます。 このエネルギーに変換する際、熱が発生します。 この熱がポイントです。 驚くべきことに、タンパク質は糖質に比べ、およそ5倍の熱を生産するのです。 つまり、大量の肉を食べると、体温が上がりやすいため、汗をかきやすくなるのです。 (ポイント2)脂肪分による皮脂量の増加 もう1つの体臭の原因は、脂肪分です。 肉は、赤身の間に、脂肪がたくさん含まれています。 余分な脂肪が血液に運ばれて、アポクリン腺や皮脂腺から排出されます。 その結果、においやすくなるのです。 ---------- 肉に偏った食事は、体臭やわきがを悪化させる要因の1つです。 体温が上昇して汗をかきやすいうえ、皮脂も分泌されやすくなるため、体臭もひどくなりやすいのです。 「そうか。肉はダメなのか」 いえ、肉を完全に否定しているわけではありません。 肉は、豊富なタンパク源です。 悪いのはあくまで「肉に偏った食生活」です。 食べすぎない程度なら、大きな問題にはなりません。 肉に偏った食生活にならないように、気をつける。

22
★3

紫蘇を使ったレシピには、体臭予防にもダイエットにも、効果がある。

体臭の原因の1つは、代謝の低下です。 体の代謝が衰えると、におい成分の分解が不十分になり、体臭が発生しやすくなります。 そこでおすすめするのが「紫蘇」です。 紫蘇は、薬味や味付けなどに使われるのが一般的ですが、意外な効果があるのをご存知ですか。 「体臭予防」と「ダイエット」です。 紫蘇には、細胞の生まれ変わりを促す作用があります。 体の代謝を高める効果があるのです。 代謝が高くなると、におい成分も分解しやすくなり、体臭が緩和されます。 汗のにおいはもちろん、加齢臭やわきがなど、体臭全般に効果があるのです。 体臭対策だけではありません。 体の代謝が高くなると、基礎代謝が押し上げられます。 カロリー消費が効率よく行われるようになるため、ダイエットにもつながるのです。 紫蘇の香りもポイントです。 紫蘇の落ち着いた香りは、精神を安定させる効果もあるといわれます。 多忙な現代人の心を穏やかにしてくれるでしょう。 紫蘇のパワーを活用すれば、体臭予防とダイエットを、同時に実現できるのです。 今日から、少し紫蘇を使ったレシピに挑戦してみませんか。 紫蘇の紫色は、レシピの鮮やかな色の1つにも使えます。 味付けに使うのもよし。 彩りにも使うのもよし。 ご飯のふりかけに、紫蘇を使うのもよし。 もちろん紫蘇ジュースを作るのも、いいアイデアです。 紫蘇を使ったレシピによって、清潔感のあるスリムな体形に生まれ変われるのです。 紫蘇を加えたレシピに、挑戦する。

23
★3

「薬味」として塩を活用する場面の多くで、紫蘇が代用できる。

紫蘇は、優れた食材です。 紫蘇は、細胞の生まれ変わりを促す作用があります。 体の代謝を高めることができるため、体臭予防やダイエットに効果的なのです。 この紫蘇を使ったレシピは、少ないように思えます。 「彩り」としておまけ程度に使うことが多い紫蘇ですが、工夫しだいです。 考えるほど、使う場面は、たくさん登場します。 ポイントは「薬味」として塩を使う場面です。 薬味として塩を使うところで、代わりに紫蘇を使ってみましょう。 たとえば、トマトを食べるときです。 トマトといえば、薬味として塩を振りかけて食べるのが定番ですが、塩の代わりに紫蘇を使ってみましょう。 焼き魚にも、塩の代わりに紫蘇を使ってみましょう。 スイカにも、塩の代わりに紫蘇を使ってみましょう。 「おや、いけるではないか」 口に合う発見があるはずです。 「薬味」として塩を活用する場面の多くで、紫蘇が代用できます。 塩と紫蘇の味わいは似ているため、口に合うことが多いのです。 もちろんすべての場面で使えるわけではありませんが、合うことも多いのです。 この工夫を活用すれば、レシピの幅が、ぐっと広がることでしょう。 紫蘇の紫色が加われば、食卓の味わいも彩りも、より華やかになります。 塩を使う場面で、代わりに紫蘇を使ってみる。

24
★5

入浴でたっぷり汗をかく習慣は、わきがのにおいを軽減させる。

毎日、シャワーの生活は、よくありません。 汗は流れても、体の毒素は体内に残ったままになります。 体の中に毒素がたまったままになっていると、汗をかいたとき、においやすくなるのです。 シャワーばかりの生活を避け、しっかり入浴をする習慣を作りましょう。 体臭に限らず、わきがを抑える方法でもあります。 入浴の効用は、2つあります。 1つ目の効果は「体内の浄化」です。 入浴をすると、血液とリンパの流れがよくなります。 入浴でたっぷり汗をかくと、乳酸やアンモニアなどの毒素が、体の外に排出されます。 たくさん汗をかくため、体の有害物質を取り除くことができるのです。 体内の環境が正常化されることで、体臭が抑えられるのです。 2つ目の効果は「代謝力の強化」です。 入浴で汗をかくことは、体の新陳代謝を促す効果もあります。 代謝機能の向上によって、においを発生源から抑えられます。 その結果、全体的な体臭は軽くなるだけでなく、わきがも軽くなるのです。 汗をかく習慣を作りましょう。 体臭がひどいと思う人ほど、シャワーより入浴です。 しっかり入浴をする習慣は、体臭を抑える習慣です。 わきがの強い人ほど、たっぷり汗をかくくらいの入浴です。 湯船に浸かって、歌を歌っていれば、時間はあっという間に過ぎます。 夜の入浴でしっかり汗をかくと、心も体も軽くなり、ぐっすり眠りやすくなるのです。 しっかりした入浴で、たっぷり汗をかく。

25
★5

コップ1杯のお酢を使って、手軽に薬湯。

体臭予防の工夫は、お風呂場にもあります。 入浴の際、一工夫するだけで、体臭を予防できます。 まず用意するのは「コップ1杯のお酢」です。 いつも入るお風呂に、コップ1杯のお酢を入れてみましょう。 特に、しっかり醸造された黒酢がおすすめです。 お酢には、体臭を抑える効果があることで知られています。 (効果1)クエン酸による強力な殺菌効果 お酢に含まれるクエン酸には、強力な殺菌効果があります。 全身の肌が弱酸性に保たれるため、雑菌の繁殖を防げます。 お風呂によって、全身の殺菌を一度に行えるのです。 (効果2)毛穴のアンモニア臭を抑える お風呂で温まっていると、毛穴が開きます。 開いた毛穴からクエン酸が吸収されると、汗腺から出るアンモニアの生成が抑えられ、汗のにおいを抑えられます。 発汗を促す作用もあるので、汗腺機能も鍛えられるのです。 (効果3)お酢の香りによるリラックス効果 直接お酢だけにおうと、鼻につんときますが、お風呂に混ぜると、香りがほどよく和らぎます。 湯気とともに、お酢の香りが浴室に広がります。 和らいだお酢の香りによって、気分が爽やかになり、リラックスしやすくなります。 お酢の香りが苦手という人は、お風呂上りにシャワーで洗い流せばOKです。 コップ1杯のお酢をお風呂に混ぜるだけで、手軽に薬湯ができるのです。 お風呂にコップ1杯のお酢を入れて、体臭を予防する。

26
★3

機能性のあるボディーソープが、体臭の原因になることもある。

体を洗うときのボディーソープは、どんなものを選んでいますか。 「もっと、もっと、いいものが欲しい」 そう考えていると、自然に機能性のあるボディーソープを選びがちになります。 保湿効果、芳香性、にきび予防効果、殺菌効果、消臭効果などです。 せっかく体を洗うなら、いろいろな機能をまとめて、きれいにしたいと思って当然です。 しかし、機能性のあるボディーソープには、注意しておきたいことがあります。 ボディーソープが、多機能・高機能であるほど、体臭の原因になりやすい点です。 多機能・高機能であるのは、さまざまな成分がたくさん含まれていることです。 さまざまな成分が含まれていれば、洗ったとき、洗い残しが発生しやすくなります。 残った成分に、汗や垢が混じることで、においやすくなるのです。 特に保湿成分が含まれたボディーソープは、独特の滑りがあって、洗い残しをしやすい傾向があります。 機能は素晴らしいのですが、体臭面から言えば、ベストではありません。 では、体臭対策には、どのようなボディーソープがいいのでしょうか。 シンプルな固形石鹸が一番です。 体臭予防の基本は「汚れを落とすこと」です。 汚れを落とすには、シンプルが一番です。 シンプルな固形石鹸は、最初から余分な成分が含まれていませんから、洗いやすくなります。 固形石鹸は、少し強めのアルカリ性ですから、垢を落としやすくなります。 きれいに垢が落ちれば、汗をかいたときのにおいも抑えられます。 洗った後、体がさっぱりして、清潔感にあふれるでしょう。 地味で質素な固形石鹸ですが、これほど体臭予防に効果のある石鹸はありません。 体臭予防を意識するなら、シンプルな固形石鹸で体を洗う。

27
★5

トイレに行くタイミングを、脇をきれいにするタイミングにする。

普通は、汗をかいてしばらく経ってから、汗のにおいが強くなりますが、わきがの場合は違います。 わきがの場合、汗を少しかくだけで、強いにおいがしやすい特徴があります。 汗そのものに、においがあるからです。 わきがの人は、汗をかく前の対処がポイントです。 いかに汗をかきにくくするか。 かいた汗を、いかにこまめに拭き取るかです。 汗をかいているかどうかにかかわらず、こまめに汗を拭き取る習慣です。 あらかじめ脇の汗を拭く習慣があると、においを抑えられます。 その習慣にうってつけのタイミングこそ、トイレです。 男性であろうと、女性であろうと、1日に何度かトイレに行くことになります。 トイレに行って用を足すとき、無香タイプのウェットティッシュを持参しましょう。 トイレの個室で、こっそり脇の下をぬぐっておくのです。 脇の下を常に清潔な状態に保つことができるため、においを抑えることができます。 別に汗をかいていなくてもいいのです。 ウェットティッシュに含まれる水分が、脇の下の温度を下げるため、汗をかきにくくする作用もあります。 トイレに行くタイミングですから、定期的であり、習慣にしやすいのです。 トイレに行くたびに、脇の下をきれいにする。

28
★3

わきがは、手術さえすれば、一瞬で解決できると言える。

汗臭い体臭は、朝にシャワーを浴びたり、こまめに汗を拭き取ったりすれば、においが抑えられます。 さらに、ストレス発散や食生活を見直していけば、根本的な改善もできます。 その反面、わきがの根本対処は、少し大変です。 わきがは、体質です。 デオドラントを使って、体臭を抑えることはできますが、根本対処ではありません。 もし完全な対処を望むなら、アポクリン腺を取り除くしかありません。 つまり、手術なのです。 脇の皮膚をめくり、アポクリン腺を取り除く方法です。 大げさな方法です。 多少費用がかかるのもネックです。 しかし、逆に考えてみましょう。 手術さえすれば、一瞬で解決できると言えるのです。 手術をした次の日から、ぱっと消えます。 完全に、わきがとはお別れです。 今までのにおいは何だったんだと思うほどです。 痛々しいように思えますが、麻酔をかけていれば、痛みはありません。 手術後には痛み止めをもらえますから、麻酔が切れても、痛みは小さいです。 経験豊富な医師がきれいに縫合すれば、手術跡も最小限に抑えられます。 手術時間も、方法によりますが、たいていは30分ほどです。 わきがはにおいが強いため、解決までに時間がかかりそうですが、実は一瞬で解決できるのです。 必要なのは、少しの勇気と費用だけです。 それさえあれば、意外にもわきがは、あっさり解決できる悩みなのです。 わきがを完全に治したければ、手術を検討する。

29
★3

わきがの一時的な治療なら、ボトックス注射という方法もある。

わきが対策の1つに「ボトックス注射」があります。 ボトックス注射とは、ボツリヌス菌が作る毒素によって、神経伝達物質の放出を抑える治療法です。 神経伝達物質の放出が抑えられると、その部分の皮膚の活動も、一時的に抑えられます。 毒素とはいえ、無毒化された毒素ですから、体への悪影響はありません。 たとえば、眉間に注射すれば、眉間に力が入らなくなるので、しわをなくす効果があります。 顎やフェイスラインに注射すると、力が入らなくなることで筋力が衰え、小顔効果が得られます。 ボトックス注射は、美容目的で使われることが多いのですが、わきが体質にも効果があります。 脇の下に注射すると、アポクリン腺の活動が抑えられ、脇の汗が抑えられるのです。 においの7割を抑えられると言われています。 ただし、効果は一時的です。 持続効果は、およそ6カ月です。 たとえば、汗をかきやすい夏の前に注射すれば、夏の数カ月間は、汗とにおいから解放されます。 注射ですから、一瞬で終わります。 手術に比べると、処置時間が短く、費用も安く、跡も残らない特徴があります。 一時的な効果も、メリットだと考えることもできるのではないでしょうか。 「とにかく手術が苦手」 「できるだけ費用はかけたくない」 「跡を残したくない」 手術の苦手な人が、手間と費用を抑えるなら、選択の価値は大いにあるでしょう。 手術の苦手な人は、ボトックス注射を検討する。

30
★3

病気のサインである体臭を見分ける、2つのポイント。

「年を取れば誰でもにおうものだ」 「口臭は誰にでもあって当然」 「運動して、汗のにおいがして、何が悪い」 こういう考え方も、一理あります。 加齢臭は、年を取れば、誰でもある程度は発生するものです。 人間なら誰でも食事をしますから、多少の口臭はあって当然です。 運動すれば汗をかきますから、汗臭くなるのは当たり前です。 小さなことにも動じない考え方は大切です。 「素晴らしい」と思います。 もちろん極端な不衛生は周囲の迷惑になるので、改善すべきですが、小さな体臭は、誰にでもあるものです。 しかし、においに動じなければ、万事がうまくいくとは限りません。 その体臭が、病気のサインである可能性もあるからです。 病気かどうかを見分けるのは、なかなか難しいものです。 病気のサインであると見分けるための、目安があります。 ▼病気のサインと考えられる2つの体臭 (1)急ににおい始める体臭 今までは何もにおわなかったのに、突然におい始めるのは、不自然です。 単なる衛生上の問題ではなく、体の内部で、何らかの大きな変化がある可能性があります。 (2)極端にひどい体臭 体臭は、一般的に、不衛生が原因です。 汚れたようなイメージを連想させる、くさいにおいが中心です。 しかし、あまりに限度を超えるような異臭の場合は、不衛生以外が原因である可能性があります。 ▲ 上記のような状況に当てはまるなら、何らかの病気のサインである可能性があります。 体臭ばかりを気にしすぎるのは精神的によくありませんが、気にしておきたい体臭があるのもたしかです。 念のため、総合病院など大きな医療機関で総合的に見てもらうことをおすすめします。 「急ににおい始める体臭」と「極端にひどい体臭」の場合は、病気のサインではないかと疑う。

同じカテゴリーの作品