人生の教科書



ストレス対策
目線を下げない。
スキンケア
日差しの強弱で、紫外線の強弱を判断していませんか。
健康
目線を上げたり下げたりするだけで、同じ道でも変わって見えてくる。
スキンケア
顔のたるみを取るための5つの方法。
スキンケア
紫外線は、美肌の大敵。
スキンケア
室内にも、紫外線は、降り注いでいる。
ストレス対策

仕事に疲れたときの
30の言葉

お気に入り1 読んだ
15

目線を上げても、
上げすぎない。

目線を上げても、上げすぎない。 | 仕事に疲れたときの30の言葉

目線と気持ちには、相関関係があります。

目線を下げると、気持ちが沈んで消極的になりますが、目線を上げると、気持ちが明るくなって積極的になれます。

「今すぐしよう」

「もっと成長しよう」

「もう少し頑張ろう」

心のエンジンに火がつき、向上心や積極性が強くなるのです。

 

では、目線を上げれば上げるほどいいかというと、そうではないのです。

目線を上げすぎるのもよくありません。

目線を上げすぎると、今度は足元が見えなくなります。

足元に石があっても、見えないため、つまずいてしまうでしょう。

足元に落とし穴があっても、見えないため、落ちてしまうでしょう。

恥ずかしい勘違いをする。

詐欺に騙される。

普通ならしないようなミスが起こります。

向上心が強くなっても、落とし穴に落ちては意味がないのです。

目線を上げるときには、適度が大切です。

目線を上げるなら、足元も見える程度が適切です。

まとめ

仕事に疲れたときの言葉 その15
  • 足元も見える程度に目線を上げる。
次のページ >>
平凡なことでも、長く続けると、非凡になる。

もくじ
(仕事に疲れたときの30の言葉)

同じカテゴリーの作品