言葉

会話をもっと豊かにする
30の方法

  • 会話全体の雰囲気を決めるのは、
    第一声。
会話をもっと豊かにする30の方法

もくじ
  1. 会話全体の雰囲気を決めるのは、第一声。

    「初めまして」
    「お久しぶりです」
    「おはようございます」

  2. 相手の自慢話に不快になるようでは、器が小さい。

    会話の中で、ふと相手が自慢話を始めることがあります。
    仕事でうまくいった話、一戸建てを建てることになった話、海外旅行に行くことになった話などです。
    きっと相手は、あまりに嬉しくて、話をしているのでしょう。

  3. 得をする話だけ反応する自分になっていないか。

    「くだらない話だな」
    そう思ったときが、要注意です。
    なんの役にも立たない話や、大きな価値のない話などです。

  4. 役立たない話にほほえむ人の周りに、人が集まる。

    「役立つ会話ほど価値が高い」と感じる傾向があります。
    一方で「役立たない会話は、無駄」と思う傾向もあります。
    無益な会話には「くだらない」と思い、むすっとしてしまうのです。

  5. 「おすすめはありますか」という一言が、あなたの生活を豊かにする。

    コーヒーショップに行って、友達と話をしていると、小腹がすくことがあります。
    コーヒーショップでは一般的に、コーヒーだけでなく、軽食が準備されているところが多いです。
    マフィン、スコーン、ホットケーキなどです。

  6. 環境の変化が伴う相談は、反対されるのが定番。

    新しい挑戦を始めるとき、家族や友達に相談することがあります。
    こういうとき、返事の内容はおおむね決まっています。
    「やめたほうがいい」です。

  7. 会話がうまくなるコツは、相手の立場を考えること。

    「人との会話がうまくできない」
    そういう悩みを持つ人は、自分本位で話をしているのではないでしょうか。
    相手の話を聞いていても「自分には関係ない」と思ってしまうと、話が続きません。

  8. 会話は「半分伝わればいい」と考える。

    「私の事情を分かってくれない」
    「私の気持ちを分かってくれない」
    会話をするとき、自分の状況や気持ちがきちんと相手に伝わらず、もどかしい思いをすることがあります。

  9. きちんと相手の目を見ながら「ありがとう」を言っていますか。

    「ありがとうございます」
    相手に感謝するとき、どこを見ながら言っていますか。
    少しうつむきながら言っていませんか。

  10. 用事があるときだけ話しかける姿勢は、実は危険。

    友達に話しかけるのに、用事が必要だと思っていませんか。
    もちろん用事があれば、スムーズに話しかけやすくなるでしょう。
    何かを教えてもらうために話しかければ、相手も返事がしやすいですから、自然に会話が始まります。

  11. 営業の電話に引っかかる本当の原因は、見栄。

    突然見知らぬ人から、元気な声で電話がかかってくることがあります。
    営業の電話です。
    営業の電話に強いほうですか。

  12. あらゆる会話の中で最も重要なキーワードは、相手の名前。

    あらゆる会話の中で、最も重要なキーワードは、何でしょうか。
    相手の名前です。
    会話とは、相手がいるからこそ、成立します。

  13. 分かっている話に「分かっている」とは言わない。

    会話中、すでに分かっていることを、繰り返し言われることがあります。
    すでに分かっている知識を、説明されることがあります。
    そんなとき、どんな返事をしていますか。

  14. 「私は運が悪い」と考えるから、運が悪くなる。

    あなたは運がいいほうですか。
    悪いほうですか。
    これまでの人生を振り返ります。

  15. お礼を言い忘れたら、追いかけても、言う。

    「しまった。お礼を言い忘れた」
    日常では、ふと、お礼を言い忘れている場面があります。
    考え事をしていると、目の前のことがおろそかになるため、当たり前の言葉を言い忘れることがあります。

  16. 友達の髪型が急に変わっていたとき、どう声をかけるか。

    久しぶりに友達と会うと、髪型が急に変わっていることがあります。
    ロングヘアがショートヘアになっていたり、黒髪が茶髪になっていたりなどです。
    ストレートヘアがウエーブヘアになっていたり、ウエーブヘアがストレートヘアになっていたりなどです。

  17. 弱点を突かれたら、にっこりするのがマナー。

    会話をしていると、相手から自分の弱点を突かれることがあります。
    暗い過去の話、大きな失敗の話などです。
    誰でも、聞かれたくない話題はありますし、負の過去があるものです。

  18. 言葉とは、包丁のようなもの。
    喜ばせることもできるが、傷つけることもできる。

    言葉は素晴らしい。
    たった一言で、相手を幸せにする力があるからです。
    「ありがとうございます」と言われるだけで、ぱっと気分が明るくなります。

  19. 「言いすぎた」と考えられる人は、必ず言葉遣いがうまくなる。

    会話中「言いすぎた」と思うことがあります。
    相手に教えるつもりが、押し付けがましくなってしまった。
    相手にアドバイスをするつもりが、説教のようになってしまった。

  20. 話の先が予想できても、話を遮らない。

    話をしている途中で、先の話が予想できることがあります。
    シンプルな話なら、話の途中で流れが読め、オチが予想できるでしょう。
    単純な体験談なら「言いたいことが見えてきたぞ」と思います。

  21. 「縁を感じますね」と言っていますか。

    最近「縁を感じますね」と言ったのは、いつですか。
    「縁を感じるほどの出会いはない」
    「新しい出会いすらない」

  22. いい話だから、メモをするのではない。
    メモをするから、いい話が聞ける。

    人と話をしているとき、ふと、いい話を聞くことがあります。
    仕事のコツや、人生の処世術などです。
    「いい話を聞いたぞ。忘れないようにメモしよう」と思いますね。

  23. 「楽しい話をしなければいけない」と考える必要はない。
    よい印象は、平凡な会話で十分伝わる。

    会話が苦手な人は、ある傾向があります。
    「楽しい話をしなければいけない」と考えていることです。
    「人と話をするからには、相手を楽しませることが必要」と思っています。

  24. いらいらしているときは、無理に会話をしない。

    悲しいときには、友達と話をするのが一番です。
    話をしているうちに、悲しみが紛れて、元気が出てくるでしょう。
    落ち込んでいるときも、友達と話をするのが一番です。

  25. 「お忙しいところ失礼します」は、話しかけるときの決まり文句。

    職場で人に話しかけるときの言葉が大切です。
    話しかけるとき、どんな言葉を使いますか。
    日常会話では状況によってさまざまなフレーズがありますが、ビジネスでは決まり文句があります。

  26. 「今日は何の日」と聞かれたときの返事。

    「今日は何の日」と聞かれたら、こう答えてください。
    「今日は、これからの人生の最初の日」と。
    クイズを出した友達は、意外な返事に驚きつつ「なるほど」という表情をするでしょう。

  27. 楽しませてもらうより、楽しませるほうが、楽しい。

    楽しい人生を歩みたければ、受ける側より、与える側になることです。
    受ける側のほうが楽に思えますが、そうではありません。
    受け身は、何をどれだけ受けられるかが、相手しだいです。

  28. デリケートな話題で返事に困ったとき。

    話とはいえ、明るい話題ばかりとは限りません。
    中には、デリケートな話題が出ることがあります。
    「親が重い病にかかった」「友達が亡くなった」などです。

  29. 価値観の違う人がいないと、見識は広くならない。

    価値観の違う人がいないと、見識は広くなりません。
    赤色の水が入ったコップに、赤色の水を入れても、色の変化はありません。
    同じ色であるかぎり、色の変化を与えることはできません。

  30. 「くだらない」と言わないほうがいい。
    くだらない人間と思われるから。

    「くだらない」
    この口癖に心当たりがある人は、要注意です。
    もしかすると「くだらない」と言った瞬間、人間関係にひびを入れているかもしれません。

同じカテゴリーの作品