人生の教科書



就職活動
単独の企業説明会が、複数回行われるときの心がけ。
就職活動
企業説明会は、早めの到着が望ましい。
就職活動
企業説明会は、大きく分けて2つのタイプがある。
就職活動
企業説明会に持参したい、12の持ち物。
就職活動
休日の企業説明会は、学生にとって便利でも、社員にとっては大変。
就職活動
企業説明会が終わってから、第2ラウンド。
就職活動

企業説明会で心がけたい
30のマナー

お気に入り0 読んだ
22

無理せず休憩したほうが、
実は企業説明会の効率がよい。

無理せず休憩したほうが、実は企業説明会の効率がよい。 | 企業説明会で心がけたい30のマナー

合同の企業説明会に参加すると、基本的に1日がつぶれます。

多くの企業を効率よく見て回りますが、それでも時間が足りないはずです。

「少しでも多くの企業を見て回りたい」と思えば、休憩すら惜しい気持ちになるのではないでしょうか。

 

しかし、疲れてぼんやりしている状態では、理解できる話も理解できなくなります。

丸1日の企業説明会だからこそ、あえて適度に休憩したい。

休憩には、合同の企業説明会を効率よくさせる効果があります。

空腹は我慢しない

空腹を我慢していると、集中力に悪影響です。

小腹がすいたときは、軽食を食べて休憩したほうが賢明です。

食欲を満たしてエネルギーを充電したほうが、しっかり企業を見て回れます。

一時退場を活用する

一時退場をうまく活用するのも、いいアイデアです。

合同の企業説明会は、基本的に会場の入退室が自由のはずです。

密室の中にずっといると、もんもんとしてくるでしょう。

外の空気を吸って気分転換すれば、心身の疲れが癒され、思考に鋭さが戻ります。

休憩時間に友達と情報交換

休憩時間に友達と情報交換するのもいいでしょう。

まだ見て回っていない企業の感想や情報を短時間で入手できるため、効率的です。

新しい気づきが得られたり、アイデアが生まれたりするはずです。

友達との適度なおしゃべりは、ストレス発散にも役立ちます。

まとめ

企業説明会で心がけたいマナー その22
  • 丸1日の企業説明会では、
    無理をせず、
    適度に休憩を入れる。
休日の企業説明会は、学生にとって便利でも、社員にとっては大変。

もくじ
(企業説明会で心がけたい30のマナー)

同じカテゴリーの作品