言葉

人から愛される
30の言葉の習慣

  • 言葉を正す前に、
    両親との関係を正すほうが先決。
人から愛される30の言葉の習慣

もくじ

言葉を正す前に、両親との関係を正すほうが先決。

言葉を正す前に、両親との関係を正すほうが先決。

私は思春期のころ、両親との会話が少なくなった時期がありました。
水口貴博は昔から両親と仲がいいと思っている読者がいるかもしれませんが、そうではありません。
関係がよくない時期がありました。

素直に「ありがとうございます」という感謝の言葉を伝える。

素直に「ありがとうございます」という感謝の言葉を伝える。

多くの人から愛される小さな言葉の習慣は、まず「ありがとうございます」という一言です。
これに勝る素晴らしく温かい言葉はありません。
だからこそ、強調しておきたい内容です。

うまく言えないときには「うまく言えない」でいい。

うまく言えないときには「うまく言えない」でいい。

うまく言葉に表現できないメッセージがあります。
失恋したときの複雑な心情。
受験勉強のプレッシャー。

いきなり用件から言い始めない。

いきなり用件から言い始めない。

「資料作成を手伝ってください!」
いきなり友達が、用件をあなたに言います。
いきなり「資料作成を手伝ってください!」と強い口調で言われると、少し構えます。

言いにくい謝罪の言葉こそ、最初に言う。

言いにくい謝罪の言葉こそ、最初に言う。

言いにくい言葉を伝えるときには、言いにくいからこそ後回しにしようとしてしまいがちです。
謝罪の言葉はその代表です。
自分の仕方ない状況を相手に理解してもらい、情状酌量してもらいたい気持ちが強いため、言い訳から始めてしまいがちです。

最初から具体的な返事をする必要はない。
抽象的でもいいから、すぐ返事をする。

最初から具体的な返事をする必要はない。抽象的でもいいから、すぐ返事をする。

話しかけられたらすぐ返事をする人は、人から愛される人です。
反応がいいと話しかけやすくなり、話しかけたくなります。
電話で「もしもし」と言った後、すぐ「はい」と返ってくると、後の言葉も言いやすくなります。

平凡であろうと、最近あった話は何でも面白い。

平凡であろうと、最近あった話は何でも面白い。

新鮮な会話は、昔の話より、最近に起こった出来事です。
1年前に失恋した話も面白いですが、昨日失恋したばかりの話のほうが、なぜか断然興味をそそられます。
最近の話であるほど、面白い。

相手が好きなキーワードを発見しよう。

相手が好きなキーワードを発見しよう。

誰にでも興味を抱いていることが1つはあります。
関心を抱いていることがあるはずです。
しかし、何に興味・関心を抱いているかは、人それぞれ千差万別です。

「手伝いましょうか」ではなく「手伝わせてください」。

「手伝いましょうか」ではなく「手伝わせてください」。

困っている人を見つけたとき「手伝いましょうか」と言うのは、ありきたりな表現です。
もちろん嬉しいです。
感謝します。

「変ですね」というのは、褒め言葉。

「変ですね」というのは、褒め言葉。

「あなたは変ですね」
そう言われて、急に落ち込む人がいます。
自分はほかの人とずれている部分があるのだとわかると、仲間外れにされたような気分になります。

「私も同じ経験があるよ」と言えば、友達は心から救われる。

「私も同じ経験があるよ」と言えば、友達は心から救われる。

「料理中に包丁で手を切ったことがあります」と友達が告白しました。
ふと、自分にも同じ経験があることを思い出しました。
そのとき「自分も経験がある」と言おうかどうしようかと、迷う瞬間があります。

「こら!」というのは愛の言葉。

「こら!」というのは愛の言葉。

私は先日、銭湯で叱られました。
湯船に浸かっているとき、湯の気持ちよさにかまけて、湯船に顔をうずめていました。
すると、ちょうどそれを見ていた銭湯の番台さんが、すごい勢いで私のところにやってきて「こら!」と言いました。

「嬉しそうだね」と言われると、本当に嬉しくなる。

「嬉しそうだね」と言われると、本当に嬉しくなる。

先日、朝の仕事中のことです。
職場の先輩から「今日は何だか嬉しそうだね」と話しかけられました。
私は驚きました。

一度も失敗したことがない人より、何度も失敗したことがある人のほうが魅力的。

一度も失敗したことがない人より、何度も失敗したことがある人のほうが魅力的。

「一度も失敗したことがありません」
ときどき、仕事や恋愛など、自分には失敗経験が一度もない人がいます。
大勢の人が、そういう発言ができるような人間を目指そうとします。

「これでいいです」より「これがいいです」。

「これでいいです」より「これがいいです」。

レストランでコーヒーを注文するときに「これでいいです」と注文するお客さんがいます。
私は聞いていてもどかしい気持ちになります。
「これでいいです」は「本当は別のものがいいけど、いいメニューがないから、コーヒーで勘弁してやる」という意味です。

わくわくしている人は、いつまでも老けない。

わくわくしている人は、いつまでも老けない。

最近、わくわくしていますか。
心が高揚するようなことをしていますか。
人生が豊かになるキーワードは「どきどき・わくわく」です。

余裕がないときほど、乱暴になりがちな言葉遣いに注意する。

余裕がないときほど、乱暴になりがちな言葉遣いに注意する。

ある日のことです。
友達が、私を見て言いました。
「どうせ暇だろ。助けてくれ」

いつの間にか、自分にしかわからない話をしていませんか。

いつの間にか、自分にしかわからない話をしていませんか。

私が話を進める上で、いつも「誰にでもわかる話し方」を心がけています。
誰にでもわかる内容と、誰にでもわかる言葉を使う話し方は、常に夢です。
今もできていない部分があり、現在も修行中です。

世間知らずから抜け出す方法は「謙虚」である。

世間知らずから抜け出す方法は「謙虚」である。

「世間知らず」という言葉があります。
知識や経験が乏しくて、自分の知識や経験がすべてだと思い込んでいる状態のことです。
外の世界を知らないということです。

人生において「無理」という言葉は禁句。

人生において「無理」という言葉は禁句。

無理とは「可能性がゼロ」を意味する言葉です。
無理という言葉は使わないことです。
使うたびに、あらゆる可能性が低下してしまいます。

考え方が対立しそうになれば「たしかにそうですね」と言う。

考え方が対立しそうになれば「たしかにそうですね」と言う。

私はときどき読者のかたから「考えが間違っています」というお便りをいただくことがあります。
いえ、ときどきというより、しょっちゅうです。
なかば、お怒り気味の内容になっていることも少なくありません。

期待が外れても「期待外れ」を楽しめばいい。

期待が外れても「期待外れ」を楽しめばいい。

日常では、予想を裏切られることがあります。
・注文したケーキが、思ったより小さくてがっかりした
・楽しみにしていた映画が、期待外れだった

誘いに断っても「誘ってくれてありがとう」というお礼を忘れない。

誘いに断っても「誘ってくれてありがとう」というお礼を忘れない。

学生時代のある日のこと、友達を誘ったことがありました。
「今度、飲み会があるんだけど一緒に行かない」
すると、友達は残念そうな表情でこう言いました。

元気がないときは、元気が出るまで何度でもやり直す。

元気がないときは、元気が出るまで何度でもやり直す。

私が小学生のころ、理科の先生に「K先生」という年配の男性教師がいました。
年配にもかかわらず、熱血の先生でした。
K先生は、必ず明るい授業をする先生でした。

無言でスタートするより、声を出してスタートするほうが、勢いが出る。

無言でスタートするより、声を出してスタートするほうが、勢いが出る。

私が高校3年生のときの担任は、40代後半の女性教師でした。
先生には、授業を始めるとき、必ず口にする言葉がありました。
「はい。では始めます」という一言です。

最初から完璧にできる人はいない。
最初は必ず間違えるもの。

最初から完璧にできる人はいない。最初は必ず間違えるもの。

高校1年のころ、国語の先生に「豆ちゃん」というあだ名の先生がいました。
もうおじいさんに近い年齢の、ベテランの男性教師でした。
いつもにこにこしている、温和な先生でした。

「用意、どん」は、用意ができしだい、スタートする。

「用意、どん」は、用意ができしだい、スタートする。

アメリカでは「飛び級制度」はすでに浸透しています。
学力がある人は、どんどん飛び級したほうがいい。
同じ年齢でも、ほかの人より行動が早くて実力もあるなら、飛び級をして人類のためになるような仕事に就けばいい。

「出会えてよかった」という言葉ほど、嬉しい言葉はない。

「出会えてよかった」という言葉ほど、嬉しい言葉はない。

ときどき読者のかたから「HappyLifeStyleに出会えてよかったです」というお便りをいただくことがあります。
私にとって、これ以上ない褒め言葉です。
嬉しくなります。

明るい未来の話は、どんな薬より効き目がある。

明るい未来の話は、どんな薬より効き目がある。

祖父は、私が18歳のころ、亡くなりました。
祖父が生前入院していたころ、ときどき病院にお見舞いに行っていました。
そのとき主治医の先生から、ある貴重なアドバイスをいただいたことがあります。

よい嘘なら、神様も許してくれる。

よい嘘なら、神様も許してくれる。

嘘には、2種類あります。
ついてはいけない「悪い嘘」と、ついてもいい「よい嘘」です。
悪い嘘は、お金を奪ったり、相手を失望や落胆させたりする嘘です。

同じカテゴリーの作品