人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
勉強法
復習タイミングは、1週間後が最適。
勉強法
復習効果を倍増させるには「1人授業」が効果的。
受験対策
勉強の大変さは、後になるほど軽くなる。
勉強法
記憶は「一度で完璧」ではなく「復習」で身につける。

成績がる
30勉強法

お気に入り68 読んだ
20

めた勉強失敗する
スピードのある勉強成功する

質を求めた勉強は失敗する。スピードのある勉強が成功する。 | 成績が上がる30の勉強法

強ができる人は、まず、スピードが違います。

一気にやってしまうスピードで、できるように集中力を発揮します。

速さ優先。

後から質を求めます。

 

たとえば、英単語100語を覚えるときに、あなたはどうしますか。

質を求める人は、1日10語ずつ確実に覚えて、10日間で完成しようとします。

 

しかし、この進め方では、1日目に覚えたことは、すっかり忘れていることでしょう。

復習もせずに1週間前の内容は、忘れていて当然です。

それどころか、昨日覚えた内容すら忘れているかもしれません。

  • 「一つ一つ、確実に」

ゆっくり質を求めて進める勉強法は、美しいようですが、失敗します。

 

では、勉強ができる人はどうするのかというと、1日目で100語を一気に覚えます。

もちろん100語を完全に覚えるのではなく、大まかに覚えます。

それをやってのけるために集中して、スピードをもって勉強します。

2日目から9日目までは、復習に時間を使います。

書いたり、音読したりして、確実に自分の体に染み込ませて身につけます。

両者を比べた場合、当然、確実に覚えているのは後者のスピード型勉強法です。

同じ10日間でも、身につけている具合がまったく違いますね。

初めから質を求めてはいけません。

まず、スピードです。

スピードの後に、質を求めましょう。

全体を一気に学び、復習に重点を置きます。

普通は高校3年で高校3年の授業をしますが、進学校の場合、授業を進めるのが早い特徴があります。

有名進学校では、高校2年の段階で、高校3年間の勉強をすべて終えるところが多い。

授業にスピードがあります。

なぜそうしたことをするのかというと、高校3年の1年間は、自分の進みたい大学に科目を絞り、復習する時間に充てるからです。

希望校に科目を絞って勉強して、忘れかけていたことを復習して、質を高めます。

初めは質より速さです。

後から質を求めればいいのです。

成績が上がる勉強法 その20

  • スピードをもって勉強する
復習効果を倍増させるには「1人授業」が効果的。

もくじ
(成績が上がる30の勉強法)

同じカテゴリーの作品