人生の教科書



体臭対策
足の裏をしっかり洗っていますか。
体臭対策
なぜ手のひらと足の裏は、よく汗をかくのか。
体臭対策
足のにおいがひどい人は、実は繊細な心の持ち主だ。
体臭対策
靴のサイズと足のにおいの意外な関係。
人生論
個と全体が一体化して、初めて本来の力が発揮される。
成功哲学
夢とは、マッチ棒のようなもの。
摩擦がないと、火がつかない。
体臭対策

足のにおいを抑える
30の対策方法

  • 1日に足から出る汗の量は、
    なんとコップ1杯分。
足のにおいを抑える30の対策方法

もくじ

1
★3

1日に足から出る汗の量は、なんとコップ1杯分。

じわりじわりと足から出る汗。 汗はなぜ臭いやすくなるかというと、まずは汗の量です。 人の体の中で汗をかきやすい部分は、2カ所あります。 手のひらと足の裏です。 汗をかくといえば、温度を下げるためというイメージがありますが、手のひらと足の裏は、少し別の事情があります。 摩擦を作るためです。 私たちがまだ猿人だったころ、滑りにくくするため、手のひらと足の裏に汗をかくようになりました。 絶えず汗をかいて、摩擦を作り出しているのです。 しかも手と違って足は、履物を履くため、蒸れやすい部分です。 家の中では、スリッパを履きます。 外出するときは、シューズ、革靴、ハイヒールなどを履きます。 蒸れている状態が、ほぼ1日続くと言っても過言ではありません。 体の中で最も汗をかきやすいといえば、足の裏と言ってもいいでしょう。 そんな足の裏は、1日にどのくらいの汗をかくと思いますか。 驚くべきことに、1日に足から出る汗の量は、両足を合わせて、なんとコップ1杯分にもなると言われます。 想像してみましょう。 靴の中に、コップ1杯分の水を入れているイメージです。 「まさか考えられない」と思いますが、紛れもない事実です。 しかもこの量は、あくまで平常の場合です。 スポーツや営業職など、普段からよく歩く人は、さらに大量の汗が出ます。 高温多湿の状態が続くことで、雑菌が大繁殖して、異臭を放ち始めるのです。 体の面積から言えば、足の裏はほんのわずかですが、強い体臭を放ちやすいのです。 とりわけ体臭対策の中でも、特に足は、入念にしたいところです。 足から出る汗の量に、驚く。

2
★1

なぜ手のひらと足の裏は、よく汗をかくのか。

不安や緊張を感じたときに出る汗を「精神性発汗」といいます。 特に「手のひら」と「足の裏」は汗をかきやすいと思いませんか。 ささいなストレスを感じただけで、手のひらがびしょびしょになるくらい汗が出ることも、不思議ではありません。 これほどたくさんの汗が出ると「何かの病気ではないのか」と不安になりますよね。 いいえ、大丈夫です。 決して病気ではありません。 もともと人間の「手のひら」と「足の裏」は、よく汗をかくのです。 では、ここで素朴な疑問が湧きます。 なぜ精神的ストレスを感じたとき「手のひら」と「足の裏」に限って、よく汗をかくのでしょうか。 それは、人がまだ原始人だったころの名残があるためです。 猿人だったころ、今日の食料を獲得するため、武器を持って獲物を追いかけていました。 またあるときは、敵から逃げるために、必死に走りました。 このとき、足の裏と手のひらが重要でした。 武器を持って走るとき、手足がつるつる滑っては、仕事になりません。 命にも関わります。 手のひらや足の裏に汗をかくことで摩擦を作り、滑りにくい状況を作っていたのです。 そうした昔からの名残が体に残っているため、手のひらと足の裏は、よく汗をかくのです。 決して病気ではありません。 ただし、汗をよくかきやすいのが病気ではないとはいえ、汗によって汚れてにおいやすくなるのは、事実です。 トイレから出るときは、手をこまめに洗いましょう。 バスタイムでは、足の裏の隅々まで、きれいに洗いましょう。 手や足をしっかり洗うことで、においは抑えられるのです。 手のひらと足の裏は、特に清潔に保つ。

3
★1

においの快不快は、生まれてからの経験によって、決まる。

においに、善しあしはありません。 「いいにおい」と「悪いにおい」を決めるのは、人間です。 そう判断する、人の脳があります。 においの快不快を判断する流れを見てみましょう。 バラのにおいを嗅いだとき、においの分子が鼻の中にある嗅細胞を刺激します。 刺激は、一種の電気信号になった後、脳の大脳皮質の嗅覚中枢へと伝わります。 この時点ではまだ、においの快不快は、判断されません。 刺激が、大脳辺縁系に到達してから、においの好き嫌いが判別され、喜怒哀楽の感情が伴います。 では、何を持って、快不快を判断するのかというと「生まれてからの経験」です。 実のところ、人間は生まれたとき、においの善しあしがない状態で生まれます。 生まれたとき、いいにおいか悪いにおいか、分かりません。 生まれてから、においに関する経験を重ねることで、においの善しあしが記憶されます。 たとえば、幼いころ、親がバラの花のにおいを嗅ぎ、嬉しそうな顔をしているのを見て「これがいいにおいなのだな」と判断します。 親が糞のにおいを嗅いだとき、嫌な顔をするのを見て「なるほど。これは悪いにおいなのか」と判断します。 こうした経験を重ねることで、においの好き嫌いを、覚えるのです。 生まれたばかりの赤ちゃんに糞のにおいを嗅がせても、平気な顔をします。 欧米では、わきがが一般的ですから、脇のにおいは問題視されません。 世の中には、汗のにおいが好きな人もいますし、バラの香りが苦手という人もたくさんいるわけです。 足のくさいにおいが大好きという人さえいるから、驚きです。 においの記憶は人それぞれですから、においに伴う快不快も、個人差があるのです。 この点が大切です。 自分がいいにおいだと思う価値観を他人に押し付けようとすると、トラブルに発展することがあります。 たとえば、香水です。 自分がいい香りだと思っても、他人には異臭と感じることがあります。 「なぜ、この香りのよさが分からないの!」と思いますが、そういうものなのです。 においの価値観は、人それぞれだという理解が必要なのです。 においの快不快の正体は、過去の記憶であると、理解する。

4
★4

足の裏をしっかり洗っていますか。

体の中で最も汗をかきやすいのは、2カ所あります。 手のひらと足の裏です。 なぜ、手のひらと足の裏なのかというと、摩擦を作る「滑り止め」の意味があるからです。 人間がまだ猿人だったころ、走ったり手で物をつかんだりするときに滑らないよう、汗をかくことで摩擦を作っていました。 汗をかく量には個人差はありますが、手のひらと足の裏が汗をかきやすい特徴は、誰もが同じです。 汗をかきやすいわけですから、菌も繁殖しやすく、においも発生しやすいのです。 にもかかわらず、お風呂場では、うっかり足の裏を洗い忘れやすい傾向があります。 何となく足元は、軽く見てしまう傾向があります。 たとえ足の裏を洗っても、手を抜いてしまいがちです。 足の裏は手が届きにくいためか、軽く洗ってしまいやすいのです。 あなたが体を洗うときはいかがですか。 足の裏を、きちんと洗っていますか。 洗っていても、手を抜いている様子はありませんか。 足は、角質も分厚いですから、さっと洗うよりしっかり洗うことが大切です。 足の指と指の間まで、しっかり汚れを落とすようにしましょう。 顔はごしごし洗うのはいけませんが、足の裏だけはごしごし洗ってもOKです。 忘れやすい足の裏まで、しっかり洗う。

5
★3

足の裏の汚れは、石鹸やタオルを滑らせるだけでは、不十分。

足の裏の皮膚は、特殊です。 足裏には、皮脂腺がまったくないので乾燥しやすい部分です。 しかも、全体重がのしかかる部分です。 柔らかい皮膚も、乾燥と圧迫によって、硬く分厚くなるのです。 顔の肌の角質層はおよそ28層であることに対して、足の裏の角質層は、100層以上もあるといわれています。 分厚くて、硬くて、汚れも落ちにくい特徴があるのです。 しっかり洗えばきれいに落ちるだろうと思いますが、そうもいきません。 一度硬くなった角質は、普通に石鹸をつけたタオルだけでは、なかなかきれいに落ちてくれないのです。 足の裏の角質がきれいに落ちないと、靴下を履いて歩いたとき、汚れやすくにおいの原因にもなります。 落ちにくいから、ほうっておく。 ほうっておくから、余計に硬さと厚みが増して、汚れがたまっていくという悪循環です。 あなたが最後に足の裏の角質を取ったのは、いつですか。 「洗った時期」ではなく「取った時期」です。 「え? 足の裏の角質なんて取ったことがない」 足の裏の汚れは、石鹸やタオルを滑らせるだけでは、不十分です。 足の裏の角質は、特別に硬いわけですから、洗い方も少し工夫が必要です。 「軽石」や「やすり」などの道具を使いましょう。 ごしごしこすって、無駄な角質を落とします。 薬局では、足の裏の角質を柔らかくするジェルやクリームなども、販売されています。 好みに合わせて使ってみましょう。 分かりにくければ、薬局の店員に聞くと、案内してくれるはずです。 あなたの足の裏は、今、どのくらい分厚くなっていますか。 いつの間にか、厚みと硬さが目立っていれば、ぜひとも今日からケアをしましょう。 足の裏の角質除去をする。

6
★4

私がショックを受けた、削らないタイプのフットケア商品。

ちょっと聞いてください。 先日、すごい体験をしました。 薬局に立ち寄って、ぶらぶら商品を眺めていると、一風変わったフットケア商品を見かけました。 「削らないタイプの角質ケア商品」です。 今までのフットケアといえば、石鹸をつけたタオルで足の指の間を洗ったり、軽石で足の裏をこすったりする方法でした。 説明書を読むと、特殊な液を足の裏に浸して、古くなった角質を剥がれやすくすると書かれています。 パッケージには、足の裏の古い角質が、きれいに剥がれる写真が載っています。 ピーリングのように、その液体が古い角質を浮かせて、剥がれやすくするようです。 最初私は「大げさだ」と思っていました。 使ったとしても「さすがにここまではならないだろう。少しくらい取れればいいかな」という気持ちでした。 そう思いながらも「まあ、面白そうだな」という興味本位で買ってみました。 箱を開けてみると、液体の入ったスリッパのようなものが入っていました。 「なるほど。顔にするピーリングを、足の裏にもする感じなのか」 スリッパを履いて、足の裏を液で湿らせ、その状態で2時間ほど待つと書かれています。 ぴりぴりした痛みはありません。 雨でずぶ濡れになった靴を履いている感じです。 パッケージには「使用後、5日から7日後くらいから皮がむけ始めます」と書かれています。 どうやら、使い終わってすぐ皮がむけるわけではないようです。 使い終わっても、数日間、足はいつもと変わりありませんでした。 「毎日足を入念に洗っているから、垢が全然取れなかったのかな。あまり意味がなかったかな」 そう思った、数日後でした。 ふと足の裏を見て、びっくりしました。 足の裏の古い角質がむけ始めているではありませんか。 本当にパッケージの写真と同じ状態になっているのです。 むけるとはいえ、古い角質なので、痛みはまったくありません。 気持ちいいくらいきれいに剥がれて、快感です。 すごかったので、後日、職場の同僚にも勧めてしまいました。 それを使った後、足の皮膚も柔らかくなりましたし、足からのにおいも小さくなったと感じます。 無駄な角質が取れたので、においも小さくなったのです。 疑わしい商品と思いますが、そんなことはありません。 薬局で売っているので、ぜひ試してみましょう。 足の裏の古い角質が取れ、快感です。 削らないタイプのフットケア商品を試してみる。

7
★2

黒い靴下を履くと「汚いなあ」と思う回数が減る。

私は、黒の靴下が大好きです。 20代前半から、黒の靴下しか、はいたことがありません。 衣類用の引き出しの中は、黒の靴下ばかりが並んでいます。 ビジネスでは、黒の靴下が定番ですが、それだけの理由ではありません。 黒は、汚れが1番目立たないメリットがあるのです。 白の靴下の場合、わずかな汚れがひどく目立ちます。 足の垢の汚れがつくと、すぐ茶色に変色します。 そうするようになったきっかけがあります。 昔、まだ白の靴下を履いていたころ、白の靴下の汚れが見えて「汚いなあ」と思っていた時期がありました。 私は「汚いなあ」と思う瞬間を、人生で1つでも減らしたいです。 「汚いなあ」と思うと、食事もまずくなりますし、気分も悪くなります。 足元だからこそ、少し汚れているだけで、くさそうに見えます。 そこで行き着いたのが、黒でした。 黒は、汚れても、目立ちにくいです。 もちろん黒い靴下も使うほど汚れますが、目立たないだけでも大違いです。 汚れが視界に入り「汚い」と思う回数が減ります。 これだけでも、気分の落ち込みがかなり減ります。 黒のほうが汚れは目立たないはずですから、他人を不快にさせる機会も減っているはずです。 そうした理由から、もっぱら靴下は黒一色です。 余談ですが、靴下に限らず、アンダーウエアも黒で揃えています。 理由は、先ほどお話ししたとおりです。 黒い靴下を、はく。

8
★4

5本指の靴下に替えるだけで、足のにおいは小さくなる。

デパートの靴下売り場に行くと、5本指の靴下があります。 初めてみると「何てかっこ悪いんだろう。誰が履くのかな」と思います。 私は実家で農家を営んでいるため、5本指の靴下を見ると、まず「畑仕事」を連想してしまいます。 畑に向かう前、父や祖父はよく5本指の靴下を履いていました。 私も昔、畑仕事をする関係で、無理やり5本指の靴下を履かされていた時期があります。 見た目がかっこ悪いので、嫌だなと思っていました。 おじさんやおばさんが履くものかと思いますが、そうとは限りません。 実は、この5本指の靴下には、足のにおいを防ぐ効果があります。 足の中で最も蒸れやすいのは、足の指の間です。 普通の靴下では、足の指の間に綿が触れないため、汗の吸収が悪く、蒸れやすいのです。 一方、5本指の靴下は、足の指の間に綿が密着するため、汗をしっかり吸収してくれます。 靴下の先が足の指1本ごとに、密着するため、意外にも履き心地がいいのです。 足が地面にしっかり密着している感じがします。 できれば、単なる5本指の靴下ではなく、抗菌・消臭作用のあるものがおすすめです。 汗を吸収すると同時に、においもしっかり抑えてくれるのです。 足のにおい対策には、抗菌・消臭作用のある5本指の靴下を履く。

9
★2

かっこ悪い5本指の靴下を、普通の靴下に見せる裏技。

足のにおい対策に抜群の効果がある「5本指の靴下」。 綿が足の指1本1本に密着するので、汗のにおいを抑えることができます。 ただし1つ、デメリットがあります。 一番の難点は、かっこ悪いことです。 「中年」「畑仕事」というイメージがあり、少し田舎くさく見えるのです。 さて、ここで裏技です。 かっこ悪い5本指の靴下を、普通の靴下に見せる方法があります。 単純です。 5本指の靴下を履いた上から、普通の靴下を履けばいいのです。 靴下を2枚履く状態です。 こうすると、もはや完全に普通の靴下です。 しかも靴下を2枚履くので、いつもより足の汗をたっぷり吸収でき、においを抑える効果も高まります。 冷え性の人にも効果的です。 かっこ悪い欠点をなくすだけでなく、機能性も高まるのです。 5本指の靴下を履いた上から、普通の靴下を履く。

10
★1

穴のあいた靴下を、通気性がいいものと勘違いしない。

友達の家に遊びに行った、ある日のことです。 靴を脱いで家に上がってしばらくして友達の足元を見ると、靴下に穴があいているのに気づきました。 本人は気づいていないのかと思い「穴があいているよ」と言うと、うまい反論をされたことがあります。 「これはこれでいい。穴が開いているほうが、通気性がいい」 本気なのか冗談なのかは分かりませんが、なかなかうまいことを言うなと思いました。 「うまいことを言うだろう」という彼の表情に「してやられた」という私です。 お互いに大笑いです。 ただ、筋の通った反論に納得しそうになりますが、彼の理屈には、重大な穴がありました。 たしかに靴下に穴があいていると、通気性がよくなります。 しかし、穴があいたままの靴下で靴を履いていると、その部分は汗が吸収されず、雑菌の繁殖が始まります。 靴下の通気性はよくなるかもしれませんが、靴の中が蒸れやすくなり、かえってにおいやすくなるのです。 穴があいたところから出た汗によって、靴の内側が雑菌だらけになれば、靴そのものの寿命も短くしてしまいます。 穴があいた靴下を、通気性がいいものと勘違いしないことです。 穴があいた靴下は、寿命です。 たとえ穴があいていなくても、穴があきそうなほど布が薄くなれば、交換タイミングです。 布が薄いと、汗の吸収が悪いため、靴の中が群れやすくなるのです。 使い切ったことに感謝して、新しい靴下に買い換えるようにしましょう。 穴のあいた靴下は、すぐ履き替える。

11
★3

手の爪は切っても、足の爪を忘れていませんか。

足のにおいを強くする、隠れた原因の1つが、足の爪です。 あなたの足の爪は、今、どうなっていますか。 ちょっと確認してみましょう。 普段の意識として、手に比べて足は、優先度が低くなりがちです。 手の爪はきちんと切ることができても、足の爪を切り忘れていることが多いのではないでしょうか。 爪の間に垢がたまりやすくなると、垢の部分から雑菌が繁殖して、悪臭を放ち始めます。 伸びてから、切るのではありません。 伸びる前に、切るようにします。 足の爪も、手の爪と同様、理想は1ミリ以下です。 決して短すぎる長さではありません。 そのくらい短く切っておけば、お風呂場で足を洗うときも、爪の間の垢をきれいに取れます。 手と足の爪を、ばらばらのタイミングできると、うっかり切るのを忘れやすくなります。 手の爪を切るときに、足の爪も一緒に切る習慣をつけておくと、忘れにくくなります。 足の裏は、ただでさえ汗をかきやすい部分です。 より、清潔を維持できるよう意識を向けるようにしましょう。 足の爪も、きちんと切る。

12
★2

蒸れにくい靴と蒸れやすい靴。

「履物」には、蒸れにくいものもあれば、蒸れやすいものもあります。 あらかじめ蒸れにくい履物を知っておくと、足の蒸れやにおいを防げます。 蒸れやすさに応じた関係は、次のようになります。 「合皮の靴、ハイヒール>本革の靴>シューズ>サンダル、スリッパ>素足」 特に注目していただきたいのは「合皮と本革の違い」です。 やはり一番蒸れやすいのは「合皮の靴」や「ハイヒール」です。 ゴムや合皮などは、完全に空気を通しません。 熱も空気も逃がしにくくなり、高温多湿で蒸れやすくなります。 次に通気性がいいのは「本革の靴」です。 知られていませんが、合皮より本革のほうが、蒸れにくいです。 人の肌と同じです。 人の肌には、毛穴という小さな穴があるように、本革にも小さな穴があります。 本革にも、小さな空気の通り穴が存在するため、湿気が逃げやすく、蒸れにくくなるのです。 次に通気性がいいのは「布製のシューズ」です。 靴の中の空気が布繊維の隙間から逃げやすいため、蒸れにくくなります。 次に蒸れにくいのは「サンダル」や「スリッパ」です。 最も蒸れないのは、やはり素足です。 こうした関係を頭に入れておき、できるだけ蒸れにくい履物を選ぶようにしましょう。 職場に出社するときは革靴を履き、出社してからサンダルに履き替えるように心がければ、足の蒸れを最小限に抑えられます。 時と場合が許すかぎり、蒸れにくい履物を履くことで、足の蒸れやにおいを防ぐことができるのです。 履物の種類に応じて蒸れ具合を、把握しておく。

13
★2

靴のサイズと足のにおいの意外な関係。

靴のサイズと足のにおいには、関係があることをご存知ですか。 自分のサイズより小さめの靴を履いていると、足元がにおいやすくなります。 足に無理な圧迫感が加わることで、足の裏の汗が増えるのです。 靴の通気性も悪くなりますから、より足が蒸れて、においやすくなるのです。 では、逆に、靴のサイズが大きめならいいのかというと、それもよくありません。 自分のサイズより大きいと、歩くたびに、靴の中がこすれます。 そもそも足の裏から汗をかくのは、地面との摩擦を作り出す「滑り止め」が目的です。 だぶだぶした感覚が脳へ伝わると、摩擦を作るために、足の裏の汗を増やそうとします。 通気性はよくても、足の違和感のため汗をかきやすくなるのです。 だぶだぶする不自然さのため、足も疲れやすくなります。 では、どういうサイズの靴がいいのかというと、やはり自分の足のサイズに合ったものが一番です。 かかとからつま先まで、無理な圧迫がなく、自分の足のサイズにあった靴を履くようにしましょう。 かかとも、できるだけ低いものを選びます。 自分の足のサイズに合った靴が、足のにおいを一番抑えてくれるのです。 自分の足のサイズにあった靴を履く。

14
★6

靴下だけで十分と思うか、インナーソールまで入れるかは、天と地の差。

ワイシャツの下には、下着を着るのが一般的です。 裸の上に、直接ワイシャツを着ると、汗をかいたときにべたつきます。 乳首も透けて見えるので、嫌です。 下半身も、同じです。 トイレにいくたびに汚れやすいわけですから、下着をはいて、汗や汚れが外に出るのを防ぎます。 足には、靴下を履きます。 足から出る汗を吸い取って、清潔に保つのです。 こうした下着類は、男女や年齢に関係なく、最低限の身だしなみですね。 さあ、これで完璧だと思いますが、ちょっと待ってください。 見ていただきたいのは、足元です。 すでに靴下を履いているわけですが、本当にそれで十分でしょうか。 足元は、体の中でも特に汗をかきやすい部分です。 しかも靴を履いていると、靴の中で蒸れやすい。 靴下だけでもいいのですが、もう一工夫、加えてもいいのではないでしょうか。 そこでおすすめしたいのは「インナーソール」です。 インナーソールとは、吸水性のある中敷きのことです。 足の裏から出る汗を効率よく吸い取り、蒸れを防ぐ効果があります。 抗菌タイプなら、雑菌の繁殖も防ぐことができるようになります。 「抗菌性の靴下」と「抗菌性のインナーソール」のダブル効果によって、足のにおいはさらに抑えられます。 家に帰れば、インナーソールを靴から取り出して、洗ったり乾かしたりしましょう。 靴の中の汚れを抑えることができるため、靴の寿命も長持ちします。 ここまでできれば、完璧なのです。 靴下に加え、靴の中にはインナーソールも入れておく。

15
★6

靴下を洗っても、靴を洗い忘れては、意味がない。

靴下は、衣類と一緒に洗濯します。 衣服も下着も靴下も、洗濯機に放り込んで、スイッチオンです。 洗濯という習慣の一部ですから、下着も靴下も、洗い忘れることはありません。 忘れやすいのが、靴です。 衣類の洗濯には注意が向いても、靴には注意が向きにくく、ほうっておくことが多いのです。 たとえ注意が向いたとしても、布製ではない靴を、洗濯機に放り込むわけにもいきません。 「まあ、今度あらためて洗濯しよう」と思ったまま、ずっと洗わずに、放置されるのです。 なかには「洗ったことがない」という人さえいることも、しばしばです。 靴も定期的に、洗うものです。 靴の中は、高温多湿で、蒸れやすい部分です。 雑菌にとって、これほど繁殖しやすい条件はありません。 雑菌の温床となりやすい部分です。 ある程度、汚れや雑菌がたまると、足の汗とともに、強烈な悪臭を放つようになります。 せっかく靴下がきれいになっても、靴が汚れているのでは意味がありません。 足は鼻から離れていても、足元のにおいは下から上へと上り、体全身を包み込んでしまうのです。 あなたが履いている靴を最後に洗ったのは、いつですか。 靴下と同様、靴も、定期的にきれいに洗うことが大切です。 毎日洗濯するのは大変ですから、毎日履き終われば、せめて消臭スプレーを吹きかけておくだけで、かなり快適になります。 靴の汚れに応じて、1、2週間に1回は、洗濯しましょう。 定期的に靴も、洗う。

16
★0

「スーツにサンダル」という型破りなスタイルが、業務効率を劇的に向上させる。

お世辞にも、ビジネスシューズは、通気性がいいとは言えません。 合皮より革靴のほうが、通気性は若干よくなります。 ただいずれにせよ、足が蒸れることには変わりありません。 足元の蒸れは、集中力を奪います。 気にしないようにしても、足がじめじめねとねとした状態は、不快感があるのです。 足の中で温かくなった空気は、下から上に上がっていく性質があります。 仕事中、自分の足のにおいで吐き気がします。 型にこだわりすぎて、仕事の効率が落ちては仕方ありません。 「スーツにはビジネスシューズ」という形式を重んじる姿勢はいいのですが、業務効率を上げるなら、型破りな方法も必要です。 それが「スーツにサンダル」というスタイルです。 出社すれば、通気性のよいサンダルに履き替えるようにしてみましょう。 ふざけているような話ですが、真面目な提案です。 靴を脱いでサンダルに履き替えることで、蒸れもにおいも、すっかりなくなります。 足がさらさらして気持ちいいので、仕事にも集中しやすくなります。 サンダルに履き替えている間、ビジネスシューズを休ませる効果もあります。 お客様との打ち合わせや外出をするときだけ、ビジネスシューズに履き替えれば、業務に支障もありません。 職種にもよりますが、職場で靴の履き替えが許されていれば、ぜひ試してみましょう。 もし許されていなければ、社内の業務効率の1つとして、提案するといいでしょう。 仕事中のストレスが軽くなり、集中力が向上します。 「スーツにサンダル」という型破りなスタイルが、業務効率を劇的に向上させるのです。 出社してから、サンダルに履き替える。

17
★5

同じ靴を、毎日履き続けない。

靴が1足しかないと、毎日履くことになります。 生活には困りませんが、においの面では最悪です。 足の裏は、体の中でも最も汗をかきやすいところです。 菌は湿気があると、大量に繁殖します。 毎日、同じ靴を履き続けると、翌日までに靴の中の湿気が取りきれません。 菌の繁殖スピードが速くなるため、足がにおいやすくなるのです。 靴としての寿命も、短くなります。 できれば靴は、2足以上、用意しておきましょう。 毎日同じ靴を履くのではなく、別々の靴を日替わりで履き替えます。 最低でも、1日は、靴を休ませてあげたいところです。 1日休ませると、靴の中の湿気が取れます。 湿気が取れると、菌の繁殖が抑えられ、においも落ち着くのです。 靴の寿命も、長くなります。 経済的な面から、2足用意するのは大変かもしれませんが、そんなことはありません。 実際は靴を2足用意すれば、2倍以上も長持ちするので、実は経済的なのです。 3足用意すれば、3倍以上、長持ちします。 何足か用意することで、においも出費も抑えられるのです。 靴は最低でも2足用意し、日替わりで履き替える。

18
★4

靴の除湿剤は、風水アイテムだ。

仕事から家に帰って靴を脱いだら、除湿剤を入れておきましょう。 「わざわざ面倒」 「ほうっておけば、自然に湿気が取れるだろう」 おや、そんな声が聞こえてきそうですね。 たしかにほうっておいても、靴の中の湿気は自然に取れていきますが、大切なことを見落としています。 自然に靴の湿気が取れる代わりに、玄関がくさくなってしまうのです。 靴の中のくさい湿気が蒸発し、玄関の空気がよどみます。 足の裏のにおいがする玄関は、嫌です。 これほど雰囲気の悪い玄関はありません。 頻繁に出入りする家の玄関がくさいと、元気もなくなります。 お客さんが来たときは「この家はくさいにおいがするな」と思われるに違いありません。 除湿剤を入れるのは、単に除湿だけの意味ではありません。 湿気を取ると同時に、脱ぎ終わった靴の中からにおいも吸収させる意味もあるのです。 風水としても「玄関がくさいと、運気を下げる」と言われています。 そう考えると、除湿剤は運気アップのアイテムです。 湿気を早く取っておけば、靴の寿命も長くなります。 靴の中の湿気を積極的に取り除くことで、清潔な玄関を維持できるのです。 いつでも気持ちよく、お客さんを迎えられるのです。 仕事から帰って靴を脱いだら、靴の中に除湿剤や新聞紙を入れて、湿気を取る。

19
★4

新聞紙は、靴の除湿剤の代わりになる。

靴の中に除湿剤を入れておけば、靴の中の湿気を素早くきれいに取り除けます。 湿気を取るだけが目的ではありません。 靴の中のにおいを、玄関に充満させないためにも、除湿剤は大活躍します。 もし新聞を定期購読しているなら、わざわざ除湿剤を買う必要はありません。 新聞紙が、除湿剤の代わりになるからです。 新聞紙の紙を丸めて靴の中に入れるだけで、除湿剤の代わりになります。 新聞紙とはいえ、市販されている除湿剤に劣らない効果があります。 毎日、新しい新聞紙に交換すれば、市販の除湿剤よりきれいに取れることもあります。 使い終われば、捨てるだけです。 せっかく新聞紙があるなら、読むだけでなく、生活に生かして、最大限に活用しましょう。 新聞をもったいないと思う必要はありません。 最大限に活用してもらえるほうが、新聞も喜びます。 お金をかけずに、靴の寿命を延ばし、玄関の空気をきれいにできるのです。 財布に優しい生活の知恵です。 除湿剤の代わりに、新聞紙を使う。

20
★1

10円玉に消臭効果があるとはいえ、靴の中には入れるのはマナー違反。

日本の硬貨「10円玉」には、消臭効果があるのをご存知ですか。 10円玉のおよそ95パーセントは、銅でできています。 10円玉に含まれている銅には、イオンの力によって、においを発散させる効果があります。 脱ぎ終わった靴の中に、10円玉を3枚ほど入れておくと、靴の中のにおいが取れやすくなるのです。 有名な方法ですから、すでに知っている人もいるのではないでしょうか。 多くの書籍や情報サイトなどで、この方法を見かけます。 しかし、何か違和感がありませんか。 少なくとも私は、このやり方をおすすめしません。 「お金を靴の中に入れる」という行為そのものです。 お金を汚れた靴の中に入れるのは、よい扱い方とは言えません。 お金を粗末にしています。 そうした使い方を、お金は望んでいません。 かえって、お金に恨まれ、貧乏になるのではないか、と不安になります。 お金は、人の手に渡るものです。 靴の中に入れて汚れたお金を、再び財布に入れたり、ほかの人が触れたりするのは、衛生的にもよくありません。 10円玉に消臭効果があるとはいえ、靴の中には入れるのはマナー違反です。 基本的なお金の扱い方です。 10円玉を消臭剤の代わりに使えても、使わないようにする。

21
★3

冷え性の人は、水虫になりやすい。

「冷え性の人には、水虫の人が多い」 事実、統計データによると、冷え性の人ほど、水虫にもなりやすい傾向があります。 「冷え性」と「水虫」は、どうつながりがあるのでしょうか。 まず冷えで血行が悪くなると、最初に影響が出るのは、体の末端です。 手足などの末端が冷えることで、新陳代謝が低下します。 新陳代謝が低下すると、古い角質が落ちにくくなるため、汗をかくと雑菌が繁殖しやすくなります。 足の裏は汗をかきやすいところですから、たまった角質と混ざることで不衛生になり、くさいにおいが漂いやすくなります。 その状態がしばらく続けば、水虫へ発展しやすくなるのです。 冷え性の女性に水虫が多いのは、そのためです。 一番の根本対処は、やはり冷えの解消です。 定期的に運動することで、体の筋肉量を増やし、体を芯から温めましょう。 筋トレをして筋肉量を増やせば、体温が上がりやすくなります。 食事に、体を温める作用のあるショウガを含めるのも、いいアイデアです。 飲み物は、冷たいものより温かいものを飲みましょう。 忘れてならないのは、足の裏のケアです。 バスタイムには、足の裏を入念に洗いましょう。 軽石などを使って、足の裏の無駄な角質を取り除くことで、清潔な足の裏を保てます。 水虫対策として、冷えを解消させる。

22
★1

水虫によるにおいは、水虫が治らないかぎり、収まらない。

今だから言えるのですが、私は社会人になってから、水虫に悩んだことがあります。 今は治っていますが、当時は苦労しました。 社会人になり、1日中、靴下にビジネスシューズをはいていたため、足の環境が悪くなったのです。 ショックでした。 水虫になると、足からにおいが発生します。 単に「足がくさい」というレベルではありません。 卵が腐ったような、においがするのです。 足のにおいの予防といえば、足をしっかり洗ったり、通気性をよくしたりなどがあります。 「水虫も、足を入念に洗えば、すぐ治るだろう」と思います。 ところが、そう単純でなかったのです。 完治するのに、5年もかかってしまいました。 水虫に対する知識が乏しく、水虫をなめていたことが原因です。 足をきれいにして、通気性をよくする生活が続けば、一時的に収まります。 この「一時的に収まる」のが、厄介です。 何度これに騙されたか、分かりません。 実は、一時的に収まったように見えても、ほとんどの場合、皮膚の下で「休眠状態」になっているだけです。 水虫は「はくせん菌」と呼ばれる菌が、原因です。 この菌は、皮膚の奥深くにまで生息しているので、単に足を入念に洗ったくらいでは、治ってくれないのです。 治ったように見えても、皮膚の奥深くには、まだ菌が残っています。 油断すると、すぐ再発します。 「よし! 治ったぞ」というぬか喜びを、何度味わったか数え切れません。 治ったり再発したりという波が、何年も続きました。 水虫は、皮膚科の病院に行って治してもらうのが一番です。 水虫専用のクリームを処方してもらいましょう。 クリームを、数カ月から1年くらい塗り続けると、次第に収まってきます。 バスタイムでは足を入念に洗い、足の通気性をよくする生活を心がけましょう。 そういう苦労した経験があってから、足の状態には気を使うようになりました。 水虫をなめてかかると、苦労させられるのです。 水虫は軽く考えず、皮膚科できちんと見てもらう。

23
★3

黒酢を使った足湯には、水虫退治の効果がある。

自宅で簡単にできる、水虫治療法があります。 黒酢を使った足湯です。 水虫は、酸に弱い性質があります。 黒酢の主成分である酢酸は酸性であり、水虫の退治に効果的です。 酢酸は、大腸菌やサルモネラ菌も殺菌できるという強力な殺菌効果があります。 用意するのは「おけ」「40度のお湯」「黒酢」だけです。 1リットルの40度のお湯に対して、30ミリリットルの黒酢を入れましょう。 お酢の中でも、黒酢が最もおすすめです。 醸造されたお酢のほうが、発酵や熟成に長い時間をかけている分、体にいい成分がたくさん含まれているからです。 酢酸、クエン酸、乳酸などです。 水虫で荒れた足の皮膚の回復が、早くなります。 最初は、1リットルあたり30ミリリットルから始めますが、慣れてくれば50ミリリットルまで増やしても大丈夫です。 お酢が混ざったお湯に足を入れ、およそ10分、足湯を楽しみましょう。 最初は足がぴりぴりすることもありますが、水虫の原因であるはくせん菌が殺菌されている証拠です。 足湯が終わった後が大切です。 あえて足は水洗いをせず、タオルで拭くだけにしましょう。 足にお酢が残るため、はくせん菌が繁殖しにくい状態がしばらく続き、清潔な足の状態が維持できます。 およそ10日間続けると、水虫は改善されていることでしょう。 軽度の水虫なら、1週間ほどで改善が見られることもあります。 この方法は、水虫退治に限らず、一般的な足湯としての効果もあります。 足が温められることで、体中の血行がよくなり、疲れも取れやすくなるのです。 水虫退治とともに、日々の健康としてぜひお試しください。 黒酢を使った足湯で、水虫を治す。

24
★1

自宅にいるときは、素足とスリッパの組み合わせがいい。

足のにおいは、蒸れによって発生します。 高温多湿の状態は、雑菌が繁殖する絶好の条件です。 足が蒸れ続けることで、足の裏の雑菌がどんどん繁殖していき、悪臭を放ち始めるのです。 足のにおいを防ぐには、素足が一番です。 素足ほど、通気性のいい状態はありません。 しかし、自宅にいるときとはいえ、素足では抵抗がある人もいるでしょう。 床の上のほこりやちりによって、足の裏が汚れます。 足の裏からかく汗で、床やカーペットも汚れます。 それはそれで、足にも床にも、よくありません。 おすすめは、素足とスリッパの組み合わせです。 通気性のいいスリッパを履けば、足の裏も床も汚れることはありません。 汚れたスリッパは、洗濯すればOKなのです。 室内にいるときは、できるだけ素足でいる。

25
★1

海の砂浜をはだしで歩くのは、水虫退治に効果あり。

夏には、海に遊びに行くこともあるでしょう。 砂浜を歩くときには、サンダルを履くのが一般的です。 もちろんサンダルを履くのもいいのですが、せっかく海に遊びに来ているなら、砂浜を、足の裏で感じてみませんか。 やはり、はだしなのです。 はだしで歩けば、いかにも「海に来ました」という状態を、体で感じることができます。 気持ちいいだけではありません。 実は、砂浜をはだしで歩くのは、水虫退治にも効くとされています。 強い日差しによって温められた砂は、清潔で乾燥しています。 また、日光を浴びた砂には、大量のマイナスイオンが含まれています。 マイナスイオンには高い殺菌力があるため、水虫退治に効果があるのです。 乾燥した砂の上を歩くと、熱、乾燥、マイナスイオンのトリプル効果によって、足の深くにひそむ水虫を退治できるのです。 ただし、注意もあります。 砂に鋭いものが混ざっていることもありますから、足元に注意を払いながら歩きましょう。 もし砂浜の上をはだしで歩くことに抵抗があるなら、砂の上で足踏みするだけでも、十分な効果があります。 海に遊びに行くときは、砂浜をはだしで歩く。

26
★3

お手洗いの個室にいる時間を、足元を乾燥させる時間として活用する。

会社では、日中、靴下を履き続けることになります。 自宅とは違い、会社では、いつでも靴下を脱げるわけではありません。 しかし、1つ、自由に脱げる場所があります。 お手洗いです。 お手洗いに行って、大便をするとき、個室に入ります。 大便は小便より、用を足すのにしばらく時間がかかります。 このとき、用を足す時間を有効に使いましょう。 あらかじめ大便をすると分かっていれば、個室に入ってすぐ靴下を脱ぎます。 個室ですから、周りの目も気になりません。 洋式タイプの便座なら、座って用を足している時間に、靴下と足の蒸れが乾燥して和らぐのです。 5分から10分のわずかな間ではありますが、足の蒸れは和らいでいるはずです。 すべての人に勧めるわけではありませんが、足の蒸れが気になる人は、検討してもいい方法ではないでしょうか。 誰にも見られない場所なら、恥ずかしいことをしても、恥ずかしくありません。 足のにおいで周りに迷惑をかけるくらいなら、お手洗いの時間に少しでも解消させておくほうが賢明なのです。 お手洗いの個室で靴下を脱いで、足と靴下を乾燥させる。

27
★0

靴を脱ぎかけた状態も、れっきとしたマナー違反だ。

コーヒーショップでコーヒーを飲んでいると、足元の気になる状態を目にすることがあります。 靴を脱ぎかけた状態です。 おそらく足が蒸れているからなのでしょう。 靴の中でつま先立ちをした格好で、靴が半分、脱げているのです。 中には、完全に靴から足を出している人もいます。 私はこれが、気になるタイプです。 スーツを着ているにもかかわらず、ビジネスシューズを脱ぎかけにした足元は、不自然です。 目のやり場に困ります。 靴の状態を見た瞬間、せっかく整った上半身まで、だらしなく見えます。 こういう状態ほど、自分では見えない一方、他人からははっきり見えるものです。 自分からは、テーブルがあるため足元が見えませんが、離れた距離にいる他人からは、足元がよく見えるのです。 靴を脱ぎかけにしているのは、かっこ悪いです。 足からのにおいは、下から上へと上がっていきます。 悪臭が、ぷんぷん漂うのです。 におわなければいい問題ではありません。 においそうかどうかです。 たとえにおわない距離にいたとしても、見るからににおいそうな様子が伝わると、周囲を不快にさせるのです。 特に食事中に、そういう光景が視界に入ると、吐き気がします。 足が蒸れている状態は分かりますが、いくら何でも食事の場では控えてほしいものです。 靴を脱ぎかけにするのは、やめる。

28
★0

貧乏ゆすりをする人は、足がくさくなりやすい。

いらいらすると、自然と足を動かしたくなります。 貧乏ゆすりです。 いわゆる、ストレスを発散させようとする行動の1つです。 心のわだかまりを、体の一部を動かすことで、発散させようとしているのです。 そんな貧乏ゆすりには、足のにおいと関係があります。 運動で体を動かせば汗をかくように、貧乏ゆすりで足を動かせば、足も汗をかきやすくなります。 汗の量が増えることで、蒸れやすくなり、足もにおいやすくなるのです。 足を小刻みに動かすのは、周りから見ても、上品には見えません。 落ち着きがなく、動きが気になり、気が散ってしまいます。 もし貧乏ゆすりをしそうになったら、ガムを噛みましょう。 動かす部分を、足ではなく顎にすればいいのです。 ガムを噛むことなら、社会的に容認されています。 ガムを噛めば、同時に虫歯予防と口臭対策にもなります。 息がすっきりするのです。 貧乏ゆすりをしそうになったら、ガムを噛む。

29
★1

落ち着いて歩く習慣は、足のにおいを抑える習慣だ。

「時間がない。早くしなきゃ」 いつも慌てた様子で行動している人は、足がにおいやすくなります。 迷信ではありません。 理由は、2つあります。 1つ目の理由は「焦っている心理状態」です。 焦っている心理状態によって、汗をかきます。 精神性発汗です。 「早くしなきゃ」「時間がない」という精神的な焦りが影響し、普段より汗をかきやすくなるのです。 2つ目の理由は「早歩きによる運動量増加」です。 早歩きという運動によって運動量が増えるため、足に余分な汗をかきやすくなるのです。 落ち着きを持って、歩くようにしましょう。 落ち着くことで、心の乱れが抑えられ、余分な汗をかきにくくなります。 落ち着いて歩く習慣は、足のにおいを抑える習慣なのです。 落ち着きを持って、歩く。

30
★3

足のにおいがひどい人は、実は繊細な心の持ち主だ。

足の裏は、体の中で、最も汗腺が密集している場所の1つです。 さらに靴を履いているので、通気もよくありません。 そのため足は、ひどく汗が目立つのです。 1日に足から出る汗の量は、両足を合わせて、コップ1杯分にもなると言われています。 不快なにおいは、人の印象を損ねてしまう要因です。 足からくさいにおいがすると、その人の心まで腐っているようです。 そう思いたくはありませんが、そう思いやすい世間があります。 しかし、実際のところはどうでしょうか。 足から腐ったにおいがする人は、必ずしも、心まで腐っているとは限りません。 むしろ、逆かもしれないのです。 体を清潔にしているにもかかわらず、ひどくにおうなら、精神的な面が影響していると考えられます。 精神性発汗です。 たとえば、仕事なら「早く終わらせないといけない」「間違えないようにしよう」と思うことで、汗をかきやすくなります。 人間関係なら「人に迷惑をかけていないか」「自分にできることはないだろうか」と思うことで、汗をかきやすくなるでしょう。 「汗をかいては悩み、悩んでは、まだ汗をかく」という悪循環に陥ることがあります。 皮肉にも、繊細な心が、汗をかきやすい体質に生み出す一因になるわけです。 繊細な心の持ち主ほど、体臭になりやすいのです。 心が温かく繊細であることに、気づく。

同じカテゴリーの作品