執筆者:水口貴博

前向きな気持ちになる30の言葉

30

本当に変更できない選択をする必要があるのか。

本当に変更できない選択をする必要があるのか。 | 前向きな気持ちになる30の言葉

変更できない選択には注意が必要です。

変更できない選択は、何をどうやっても変更できません。

泣いても笑っても悪あがきしても、無理なものは無理。

「後から変更が必要になったら、大変なことになる!」

万一のリスクを考えると、なかなか勇気が出ないのも当然です。

不透明な将来を、現在の展望だけで確定させるのは危険です。

一切変更できない状況を作ると、後から面倒な事態に発展する可能性もゼロではありません。

変更できない選択には、魅力や特典がいっぱいあるでしょう。

得が多いとわかれば、迷うこともないように思えます。

しかし、変更できない選択には要注意です。

魅力や特典を得ようとすると「変更できない選択でも大丈夫だろう」という甘い見積もりになりがちです。

魅力や特典に心が引かれるかもしれませんが、後から変更できないのは大きなリスクです。

将来、何が起こるかわかりません。

今は「絶対大丈夫」と思っても、安心はできません。

そもそも人生に「絶対」はありません。

思わぬ想定外があって、後から事情が急変することはよくあること。

目の前の利益ばかり追い求めていると、後から痛い目に遭います。

一度冷静になって、じっくり考えてほしい。

「本当に変更できない選択をする必要があるのか」と。

変更できない選択をするとき、不純な考えが入り交じっていることが多い。

「見栄」「体裁」「世間体」「余計なプライド」「変なこだわり」などです。

不純な考えに惑わされると、視野が狭くなる。

いずれ落とし穴に落ちてしまうのです。

変更できない選択をするしかない状況なら別ですが、じっくり考えれば、後から変更できる選択で済む場合もあるはずです。

変更できる選択なら、後から都合が悪くなっても安心できます。

変更できる選択は魅力や特典に欠けるかもしれませんが、万一のリスクを下げておくことも魅力であり特典です。

選んでからでは遅いのです。

「自分は大丈夫」という人にかぎって、油断が生まれ、ミスを犯します。

目先のメリットだけ考えるのではなく、将来におけるデメリットも考えてみてください。

最高を目指すのではなく、最悪を避けること。

後から軌道修正ができるなら、選ぶときのストレスも軽くなります。

将来の可能性を残しておくことで、想定外やトラブルがあっても、柔軟に対応できます。

当たり前の話と思うかもしれませんが、あらためて心に留めておきましょう。

前向きな気持ちになる言葉(30)
  • 変更できない選択をするときは、魅力や特典に惑わされず、冷静になって考える。
まとめ

前向きな気持ちになる30の言葉

  1. 3歩進んで2歩下がることを軽視しない。
    そこにあるのは、立派な1歩。
  2. 最初の動作が速いと、焦る。
    最初の動作がゆっくりだと、焦らない。
  3. 「一寸先は闇」を信じていると、ネガティブ思考になる。
    「一寸先は光」を信じていると、ポジティブ思考になる。
  4. 「ありがとう」と書くだけで、晴れやかな気持ちになれる。
  5. 手書きの手紙を書きやすくする方法。
  6. 絡まったコード。
    焦ってほどこうとすると、余計に時間がかかる。
    落ち着いてほどこうとすると、すぐほどける。
  7. 「1パーセントしかない」と考えるのではない。
    「100回やれば、1回は当たる」と考えよう。
  8. 「適当」「ほどほど」が難しいなら、独自の基準を作ってしまおう。
  9. うまくいく方法を見つけるコツは「うまくいく方法は必ずある」を信じること。
  10. 恥を覚えているのは、本人だけ。
  11. 失敗の99パーセントは、人生に影響なし。
    「人生が終わった」という失敗も、実際は何とかなる。
  12. 不真面目に生きている人は、頑張る人を非難する。
    真剣に生きている人は、頑張る人を応援する。
  13. 「疲れそう」と考えただけで疲れる。
  14. はっきり断られることは幸い。
    おかげで別のことに打ち込める。
  15. 「そんなことも知らないの」と言われたくらいで、むっとしない。
  16. 仕事の出来栄えが悪くても、最善と全力を尽くした結果なら、堂々としていい。
  17. 「前向きな気持ち」と「前向きな行動」は別物。
  18. お見舞いに行くときは、暗い雰囲気を出さない。
    明るく元気に振る舞うのがマナー。
  19. 悩みながら前に進もう。
    落ち込みながら前に進もう。
  20. 中途半端にできるより、完全にできないほうが幸せ。
  21. 感動させる作品を作りたければ、感動体験が必要。
  22. つまらない話に笑ってあげるのが優しさ。
    くだらない話に突っ込んであげるのも優しさ。
  23. わけのわからない人がいても、根拠のないことは言わない。
  24. どんなにつまらないことでも、仕事ならきちんと取り組む。
  25. 「一応」という言葉は使わないほうがいい。
    不安や違和感を与える原因になる。
  26. 悩むことは進化の前触れ。
  27. 素晴らしい価値は、嫌いなことの裏側にある。
  28. 「話せばわかる」と思いつつ、コミュニケーションから逃げていないか。
  29. 孤独を感じたら、今まで出会った人の顔を思い浮かべよう。
  30. 本当に変更できない選択をする必要があるのか。

同じカテゴリーの作品

3:31

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION