プラス思考

前向きな気持ちになる
30の言葉

6
20

中途半端にできるより、
完全にできないほうが幸せ。

中途半端にできるより、完全にできないほうが幸せ。 | 前向きな気持ちになる30の言葉

完全にできないことがあっても、落ち込む必要はありません。

それは、むしろ幸せなことだからです。

普通に考えたとき、完全にできないことはネガティブ要因に思えます。

明らかな弱点であり、短所です。

完全にできないことがあれば、それを活用した未来も閉ざされるような気がします。

自分にできないことをほかの人が簡単にできていると、自分が情けなくなります。

完全にできないくらいなら、少しでもできたほうがよさそうに思えます。

 

しかし、ここが落とし穴です。

想像してみてください。

もし中途半端にできることがあれば、どうなるでしょうか。

少しできるなら、もっと頑張ればできそうな気がします。

「もう少し頑張れば、もっと上達するかもしれない」と思う。

「念のため、人並みくらいまでスキルアップをしておこうか」と思うこともあるでしょう。

上達を目指したくなり、時間と労力を割くことになるでしょう。

中途半端にできてしまったばかりに、余計な行動をすることになります。

 

一方、本来の得意分野も集中しにくくなります。

自分の限りある資源が分散され、本当の強みを深めにくくなる。

結果として、不得意だけでなく、得意まで中途半端になるのです。

なぜ完全にできないと幸せなのか。

それは、潔く諦めることができるからです。

「自分には絶対向いていない」と悟れるのは幸せなことです。

「自分には無理」「完全に不得意」「生理的に受け付けない」という自覚がはっきりしていれば、判断も容易です。

完全にできないことがあれば「無駄な努力をしないで済む」と思って喜べばいい。

完全にできないことがあって諦めたら、実現の道も絶たれるように思えますが、誤解です。

完全にできなければ、できる人にお願いすればいいだけです。

非常識でもルール違反でもなく、社会的にまっとうな方法です。

自分の不得意は、誰かの得意です。

できる人にお願いすれば、時間に余裕が生まれ、自分の得意分野に集中できます。

人の資源には限りがあります。

自分の限りある資源は、自分の適性に集中させたほうがいい。

時間もお金も労力も1つに集中させるから、能力が伸び、才能を磨けます。

結果として、最高の仕事を発揮できるのです。

前向きな気持ちになる言葉(20)
  • 完全にできないことがあれば「無駄な努力をしないで済む」と思って喜ぶ。
感動させる作品を作りたければ、感動体験が必要。

もくじ
前向きな気持ちになる30の言葉
中途半端にできるより、完全にできないほうが幸せ。 | 前向きな気持ちになる30の言葉

  1. 3歩進んで2歩下がることを軽視しない。<br>そこにあるのは、立派な1歩。
    3歩進んで2歩下がることを軽視しない。
    そこにあるのは、立派な1歩。
  2. 最初の動作が速いと、焦る。<br>最初の動作がゆっくりだと、焦らない。
    最初の動作が速いと、焦る。
    最初の動作がゆっくりだと、焦らない。
  3. 「一寸先は闇」を信じていると、ネガティブ思考になる。<br>「一寸先は光」を信じていると、ポジティブ思考になる。
    「一寸先は闇」を信じていると、ネガティブ思考になる。
    「一寸先は光」を信じていると、ポジティブ思考になる。
  4. 「ありがとう」と書くだけで、晴れやかな気持ちになれる。
    「ありがとう」と書くだけで、晴れやかな気持ちになれる。
  5. 手書きの手紙を書きやすくする方法。
    手書きの手紙を書きやすくする方法。
  6. 絡まったコード。<br>焦ってほどこうとすると、余計に時間がかかる。<br>落ち着いてほどこうとすると、すぐほどける。
    絡まったコード。
    焦ってほどこうとすると、余計に時間がかかる。
    落ち着いてほどこうとすると、すぐほどける。
  7. 「1パーセントしかない」と考えるのではない。<br>「100回やれば、1回は当たる」と考えよう。
    「1パーセントしかない」と考えるのではない。
    「100回やれば、1回は当たる」と考えよう。
  8. 「適当」「ほどほど」が難しいなら、独自の基準を作ってしまおう。
    「適当」「ほどほど」が難しいなら、独自の基準を作ってしまおう。
  9. うまくいく方法を見つけるコツは「うまくいく方法は必ずある」を信じること。
    うまくいく方法を見つけるコツは「うまくいく方法は必ずある」を信じること。
  10. 恥を覚えているのは、本人だけ。
    恥を覚えているのは、本人だけ。
  11. 失敗の99パーセントは、人生に影響なし。<br>「人生が終わった」という失敗も、実際は何とかなる。
    失敗の99パーセントは、人生に影響なし。
    「人生が終わった」という失敗も、実際は何とかなる。
  12. 不真面目に生きている人は、頑張る人を非難する。<br>真剣に生きている人は、頑張る人を応援する。
    不真面目に生きている人は、頑張る人を非難する。
    真剣に生きている人は、頑張る人を応援する。
  13. 「疲れそう」と考えただけで疲れる。
    「疲れそう」と考えただけで疲れる。
  14. はっきり断られることは幸い。<br>おかげで別のことに打ち込める。
    はっきり断られることは幸い。
    おかげで別のことに打ち込める。
  15. 「そんなことも知らないの」と言われたくらいで、むっとしない。
    「そんなことも知らないの」と言われたくらいで、むっとしない。
  16. 仕事の出来栄えが悪くても、最善と全力を尽くした結果なら、堂々としていい。
    仕事の出来栄えが悪くても、最善と全力を尽くした結果なら、堂々としていい。
  17. 「前向きな気持ち」と「前向きな行動」は別物。
    「前向きな気持ち」と「前向きな行動」は別物。
  18. お見舞いに行くときは、暗い雰囲気を出さない。<br>明るく元気に振る舞うのがマナー。
    お見舞いに行くときは、暗い雰囲気を出さない。
    明るく元気に振る舞うのがマナー。
  19. 悩みながら前に進もう。<br>落ち込みながら前に進もう。
    悩みながら前に進もう。
    落ち込みながら前に進もう。
  20. 中途半端にできるより、完全にできないほうが幸せ。
    中途半端にできるより、完全にできないほうが幸せ。
  21. 感動させる作品を作りたければ、感動体験が必要。
    感動させる作品を作りたければ、感動体験が必要。
  22. つまらない話に笑ってあげるのが優しさ。<br>くだらない話に突っ込んであげるのも優しさ。
    つまらない話に笑ってあげるのが優しさ。
    くだらない話に突っ込んであげるのも優しさ。
  23. わけのわからない人がいても、根拠のないことは言わない。
    わけのわからない人がいても、根拠のないことは言わない。
  24. どんなにつまらないことでも、仕事ならきちんと取り組む。
    どんなにつまらないことでも、仕事ならきちんと取り組む。
  25. 「一応」という言葉は使わないほうがいい。<br>不安や違和感を与える原因になる。
    「一応」という言葉は使わないほうがいい。
    不安や違和感を与える原因になる。
  26. 悩むことは進化の前触れ。
    悩むことは進化の前触れ。
  27. 素晴らしい価値は、嫌いなことの裏側にある。
    素晴らしい価値は、嫌いなことの裏側にある。
  28. 「話せばわかる」と思いつつ、コミュニケーションから逃げていないか。
    「話せばわかる」と思いつつ、コミュニケーションから逃げていないか。
  29. 孤独を感じたら、今まで出会った人の顔を思い浮かべよう。
    孤独を感じたら、今まで出会った人の顔を思い浮かべよう。
  30. 本当に変更できない選択をする必要があるのか。
    本当に変更できない選択をする必要があるのか。

同じカテゴリーの作品