勉強法

スピード勉強で人生を切り開く
30の方法

読んだ お気に入り22
13

夢見る力を、
やる気に変える。

夢見る力を、やる気に変える。 | スピード勉強で人生を切り開く30の方法

自分にとっての理想的な現実を思い浮かべてみましょう。

理想的な現実を思い浮かべると、自然と嬉しい気持ちになり、笑顔になります。

理想ですから、そうなって当然です。

 

しかし、ふと現実に戻ると、理想と現実の間にギャップがある。

大きなため息が出そうになります。

「はあ、やはり考えるだけ無駄なのか……」

ちょっと待ってください。

あなたには素晴らしい能力があります。

「夢を見る」という素晴らしい能力です。

「夢を見る力」を何のために使うのかというと、理想と現実のギャップを埋めるために使います。

理想と現実は、ギャップがあって当然です。

ギャップがあるからこそ、ゲームのように少しでも埋めていく日々に喜びを感じます。

自分の理想を想像して、その理想を追いかけるためにやる気の炎を燃やして、前へと進みます。

夢見る力をやる気に変え、理想と現実のギャップを少しでも埋めるのです。

人生は、ゲームです。

誰でもゲームは楽しいと感じるように、人生も理想と現実のギャップを埋めるゲームだと考えれば、楽しくやる気も出てきます。

まとめ

スピード勉強で人生を切り開く方法 その13
  • 人生は、理想と現実を埋めるゲームだと考える。
スピードとは、協力である。

もくじ
スピード勉強で人生を切り開く30の方法
夢見る力を、やる気に変える。 | スピード勉強で人生を切り開く30の方法

  1. 知性とは、力である。
  2. 読書は付加価値となって、仕事に表れる。
  3. 本をたくさん読めばいいわけではない。
  4. メモ用紙がなければ、腕に書いてしまえ。
  5. 想像したことは、現実になる。
  6. 字が大きくてページの少ない本を選べば、挫折することはない。
  7. 薄い本ほど、中身が濃い。
  8. 時代を読もうとして本をゆっくり読んでいると、読んでいる間に次の時代へと変わってしまう。
  9. 過去を後悔して、いくら懐かしいと思っても、仕方ない。
  10. 学校なんて比にならない。
    日常生活そのものが学びの世界。
  11. スピードのある人は、仕事をすぐ終わらせて、デートをする。
  12. 自分を追い込んでスピードを出し、勉強もデートも両方してしまおう。
  13. 夢見る力を、やる気に変える。
  14. スピードとは、協力である。
  15. 分厚い本も、半分に割れば、薄くなる。
  16. 言いたいことから言い始め、書きたいことから書き始める。
  17. プロとアマチュアの差は「量」と「情熱」。
  18. 構想に3年もかけていると、3年後には時代が変わってしまう。
  19. 脱線したほうが、話が面白くなる。
  20. 机の前でしていないことが、本当の勉強だ。
  21. スピードを出して頑張りすぎると、結果が出ない。
  22. みんなのために行動すると、スピードが出ない。
    1人のために行動すると、スピードが出る。
  23. 悩んでいる時間があったら、本が1冊読めてしまう。
  24. 「命」と「五体満足」という素晴らしい宝を、最大限に活用していますか。
  25. 愚痴を言いそうになったら、酒を飲むより、本を読もう。
  26. アウトプットの過程で、理解が進む。
  27. 知識は活用したとき力になり、意味が出てくる。
  28. アウトプットをすればするほど、もっと勉強がしたくなる。
  29. 知識と知恵は、誰にも取られない最高の資産。
  30. 勉強すればするほど、意味が理解できるようになる。

同じカテゴリーの作品