体臭対策

加齢臭を抑える
30の対策

  • 加齢に伴うにおいがある。
    それが加齢臭だ。
加齢臭を抑える30の対策

もくじ
  1. 加齢に伴うにおいがある。
    それが加齢臭だ。

    体臭には、加齢に伴ってにおい始めるものがあります。
    加齢臭です。
    40代に入ったくらいから、におい始める人が多くなります。

  2. 加齢臭は、努力しだいで、治せる体臭だ。

    加齢臭は、その名のとおり、加齢に伴う体臭です。
    一般的には、40代以降に目立ち始めるにおいとされています。
    においの正体は「ノネナール」という物質です。

  3. 加齢臭は、たるんだ言動から、作られる。

    私はよく、レストランへ食事に行きます。
    レストランは、季節に応じてメニューが変わるので好きです。
    季節の旬を味わうために、よくレストランを利用しています。

  4. 「中年くさい」と呼ばれる本当の原因は「今さら」と思っている心だ。

    人生の中盤に差し掛かると、ふさいだ気持ちを抱きやすくなります。
    「仕事も慣れた。新しい恋愛をすることもない。世の中のことも、だいたい分かった。後はもう老いるばかりの人生だ」
    ときめきのない生活が続くと、独特の諦めが漂います。

  5. いらいらしやすい人ほど、加齢臭も強くなりやすい。

    「おやじくさいなあ」
    「おばさんくさいなあ」
    そう思って目をやると、眉間にしわを寄せた中年がいる。

  6. きゅっと口を閉じて鼻呼吸を心がけるだけで、5歳も10歳も、若返って見える。

    この文章を読んでいるとき、あなたの口元はどうなっていますか。
    ぼうっと口を開けながら、読んでいませんか。
    こういう何でもないときこそ、チェックする意味があります。

  7. においの強い食品と、体のにおいに、直接の関係はない。

    食品のくささと体臭に、直接の関係はありません。
    くさいものを食べると、体臭もひどくなるのではないかと思いますが、心配無用です。
    汗臭さは、衛生面の問題です。

  8. くさい納豆には、体のにおいを消す力がある。

    くさいにもかかわらず、体臭予防に効果のある食品があります。
    納豆です。
    納豆は、発酵食品です。

  9. なぜ嗅覚は、順応しやすいのか。

    においの感じ方は、個人差があります。
    不快なにおいが漂うと、頭がくらくらしたり、吐き気を催したりします。
    幸い、嗅覚には「順応しやすい」という特徴があります。

  10. タバコを吸った後の軽いうがいが、口臭を軽減させる。

    タバコを吸う人と吸わない人が、同じ職場で仕事をするのは日常茶飯事です。
    世の中は、禁煙が主流になりつつありますが、タバコを吸う人がまだまだ多いのも、たしかです。
    タバコを吸わない人には、ささいなタバコのにおいも不快に感じるものです。

  11. タバコをやめても、タバコのにおいが消えない。

    口臭対策として、タバコをやめた。
    「よし。タバコのにおいは、もうしなくなるだろう」
     

  12. 体質を改善させるには、最低でも1カ月は必要だ。

    食事の内容は、体臭に影響します。
    油料理、肉、お菓子ばかり食べていると、血中の油分の濃度が上がります。
    毛穴から、皮脂やアンモニアなどが分泌されやすくなるため、体臭が強くなるのです。

  13. 笑顔でサラダを食べると、ドレッシング抜きでも、十分おいしい。

    サラダを食べるときは、どのような食べ方をしていますか。
    サラダそのものには、濃い味はありません。
    おそらくほとんどの人が、ドレッシングをかけて食べているのではないでしょうか。

  14. おいしいお酒も、体臭の原因になる。

    お酒を飲むと、体臭の原因になります。
    お酒に含まれるアルコールは、体内で分解されると「アセトアルデヒド」になります。
    アセトアルデヒドは、無色ですが、強い刺激臭があります。

  15. 自分で作ったコーヒーは、どんなに苦いコーヒーでも、ぐいぐい飲める。

    コーヒーは苦くて、おいしくないという人がいます。
    ミルクや砂糖を入れても、基本的にコーヒーは、苦いです。
    ましてやブラックなんて、苦すぎてどこがおいしいのかと思う人もいるでしょう。

  16. コーヒーの残りかすは、消臭剤として活用できる。

    コーヒーが好きな人は、コーヒーメーカーを持っている人もいるでしょう。
    自分で豆を買い、コーヒー豆を挽くところから作ると、よりおいしく感じられるようになります。
    ところで、コーヒーの残りかすは、どうしていますか。

  17. 汗臭くなるのが嫌だから運動しないのは、においやすい体質を悪化させる。

    「汗をかくから、運動を控える」
    「体臭になるから、運動して汗をかくのは嫌だ」
     

  18. お茶は、飲めるマウスウォッシュ。

    「マウスウォッシュは、高い」
    「買うのが面倒」
    「マウスウォッシュの代わりになるものはないの?」

  19. 仕事の関係で家に帰れず、お風呂に入れなかったときの対処方法。

    ある日、職場に行くと、やけに髪の毛がぼさぼさの同僚がいました。
    「どうしたの?」と聞くと「仕事が忙しくて、昨日は家に帰っていない」と言います。
    仕事で大きなトラブルが発生した関係で、緊急でやらなければいけない仕事ができ、家に帰れなかったそうです。

  20. 防虫剤のにおいは、熱と水分に弱い。

    季節が変われば、衣替えですね。
    たんすの奥から、衣類を取り出して、新しい季節に向けて準備をします。
    このとき、決まって悩むことがあります。

  21. 更年期を迎える女性が、汗をかきやすくなる理由とは。

    年を取るにつれて、汗腺の機能も衰えます。
    年を取るにつれて、乾燥肌になりやすいのです。
     

  22. 香水とはいえ、本当に香りがいいと思うかは、個人差がある。

    体臭は、汚れがたまってからにおい始めるとは限りません。
    時には、わざわざ自分で体臭を作り出していることがあります。
    香水です。

  23. 石鹸だけつけて、満足していませんか。

    体臭の原因は、実は単に、洗い足りないだけなのかもしれない。
    体を洗っているつもりになっているだけかもしれない。
    汗は本来、無臭です。

  24. 香りの付いた整髪料は、体臭と誤解されやすい。

    髪型を整えたり固定したりする目的で使う整髪料。
    身だしなみの1つとして、愛用している人も多いのではないでしょうか。
     

  25. プロの垢擦りサービスの人に言われる、意味深長な言葉の意味とは。

    私は温泉が、大好きです。
    毎日、銭湯に通うのはもちろん、1カ月に何度かは温泉にも行きます。
    特にお気に入りの温泉は、東京ドームにある『LaQua』という温泉施設です。

  26. 太っている人ほど、汗も体臭も、ひどくなりやすい。

    電車の中で体臭が目立ちやすい人には、似ている傾向があることに気づきます。
    ずばり、太っている人です。
    力士のように太っている人ほど、額や胸にたくさん汗をかいています。

  27. 大豆食品は、汗を抑える効果がある。

    汗を抑える、素晴らしい食品があります。
    大豆食品です。
    大豆食品には、汗を抑える効果があります。

  28. 美肌や汗の抑制に効果のある大豆食品も、食べすぎには要注意。

    大豆食品には、汗を抑制する働きがあります。
    大豆食品に含まれる「大豆イソフラボン」は、分子構造が女性ホルモンと似ているためです。
     

  29. 糖尿病による体臭もある。

    ある日のこと、水口家にくみ取り業者の人がやってきたとき、印象深い出来事がありました。
    くみ取り業者の1人が、仕事の最中、意味ありげな質問をしてきました。
    「もしかしてご家族に、糖尿病にかかっている人はいませんか」

  30. 仕方ない体臭は、知らないふりをするのが、一番かっこいい。

    私の職場で実際にあった、体臭にまつわる出来事があります。
    私の職場に以前、糖尿病を患っている人が入ってきました。
    重度の糖尿病とのことです。

同じカテゴリーの作品