執筆者:水口貴博

当たり前だけど大切な
30の日常言葉

  • 「ありがとう」
当たり前だけど大切な30の日常言葉

「ありがとう」

人には「言葉」というコミュニケーション・ツールがあります。
人とほかの動物との進化を大きく分けた原因の1つは「言葉の発達」です。
私たちがこれほど豊かに進化できたのは、言葉のおかげです。

「ありがとう」

「ごめんなさい」

しっかり謝れる人は、かっこいい人です。
なかなか自分のプライドが邪魔をして、謝れない人がいます。
謝ることができない人は、子どもです。

「ごめんなさい」

「お願いします」

「お願いします」は、夢を叶えるおまじないです。
誰でも叶えたい希望というのがあります。
希望や好きなこと、したいこと、それらの究極は「夢」です。

「お願いします」

「なるほど」

「なるほど」とは、相手の意見を受け入れる言葉です。
相手の意見を聞いて、自分の中に取り込むことが大切です。
いろいろな人から、いろいろな価値観を学ぶということは、自分の器を大きくすることに比例します。

「なるほど」

「そうだね」

「そうだね」は、相手の話を前に進める魔法の言葉です。
自分の話に「そうだね」と言われると、もっと話したくなります。
「自分の話を聞いてくれている。受け入れてくれている。もう少し話してみよう」と思います。

「そうだね」

「それから?」

話を前に進めるためには「それから?」と言えばいいだけです。
これは「もっと話を聞きたい」という意思表示です。
「それから?」ということで、相手はさらに奥深い話をしてくれます。

「それから?」

「それでいいんだよ」

「もう仕方なくって、家に帰っちゃった」
「そう、それでいいんだよ」
こうした会話をすると、相手はほっとします。

「それでいいんだよ」

「その調子!」

私は、先日、友人に嬉しいことを言われました。
「タカ、また本を書いたの。すごいね。その調子!」
嬉しくなりました。

「その調子!」

「大丈夫」

「大丈夫」には、2つの意味があります。
「けがしちゃって、大丈夫?」と言う相手を心配する意味と「まだまだ大丈夫だよ」という自分の丈夫さを表現する意味です。
両方で使うといいです。

「大丈夫」

「へえ」

相手の話を聞きながら、相手に好感を持ってもらう一言があります。
「へえ」です。
相手が一生懸命話しているのに「知ってるよ」とか「なんだ、そんなことか」と言うと、相手をがっかりさせるでしょう。

「へえ」

「すみません」

相手に話しかけるときには、謙虚になることが大切です。
偉そうに話しかけてくる人には、よい印象は持ちません。
謙虚に「すみません」と言って、話しかけましょう。

「すみません」

「もっと」

「もっと」という言葉は、大きなパワーが込められた一言です。
しかし、使い方1つで、人を偉人にさせ、一方で人をダメにさせてしまう言葉です。
「もっと話が聞きたい」

「もっと」

「いいんじゃない?」

「いいんじゃない?」と言われると、やる気が出てきます。
「何かをやりたい」と思うときに、もう1つ、勇気づけてもらいたいものです。
最初から自分に自信満々という人はいません。

「いいんじゃない?」

「うん」

「うん」と言うときは、うなずいています。
うなずいているときは、承諾を意味しています。
「うん」という一言は、相手の話に了解すると言う意味です。

「うん」

「……」

「……」
これほど強力な魔法の言葉はありません。
使い方しだいで、武器にも防具にもなり、諸刃もろはの剣です。

「……」

「もし」

「もし」は面白い言葉です。
「もし」には、2つの意味があります。
創造力をアップさせるおまじないとしての使い方と、友人のことをもっと知るための使い方です。

「もし」

「なぜ」

「なぜ」を使うと、話の奥が深くなります。
自分に対して使ってもいいし、他人に使ってもいいでしょう。
「なぜなんですか?」と聞くと、相手はそのわけを話してくれます。

「なぜ」

「なるほど、そうだね」

これは「なるほど」と「そうだね」を1つにした応用です。
基本的な魔法の言葉を紹介するのが、この本の趣旨です。
ですが、この2つを1つにして覚えておくと、人付き合いが上手になりますから思いきって紹介します。

「なるほど、そうだね」

「お先にどうぞ」

アメリカはレディーファーストの社会です。
私はレディーファーストが好きです。
レディーファーストは、する側もされる側も気持ちいいです。

「お先にどうぞ」

「おはようございます」

毎日は、朝昼晩の繰り返しです。
毎日は、1日の繰り返しです。
1日は、朝に始まり、夜に終わります。

「おはようございます」

「すてきだね」

褒め言葉は、人間関係の大切な潤滑油です。
「すてきだね」は、褒めるときの言葉です。
褒めるときには「いいね」とか「すごいね」と褒めることがあります。

「すてきだね」

「俺たちって」

話すときは、常にライブです。
そのときに思いつき、そのときに話します。
練習のない会話だからこそ、奥が深く、面白いわけです。

「俺たちって」

「あのね……」

「あのね……」と言われると、どきっとします。
つい「え、何を話すんだろう」と耳を傾けてしまいます。
私が中学生のとき、女の子に告白をするときも「あのね……」から始まりました。

「あのね……」

「~だから打ち明けるんだけど」

プライベートな言葉です。
これが使えるようになれば、仲のいい友人の仲間入りです。
普通プライベートなことは、誰にでも話せることではありません。

「~だから打ち明けるんだけど」

「本当は」

会話では、本とは違い、どこが大切な部分なのかわかりにくいときがあります。
本では大切な部分が太字で書かれていたり、大きく書かれていたりしているため、見てすぐわかります。
それに対し、会話では、声の強弱程度でしか意味の強さを表現できません。

「本当は」

「実は」

「実は」の「実」というのは、果物の「実」のことを言います。
果物で一番おいしいところは「実」の部分です。
会話の一番おいしい部分は「実は(じつは)」と日本語では表現します。

「実は」

「似ているね」

これは、相手との距離を近づけるための魔法の言葉です。
私は留学時代に、仲のいい女友達から「タカと私って、似ている部分が結構あるよね」と言われました。
その人とは、考え方が似ている部分があると、以前から感じていました。

「似ているね」

「よし」

これは気合を入れるための魔法の言葉です。
朝起きたときや仕事を始めるとき、新しいことに挑戦するときなどには、気合を入れることが大切です。
なかなかうまく気合が入らないときは、意識して「よし」と言ってみましょう。

「よし」

「おまじない」

日本人は、占いや相性、血液型やおみくじが大好きです。
やはり何か、神秘的な力が欲しいのでしょう。
そんなときには「おまじない」という言葉を使ってみましょう。

「おまじない」

「もっと早く出会いたかったね」

相手の存在に感謝したいときのとっておきの一言は「もっと早く出会いたかったね」です。
相手への感謝の気持ちを、たった一言に圧縮している強力なおまじないです。
「たくさんの感動をありがとう。たくさん教えてくれてありがとう。わざわざ協力してくれてありがとう」

「もっと早く出会いたかったね」

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION