勉強法

スピード勉強で人生を切り開く
30の方法

13
28

アウトプットをすればするほど、
もっと勉強がしたくなる。

アウトプットをすればするほど、もっと勉強がしたくなる。 | スピード勉強で人生を切り開く30の方法

肉体労働の仕事をしている人は、食事をしてもすぐおなかがすきます。

体全身を動かす仕事をしているからです。

カロリー消費が早く、食事をしても数時間後には、おなかがすくでしょう。

逆に、デスクワークが中心の人は、運動量の少ないため、おなかがすくまでに時間がかかります。

体を動かす仕事ではないので、カロリーの消費量も比較的緩やかです。

ある程度時間が経てば自然とおなかがすきますが、肉体労働の人と比べて、おなかがすき始めるまでの時間は長いはずです。

「なかなか勉強する気になれない」という人がいます。

勉強する気になれないのは、積極的にアウトプットをしていないからです。

積極的に体を動かしていれば自然とおなかがすくように、勉強も積極的にアウトプットしていれば、自然と勉強がしたくなります。

知識欲は、生理的欲求です。

勉強も、アウトプットをたくさん吐き出して出せば出すほど、頭の空いた領域を埋めたがり、また勉強がしたくなります。

腹が減ればおなかが鳴りますが、脳が暇になると「勉強したい」と思い始めます。

私は文章を書くというアウトプットを、23歳から始めました。

文章を書いていて気づいたのですが、書き始めてからのほうが、さらに勉強好きになったということです。

書く前から勉強は好きでしたが、書くというアウトプットが習慣になると、勉強好きの度合いが強くなり、読書量も増えました。

体を動かしておなかがすけば、もっと食事を取りたくなるように、知識のアウトプットもすれば、もっと勉強をしたくなります。

「おなかがすけば食事がしたい」というのは、生理的欲求です。

「頭が空いたからもっと勉強がしたい」というのも、生理的欲求です。

知識欲は、本来誰もが持っている生理的欲求の1つです。

ただアウトプットという運動をして、知識を積極的に吐き出していないために、頭が空きにくくなっています。

運動をすればすぐおなかがすくように、アウトプットをすればすぐ勉強がしたくなります。

吐き出せば、もっと勉強がしたくなるのです。

スピード勉強で人生を切り開く方法(28)
  • 吐き出して、勉強好きになる。
知識と知恵は、誰にも取られない最高の資産。

もくじ
スピード勉強で人生を切り開く30の方法
アウトプットをすればするほど、もっと勉強がしたくなる。 | スピード勉強で人生を切り開く30の方法

  1. 知性とは、力である。
    知性とは、力である。
  2. 読書は付加価値となって、仕事に表れる。
    読書は付加価値となって、仕事に表れる。
  3. 本をたくさん読めばいいわけではない。
    本をたくさん読めばいいわけではない。
  4. メモ用紙がなければ、腕に書いてしまえ。
    メモ用紙がなければ、腕に書いてしまえ。
  5. 想像したことは、現実になる。
    想像したことは、現実になる。
  6. 字が大きくてページの少ない本を選べば、挫折することはない。
    字が大きくてページの少ない本を選べば、挫折することはない。
  7. 薄い本ほど、中身が濃い。
    薄い本ほど、中身が濃い。
  8. 時代を読もうとして本をゆっくり読んでいると、読んでいる間に次の時代へと変わってしまう。
    時代を読もうとして本をゆっくり読んでいると、読んでいる間に次の時代へと変わってしまう。
  9. 過去を後悔して、いくら懐かしいと思っても、仕方ない。
    過去を後悔して、いくら懐かしいと思っても、仕方ない。
  10. 学校なんて比にならない。<br>日常生活そのものが学びの世界。
    学校なんて比にならない。
    日常生活そのものが学びの世界。
  11. スピードのある人は、仕事をすぐ終わらせて、デートをする。
    スピードのある人は、仕事をすぐ終わらせて、デートをする。
  12. 自分を追い込んでスピードを出し、勉強もデートも両方してしまおう。
    自分を追い込んでスピードを出し、勉強もデートも両方してしまおう。
  13. 夢見る力を、やる気に変える。
    夢見る力を、やる気に変える。
  14. スピードとは、協力である。
    スピードとは、協力である。
  15. 分厚い本も、半分に割れば、薄くなる。
    分厚い本も、半分に割れば、薄くなる。
  16. 言いたいことから言い始め、書きたいことから書き始める。
    言いたいことから言い始め、書きたいことから書き始める。
  17. プロとアマチュアの差は「量」と「情熱」。
    プロとアマチュアの差は「量」と「情熱」。
  18. 構想に3年もかけていると、3年後には時代が変わってしまう。
    構想に3年もかけていると、3年後には時代が変わってしまう。
  19. 脱線したほうが、話が面白くなる。
    脱線したほうが、話が面白くなる。
  20. 机の前でしていないことが、本当の勉強だ。
    机の前でしていないことが、本当の勉強だ。
  21. スピードを出して頑張りすぎると、結果が出ない。
    スピードを出して頑張りすぎると、結果が出ない。
  22. みんなのために行動すると、スピードが出ない。<br>1人のために行動すると、スピードが出る。
    みんなのために行動すると、スピードが出ない。
    1人のために行動すると、スピードが出る。
  23. 悩んでいる時間があったら、本が1冊読めてしまう。
    悩んでいる時間があったら、本が1冊読めてしまう。
  24. 「命」と「五体満足」という素晴らしい宝を、最大限に活用していますか。
    「命」と「五体満足」という素晴らしい宝を、最大限に活用していますか。
  25. 愚痴を言いそうになったら、酒を飲むより、本を読もう。
    愚痴を言いそうになったら、酒を飲むより、本を読もう。
  26. アウトプットの過程で、理解が進む。
    アウトプットの過程で、理解が進む。
  27. 知識は活用したとき力になり、意味が出てくる。
    知識は活用したとき力になり、意味が出てくる。
  28. アウトプットをすればするほど、もっと勉強がしたくなる。
    アウトプットをすればするほど、もっと勉強がしたくなる。
  29. 知識と知恵は、誰にも取られない最高の資産。
    知識と知恵は、誰にも取られない最高の資産。
  30. 勉強すればするほど、意味が理解できるようになる。
    勉強すればするほど、意味が理解できるようになる。

同じカテゴリーの作品