人生の教科書



体臭対策
体臭を香水でごまかそうとするのは、逆効果。
食事マナー
どぎつい香水やオーデコロンは、食欲を減退させる。
ファッション
香水をつけるのは、取り扱う自信がある場合のみ。
自信がなければ、つけない。
ビジネスマナー
香水も、度が過ぎれば悪臭になる。
デート
香水の本当の目的は「いつもとは違う私」を意識させること。
人付き合い
香水は、強すぎないことが大切。
体臭対策

加齢臭を抑える
30の対策

お気に入り1 読んだ
22

香水とはいえ、
本当に香りがいいと思うかは、
個人差がある。

香水とはいえ、本当に香りがいいと思うかは、個人差がある。 | 加齢臭を抑える30の対策

体臭は、汚れがたまってからにおい始めるとは限りません。

時には、わざわざ自分で体臭を作り出していることがあります。

香水です。

いい香りがするはずの香水ですが、本当に「いい香りか」は個人差があります。

思い出しましょう。

ショップでたくさん並んだ香水を一つ一つ手に取って、香りを確認します。

「いい香り」と思うものもあれば「苦手な香りだ」と思うものもあるでしょう。

まさにその状況です。

香水とはいえ、本当に香りがいいと思うかは、個人差があります。

自分がいい香りだと思っている香水は、ほかの人には、悪臭と感じるかもしれないのです。

しかも自分のお気に入りの香水ほど、つけすぎてしまう傾向があります。

  • 「こんなにいい香りのする香水はない。もっといい香りを出して、自分をアピールしたい」

無意識のうちに、香水の量が増えてしまう。

自分がいい香りだと思っているから、量を増やしたくなる潜在意識が働くのです。

結果、香水をかける量が多すぎてしまうのです。

どんなにいい香りがする香水も、つけすぎると、ダメです。

雰囲気を壊します。

食事や飲み物の味を壊します。

自分が気持ちのいい香りだと思っている香水が、他人からは体臭だと誤解されることもあります。

「自分は勘違いをしているかもしれない」と思うことが大切です。

自宅だけで楽しむならいいのですが、公共の場で使うときには、注意が必要です。

こうした状況に気づくと、香水に対する考え方は変わっていくことでしょう。

もちろん香水を完全否定するつもりはありません。

 

しかし、確実に体臭を防ぐ目的があるなら、香水は控えるほうが無難です。

わざわざ香水をつけるより、あえてつけないほうが、賢明なのです。

まとめ

加齢臭を抑える対策 その22
  • 香水のつけすぎには、
    気をつける。
石鹸だけつけて、満足していませんか。

もくじ
(加齢臭を抑える30の対策)

同じカテゴリーの作品