人生の教科書



転職・退職
後任者が決まるまで、退職を保留にするときの注意点。
転職・退職
退職を切り出すのは、まず誰にすべきか。
転職・退職
いけないのは、安易な退職。
慎重な退職なら、人生にプラスをもたらす。
転職・退職
後任者がいないのは、自分のせいではない。
転職・退職
転職先を聞かれたときの答え方。
転職・退職
計画がしっかりしていれば、退職は怖くない。
ストレス対策

仕事に疲れたときの
30の言葉

お気に入り8 読んだ
17

いつか上司に退職を切り出す。
そんな夢もあっていい。

いつか上司に退職を切り出す。そんな夢もあっていい。 | 仕事に疲れたときの30の言葉

「ああ、仕事を辞めたい」

「上司が苦手で、地獄の日々だ」

そんなときは、こんなイメージをしましょう。

いつか上司に退職を切り出す光景です。

「そんなことはできない」と思いますが、努力しだいで可能な話です。

今はつらいかもしれませんが、もう少し頑張ってください。

今の仕事を真面目に頑張って、実績と実務経験をしっかり積めば、転職の道が開けます。

実績と実務経験は、転職するための最も強力な武器です。

そうすれば「逃げの転職」ではなく「スキルアップの転職」ができます。

転職のステップがスムーズに進めば、いずれ上司に退職を切り出す場面になります。

嫌いな上司を、あっと驚かせられる瞬間です。

「おいおい、ちょっと待ってくれよ。急にどうしたんだ」

「今までうまくやってきたではないか。理由を説明してくれ」

上司の困った表情を思い浮かべると、わくわくしてくるでしょう。

「上司に退職を切り出す瞬間を楽しみにしながら、仕事をする」

モチベーションにつながるなら、そういう夢もありです。

夢を現実するために、今、仕事を頑張ろうではありませんか。

実績と実務経験をしっかり積みましょう。

実績と実務経験は、少なくて困ることはあっても、多すぎて困ることはありません。

嫌いな上司と別れることができるだけでなく、年収アップも期待できます。

まとめ

仕事に疲れたときの言葉 その17
  • 上司に退職を切り出す瞬間を楽しみにしながら、仕事をする。
次のページ >>
早く結果を求めると、うまくいっても壊れやすい。
ゆっくり結果を求めると、時間はかかっても壊れにくい。

もくじ
(仕事に疲れたときの30の言葉)

同じカテゴリーの作品