人生の教科書



体臭対策
香水とはいえ、本当に香りがいいと思うかは、個人差がある。
食事マナー
どぎつい香水やオーデコロンは、食欲を減退させる。
スキンケア
いい香りがするアロマオイルは、化粧品に含ませてもいいのか。
体臭対策
口臭は、人間関係を妨げる、見えない壁だ。
ビジネスマナー
香水も、度が過ぎれば悪臭になる。
緊張・あがり症
本物の花の美しさと香りには、緊張をほぐす力がある。
体臭対策

加齢臭を抑える
30の対策

お気に入り1 読んだ
24

香りの付いた整髪料は、
体臭と誤解されやすい。

香りの付いた整髪料は、体臭と誤解されやすい。 | 加齢臭を抑える30の対策

髪型を整えたり固定したりする目的で使う整髪料。

身だしなみの1つとして、愛用している人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、好感を得るための整髪料が、実は体臭の原因になっていることもあります。

問題になりやすいのは「香りの付いた整髪料」です。

体臭を紛らす目的で、香りのついた整髪料を使うと、トラブルを悪化させることがあります。

香りの好みは、人それぞれです。

自分はいい香りだと感じても、他人には、異臭と感じることがあります。

体臭と誤解されやすい傾向があるのです。

特に注意したいのは「においの変化」です。

体の中で最も皮脂の分泌が多いのは、頭皮です。

つけたときは爽やかな香りがしても、時間が経って頭皮の皮脂が混じると、激臭へと変わることがしばしばです。

しかも鼻は順応しやすいため、自分では異臭になかなか気づけません。

自分としては「つけた瞬間の爽やかな香りが、ずっと続いているだろう」と思います。

 

しかし、実際は、時間が経つにつれて頭皮の皮脂と混ざるため、においが悪くなるものなのです。

気づかないうちに、周りに迷惑をかけていることがあります。

香りの付いた整髪料は、体臭と誤解されやすいため、使用には注意が必要です。

体臭を抑えたければ、無難に無香タイプを選ぶのがおすすめです。

まとめ

加齢臭を抑える対策 その24
  • 特別な理由がないかぎり、
    整髪料は、
    無香タイプを選ぶ。
プロの垢擦りサービスの人に言われる、意味深な言葉の意味とは。

もくじ
(加齢臭を抑える30の対策)

同じカテゴリーの作品