人生の教科書



就職活動
質疑応答で心がけたい、5つのマナー。
就職活動
面接に持参したい、11の持ち物。
就職活動
なぜ社員の前で、案内資料を折ってはいけないのか。
就職活動
道が分かりにくい場合は、企業に問い合わせてもいいのか。
就職活動
メモを取りすぎるのも、悪印象。
就職活動
アルバイトから正社員になるのは、どのくらい難しいのか。
就職活動

企業説明会で心がけたい
30のマナー

お気に入り1 読んだ
8

企業説明会の受付で心がけたい、
5つのポイント。

企業説明会の受付で心がけたい、5つのポイント。 | 企業説明会で心がけたい30のマナー

企業説明会は、事実上の、1次選考です。

これは、企業説明会が始まってからではありません。

受付のときから始まっていると考えていいでしょう。

受付でも気を抜かず、丁寧なマナーを意識しましょう。

  1. コートやマフラーは、入場前に脱ぐ

冬場、コートやマフラーを身につけている場合は、入場前に脱ぎましょう。

少し早い気もしますが、受付の前でもたもた脱いでいるのは、スマートではありません。

逆に、スーツの上着は、着てから入場しましょう。

スーツは、就職活動における正装です。

夏場でも、スーツを着たまま入るほうが、第一印象がよくなります。

  1. 笑顔を意識する

服装だけでなく、顔も見られていると意識することが大切です。

入場するときから、笑顔を意識しましょう。

口角を上げて、自信のある表情を心がけましょう。

  1. 受講票をすぐ手渡せるようにしておく

受付の前に来てから受講票を取り出してもいいのですが、スムーズではありません。

受付の手続きがスムーズに済ませられるよう、受講票はあらかじめ取り出しておきましょう。

受付の前に来たとき、すぐ手渡せるようにしておくのがスマートです。

  1. 受付を済ませる

受付の人も、応募者の態度やマナーを確認しています。

「受付の人は面接官」と思うのが、うまく接するコツです。

お辞儀は45度。

丁寧に、落ち着いて挨拶をします。

自分の大学と名前は「○○大学○○学部の○○と申します」のように、略さず、正式名称で言いましょう。

  1. 資料は両手で受け取る

受付から差し出された資料を片手で受け取るのは、乱暴な印象があるため、控えたほうがいいでしょう。

まず、カバンを床に置いて、両手で受け取るのがマナーです。

受け取る際は「ありがとうございます」という一言も、忘れずに。

  1. 入場する際は、軽い会釈をする

入場する際は、軽く会釈をしましょう。

15度の軽いお辞儀で、十分です。

「丁寧すぎる」「周りに人がいて恥ずかしい」と思うかもしれませんが、礼儀正しい態度を見せるチャンスです。

ほかの人が会釈していなくても、自分だけは、礼儀正しい態度を心がけましょう。

ささいな態度ですが、会場にいる採用担当者は確認しています。

まとめ

企業説明会で心がけたいマナー その8
  • 受付を済ませるときも、
    マナーを意識する。
必要最小限の荷物が好ましい。

もくじ
(企業説明会で心がけたい30のマナー)

同じカテゴリーの作品