人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
自分磨き
方法は、活用するにつれて強力になる。
スキンケア
無駄毛の処理で毛を抜く方法は、肌を傷める原因になる。
仕事効率化
回り道を進んでできる人が、強くなる。
ストレス対策
ストレスの本当の解決は、短期ではなく、長期で考えること!
生き方
鍵のかかった密室から脱出する方法。
スキンケア
できるだけ早い時期に、美肌になる方法を身につける。

わきがのにおいを
30方法

お気に入り9 読んだ
5

脇毛処理で、
いてはいけない理由とは

毛を抜くのは、においを抑える効果があります。

脇毛がなくなれば、わきが乾燥しやすくなるため、汗もかきにくくなります。

たとえ汗をかいても、余分な毛がなくなれば、脇からのにおいが外に向けて分散されるため、においを抑えやすくなるのです。

 

ただし、脇毛の処理なら、何でもいいわけではありません。

除毛方法にもさまざまな方法がありますが、注意したい処理方法があります。

毛を抜く方法です。

毛根から毛を抜く除毛方法は、おすすめしません。

手を使って、脇毛を抜く癖を持つ人もいますが、あまりしないほうが賢明です。

毛を抜くとき、毛穴や毛根に、強いインパクトを与えます。

このときの刺激が、わきがの原因であるアポクリン腺の働きを強め、かえってわきがを悪化させてしまうことがあるのです。

毛を抜くことで、毛穴が目立ちやすくなるデメリットもあります。

毛を抜いたときのダメージによって、毛根から出血して、毛穴が黒ずみやすいのです。

もちろん毛根からきれいに毛を処理できるメリットもあります。

 

しかし、においの悪化や毛穴の目立ちといったデメリットが大きいため、あまりおすすめできる方法ではないのです。

 

では、どういう除毛方法がいいのでしょうか。

一番いい除毛方法は、そることです。

安全かみそりを使いましょう。

安全かみそりは、肌への刺激もコントロールしやすいのがメリットです。

刃があるので危ないイメージがありますが、使い方しだいです。

力加減や使い方を上手にコントロールすれば、安全で低刺激に、除毛ができます。

肌を傷つけないように優しく滑らせれば、アポクリン腺を刺激することもないのです。

わきがのにおいを消す方法 その5

  • 脇毛処理するときは、
    くのではなく、
    そる
脇をきゅっと締めると、かえってにおいは、強くなる。

もくじ
(わきがのにおいを消す30の方法)

同じカテゴリーの作品