人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

使がうまくなる
30方法

お気に入り47 読んだ
5

休憩まない

休憩を挟まない。 | 頭の使い方がうまくなる30の方法

  • ? 休憩を挟まない? まさか」

頭を上手に使うために、休憩を挟まないというポイントを視野に入れましょう。

我慢できないほどの疲労では、休憩を挟んだほうがいいですが、休憩を挟まないほうが、作業を効率よく進めることができます。

なぜ、休憩を挟むと質が低下するのかというと、リズムが崩れるからです。

「ちょっと休もう」とベッドに横になれば、起き上がるために、すごいパワーが必要です。

せっかくつけた勢いが、そこでいったん止まってしまうからです。

学生のころ、ある先生から勉強に集中するコツを聞きました。

「部屋に帰った瞬間にベッドで横になるな。そのまま机に向かえ!」というアドバイスでした。

せっかく学校で勢いよく回転している頭が「ちょっとだけ休もう」と気を緩めてベッドに横になったら最後。

一度休んだなら、せっかく熱くなっている頭が冷えてしまい、集中力を取り戻すために、大変になってしまうのです。

新幹線に、例えれば分かりやすいでしょう。

新幹線がなぜ速く進むのかというと、各駅で止まらないからです。

一つ一つの駅で停車をしないから、スピードを保ったまま進めます。

一度停止した新幹線がまた動き出すためには、膨大な時間とエネルギーが必要です。

「たまには休憩したほうがいいのでは」と思いますが、休憩しないほうがよい結果が得られます。

私も作品を書くときには、3~4時間ほどまとまった時間の間は、休憩を入れず一気に集中します。

音楽も聴きません。

イヤホンをして音楽を聴きながらの状態では、作品への集中力が低下します。

 

たしかに途中で疲れることもあります。

 

しかし、休憩を取ると、区切りができて集中力が切れてしまい、作品への熱が急に冷めてしまいます。

取り戻せないわけではありませんが、取り戻すまでに時間がかかります。

その時間とパワーが、もったいないのです。

少々疲れていても、休憩を入れないことにしています。

休憩を挟んだほうが質は高くなると思われがちです。

 

しかし、実際には、質が下がることのほうが多いのです。

私は常に、作品は一気に書き上げます。

今日も早起きをして、作品執筆に集中をします。

トイレのような生理現象を除いて、休憩は入れず、一気に5つから9つほどの記事を書き上げます。

1冊の本も、1カ月もかけてだらだら書かず、4日間で一気に書き上げます。

どんなに遅くても7日までです。

それ以上、だらだらゆっくりしていると、集中力が下がります。

人間特有の「何を書いたっけ」という物忘れのほうが顕著になります。

私は性格上、ゆっくりではできません。

すぐ忘れるから、忘れる前に集中して終わらせてしまうようにしています。

頭の使い方がうまくなる方法 その5

  • 休憩まないようにする
謙虚な人こそ、本当に強い人。

もくじ
(頭の使い方がうまくなる30の方法)

同じカテゴリーの作品