就職活動

企業説明会で心がけたい
30のマナー

読んだ お気に入り0
26

不明点があれば、
説明会の質疑応答で解消させるのが基本。

不明点があれば、説明会の質疑応答で解消させるのが基本。 | 企業説明会で心がけたい30のマナー

合同説明会で、一風変わった行動をする人がいます。

不明点があっても質疑応答では質問をせず、説明会が終わってから社員に聞こうとする人です。

恥ずかしいからではありません。

説明会の質疑応答で質問をすると、周りの人にも貴重な情報を聞かれます。

わざと質疑応答では質問せず、説明会が終了してから社員に駆け寄り、1対1で質問しようとするのです。

 

たしかに策略としては、一理あります。

個人的な質問なら、1対1で質問するのもいいでしょう。

説明会の貴重な時間を、個人的な質問でつぶすわけにもいきません。

また1対1になることで、社員に顔を覚えてもらいやすくなります。

就労意欲や積極性もアピールできるでしょう。

いくつかの事情はありますが、注意したい懸念点もあります。

説明会が終わってから、社員に質問できるとは限らない点です。

もし自分と同じことを考えている人が大勢いれば、説明会の終了後、社員の周りに人だかりができます。

社員と1対1になるどころか、話しかけることさえできないかもしれません。

社員に急ぎの予定があり、早々に立ち去る可能性もあります。

質問できなければ、意味がありません。

ほかの学生に聞かれる心配があるかもしれませんが、考えすぎです。

それだけで差がつくなら、就職活動は苦労しません。

不明点があれば、やはり説明会の質疑応答で解消させるのが基本です。

就労意欲や積極性は、質問の仕方や質問内容によって、アピールすればいいこと。

説明会の終了後、社員に駆け寄って質問するのはいいのですが、質問できないリスクも覚悟したほうがいいでしょう。

不明点は、できるだけ説明会の中で解消させるのが基本です。

まとめ

企業説明会で心がけたいマナー その26
  • 余計な策略は考えず、説明会の質疑応答で素直に質問する。
企業説明会が終わってから、第2ラウンド。

もくじ
企業説明会で心がけたい30のマナー
不明点があれば、説明会の質疑応答で解消させるのが基本。 | 企業説明会で心がけたい30のマナー

  1. 企業説明会は、事実上の1次面接。
  2. 企業説明会は、大きく分けて2つのタイプがある。
  3. 単独の企業説明会が、複数回行われるときの心がけ。
  4. 事前に企業研究をして、疑問点をまとめておくこと。
  5. 企業説明会に持参したい、12の持ち物。
  6. 企業説明会への出席は、スーツが基本。
  7. 企業説明会は、早めの到着が望ましい。
  8. 企業説明会の受付で心がけたい、5つのポイント。
  9. 必要最小限の荷物が好ましい。
  10. 一番前の席が、一番有利。
  11. 待っているときの態度も、評価対象。
  12. カップルで出席するのは、誤解を招きやすい。
  13. なぜ社員の前で、案内資料を折ってはいけないのか。
  14. 長時間、ブースに居続けない。
  15. 「何となく」という理由で、企業説明会に出席するのはNG。
  16. レコーダーを持参しよう。
  17. メモを取りすぎるのも、悪印象。
  18. 質問するときによく見られる、マナー違反。
  19. よくうなずく人は、よく覚えてもらえる。
  20. 企業説明会に出席すれば、1つは質問したい。
  21. 企業説明会で控えたほうがいい、4つの質問。
  22. 無理せず休憩したほうが、実は企業説明会の効率がよい。
  23. 休日の企業説明会は、学生にとって便利でも、社員にとっては大変。
  24. 企業説明会で本当に確認したい点とは。
  25. 質疑応答で心がけたい、5つのマナー。
  26. 不明点があれば、説明会の質疑応答で解消させるのが基本。
  27. 企業説明会が終わってから、第2ラウンド。
  28. 任意のアンケートが、選考に影響する可能性もある。
  29. 企業説明会の後にも、お礼が必要なのか。
  30. 「説明会に出席して満足」で終わってないか。

同じカテゴリーの作品