就職活動

企業説明会で心がけたい
30のマナー

読んだ お気に入り0
5

企業説明会に持参したい、
12の持ち物。

企業説明会に持参したい、12の持ち物。 | 企業説明会で心がけたい30のマナー

企業説明会に持参したい持ち物があります。

企業説明会とはいえ、すでに選考の一部になっている場合があります。

忘れ物を防ぐため、事前にチェックシートを作成しておくといいでしょう。

  1. 会場地図

まず地図が必須です。

迷ったあげく、説明会に欠席だけは、避けたい失態です。

地図に印や注釈を付けるなど、分かりやすくする工夫をしておくといいでしょう。

  1. 企業案内の資料

事前に企業案内が送付されていれば、持参していきましょう。

事前によく読んでおくことが大切です。

  1. エントリーシート

当日、会場で提出する必要がある場合、持参が必要です。

事前に送付済みの場合は、持参は不要です。

エントリーシートを持参する場合、提出前に、コピーを取っておきましょう。

提出後、必要に応じて、内容を再確認できます。

  1. 履歴書

抜き打ちで面接が行われる可能性があります。

念のため、持参しましょう。

  1. メモ帳

メモにはメモ帳が必要です。

書きやすいメモ帳を選んで、持参しましょう。

  1. 筆記用具

シャーペン・鉛筆・消しゴムなど、持参します。

それぞれ予備を用意しておくと、なお安心です。

  1. 名刺

会場で、採用担当者やほかの学生と名刺交換をする場合があります。

自己紹介がスムーズになるよう、持参しておくと便利です。

  1. 印鑑

書類を記入する際、印鑑が必要になる場合があります。

  1. 学生証

学生証を求められることがあります。

企業によっては、交通費を支給してくれることがあります。

学生証があると、手続きがスムーズです。

  1. 携帯電話

定番の連絡手段です。

 

ただし、会場に入る前は、電源をオフにするのがマナーです。

  1. ハンカチ・ティッシュ

定番の持ち物です。

汗や鼻水は、手で拭かず、ハンカチやティッシュを使いましょう。

普段は健康な人でも、万一に備え、薬の持参をおすすめします。

最低限、持参したい薬は「胃薬」「頭痛薬」「下痢止め」の3つです。

そのほか体調に不安があれば、追加で薬を持参するといいでしょう。

まとめ

企業説明会で心がけたいマナー その5
  • 企業説明会に持参する持ち物のチェックリストを、作成する。
企業説明会への出席は、スーツが基本。

もくじ
企業説明会で心がけたい30のマナー
企業説明会に持参したい、12の持ち物。 | 企業説明会で心がけたい30のマナー

  1. 企業説明会は、事実上の1次面接。
  2. 企業説明会は、大きく分けて2つのタイプがある。
  3. 単独の企業説明会が、複数回行われるときの心がけ。
  4. 事前に企業研究をして、疑問点をまとめておくこと。
  5. 企業説明会に持参したい、12の持ち物。
  6. 企業説明会への出席は、スーツが基本。
  7. 企業説明会は、早めの到着が望ましい。
  8. 企業説明会の受付で心がけたい、5つのポイント。
  9. 必要最小限の荷物が好ましい。
  10. 一番前の席が、一番有利。
  11. 待っているときの態度も、評価対象。
  12. カップルで出席するのは、誤解を招きやすい。
  13. なぜ社員の前で、案内資料を折ってはいけないのか。
  14. 長時間、ブースに居続けない。
  15. 「何となく」という理由で、企業説明会に出席するのはNG。
  16. レコーダーを持参しよう。
  17. メモを取りすぎるのも、悪印象。
  18. 質問するときによく見られる、マナー違反。
  19. よくうなずく人は、よく覚えてもらえる。
  20. 企業説明会に出席すれば、1つは質問したい。
  21. 企業説明会で控えたほうがいい、4つの質問。
  22. 無理せず休憩したほうが、実は企業説明会の効率がよい。
  23. 休日の企業説明会は、学生にとって便利でも、社員にとっては大変。
  24. 企業説明会で本当に確認したい点とは。
  25. 質疑応答で心がけたい、5つのマナー。
  26. 不明点があれば、説明会の質疑応答で解消させるのが基本。
  27. 企業説明会が終わってから、第2ラウンド。
  28. 任意のアンケートが、選考に影響する可能性もある。
  29. 企業説明会の後にも、お礼が必要なのか。
  30. 「説明会に出席して満足」で終わってないか。

同じカテゴリーの作品