体臭対策

加齢臭を抑える
30の対策

お気に入り1 読んだ
22

香水とはいえ、
本当に香りがいいと思うかは、
個人差がある。

香水とはいえ、本当に香りがいいと思うかは、個人差がある。 | 加齢臭を抑える30の対策

体臭は、汚れがたまってからにおい始めるとは限りません。

時には、わざわざ自分で体臭を作り出していることがあります。

香水です。

いい香りがするはずの香水ですが、本当に「いい香りか」は個人差があります。

思い出しましょう。

ショップでたくさん並んだ香水を一つ一つ手に取って、香りを確認します。

「いい香り」と思うものもあれば「苦手な香りだ」と思うものもあるでしょう。

まさにその状況です。

香水とはいえ、本当に香りがいいと思うかは、個人差があります。

自分がいい香りだと思っている香水は、ほかの人には、悪臭と感じるかもしれないのです。

しかも自分のお気に入りの香水ほど、つけすぎてしまう傾向があります。

「こんなにいい香りのする香水はない。もっといい香りを出して、自分をアピールしたい」

無意識のうちに、香水の量が増えてしまう。

自分がいい香りだと思っているから、量を増やしたくなる潜在意識が働くのです。

結果、香水をかける量が多すぎてしまうのです。

どんなにいい香りがする香水も、つけすぎると、ダメです。

雰囲気を壊します。

食事や飲み物の味を壊します。

自分が気持ちのいい香りだと思っている香水が、他人からは体臭だと誤解されることもあります。

「自分は勘違いをしているかもしれない」と思うことが大切です。

自宅だけで楽しむならいいのですが、公共の場で使うときには、注意が必要です。

こうした状況に気づくと、香水に対する考え方は変わっていくことでしょう。

もちろん香水を完全否定するつもりはありません。

 

しかし、確実に体臭を防ぐ目的があるなら、香水は控えるほうが無難です。

わざわざ香水をつけるより、あえてつけないほうが、賢明なのです。

まとめ

加齢臭を抑える対策 その22
  • 香水のつけすぎには、気をつける。
石鹸だけつけて、満足していませんか。

もくじ
加齢臭を抑える30の対策
香水とはいえ、本当に香りがいいと思うかは、個人差がある。 | 加齢臭を抑える30の対策

  1. 加齢に伴うにおいがある。
    それが加齢臭だ。
  2. 加齢臭は、努力しだいで、治せる体臭だ。
  3. 加齢臭は、たるんだ言動から、作られる。
  4. 「中年くさい」と呼ばれる本当の原因は「今さら」と思っている心だ。
  5. いらいらしやすい人ほど、加齢臭も強くなりやすい。
  6. きゅっと口を閉じて鼻呼吸を心がけるだけで、5歳も10歳も、若返って見える。
  7. においの強い食品と、体のにおいに、直接の関係はない。
  8. くさい納豆には、体のにおいを消す力がある。
  9. なぜ嗅覚は、順応しやすいのか。
  10. タバコを吸った後の軽いうがいが、口臭を軽減させる。
  11. タバコをやめても、タバコのにおいが消えない。
  12. 体質を改善させるには、最低でも1カ月は必要だ。
  13. 笑顔でサラダを食べると、ドレッシング抜きでも、十分おいしい。
  14. おいしいお酒も、体臭の原因になる。
  15. 自分で作ったコーヒーは、どんなに苦いコーヒーでも、ぐいぐい飲める。
  16. コーヒーの残りかすは、消臭剤として活用できる。
  17. 汗臭くなるのが嫌だから運動しないのは、においやすい体質を悪化させる。
  18. お茶は、飲めるマウスウォッシュ。
  19. 仕事の関係で家に帰れず、お風呂に入れなかったときの対処方法。
  20. 防虫剤のにおいは、熱と水分に弱い。
  21. 更年期を迎える女性が、汗をかきやすくなる理由とは。
  22. 香水とはいえ、本当に香りがいいと思うかは、個人差がある。
  23. 石鹸だけつけて、満足していませんか。
  24. 香りの付いた整髪料は、体臭と誤解されやすい。
  25. プロの垢擦りサービスの人に言われる、意味深長な言葉の意味とは。
  26. 太っている人ほど、汗も体臭も、ひどくなりやすい。
  27. 大豆食品は、汗を抑える効果がある。
  28. 美肌や汗の抑制に効果のある大豆食品も、食べすぎには要注意。
  29. 糖尿病による体臭もある。
  30. 仕方ない体臭は、知らないふりをするのが、一番かっこいい。

同じカテゴリーの作品