何もいいことがないときの
30の言葉

10
1

恥ずかしがらずに、
1人で高級レストランを楽しむ方法。

恥ずかしがらずに、1人で高級レストランを楽しむ方法。 | 何もいいことがないときの30の言葉

1人の行動に慣れている人であっても、ためらう場所とは

1人の行動に慣れている人がいます。

主体性があって精神的に自立している人は、いろんなところに1人で出かけることができます。

  • 1人でカフェに行く
  • 1人でカラオケに行く
  • 1人で水族館に行く
  • 1人で居酒屋に行く
  • 1人で旅行に行く

団体より個人のほうが、動きやすくて自由があります。

孤独に強い人は、どんどん1人で行動していけます。

普段から1人で行動することが多く、それが普通になっている人も多いでしょう。

そんな1人の行動に慣れている人であってもためらってしまう、特別な場所があります。

「高級レストラン」です。

1人の行動に慣れている人であっても、高級レストランだけは特別感が強く、恥ずかしく感じるものです。

高級レストランだけは、1人で行くのをためらうもの

高級レストランは、特別な場所です。

落ち着いた音楽が流れ、荘厳な雰囲気が漂っています。

大人だけが許される聖域です。

しかも上品な紳士淑女ばかりです。

1人のお客さんはほとんど見られません。

1人で旅行やカラオケに行くことはできても、1人で高級レストランに行くのだけは難しく感じるもの。

孤独に強くて1人の行動に慣れている人であっても、高級レストランだけは強い抵抗感を覚えるのです。

高級レストランに1人行くときは「意識」が大切

ここで、1人で高級レストランに行く抵抗感をなくす方法があります。

「自分にとって大切な記念日に行く」という方法です。

高級レストランには、自分にとって大切な記念日に行きます。

入店の際も「自分にとって大切な記念日を祝うために来た」と思うようにします。

するとどうでしょう。

大義名分を作ることで心の整理ができるようになり、抵抗感が小さくなります。

「自分にとって大切な記念日」というのは、あくまで個人的なことです。

個人的なことですから「1人で楽しむのが普通」と思えるようになります。

高級レストランに1人で来ることが自然に感じるようになるのです。

「個人的なこと」と思えばいい

1人で高級レストランに行くのが恥ずかしく感じるのは「カップルや団体で行くもの」という意識があるからです。

そこで意識改革です。

「個人的なこと」と思うことです。

個人的な意味があれば、高級レストランに1人で行くことが自然に感じるようになります。

むしろ「1人で行くべきだ」という考え方になるでしょう。

結局のところ、意識の問題です。

意識の問題ですから、意識が変われば感じ方も変わります。

周りからの視線があっても「私の記念日」と思えば、平気になれます。

恥ずかしさがなくなり、堂々としていられるのです。

いい気分に浸りながら食事を楽しもう

食事をする際は、その記念に関する出来事を思い出すといいでしょう。

記念日らしく節目を感じるのもよし。

涙ぐましい努力を思い出すのもよし。

これまでのお世話になった人への感謝を思い出すのもよし。

いい気分に浸りながら食事を楽しめば、より有意義な時間を過ごせます。

記念らしいことを思い出しながら、しばし心地よいひとときを過ごしましょう。

努力した自分に酔いつつ、ワインを飲んで、また心地よく酔えるのです。

念を押したいのであれば、予約の際「私の○○の記念を祝いたいため、予約させていただきます」と伝えるといいでしょう。

気の利いたレストランであれば、記念であることを伝えることで、特別な演出を用意してくれることもあります。

何もいいことがないときの言葉(10)
  • 1人で高級レストランに行くのが恥ずかしいときは「個人的な記念日」で克服する。
あなたの頭では毎日「0.3ミリの奇跡」が起こっている。

何もいいことがないときの30の言葉
何もいいことがないときの30の言葉

  1. 何もいいことがないのではない。<br>いいことに気づいていないだけだ。
    何もいいことがないのではない。
    いいことに気づいていないだけだ。
  2. 何もなかった日は、トラブルが起きなかった日。<br>素晴らしい平和を実現できた1日。
    何もなかった日は、トラブルが起きなかった日。
    素晴らしい平和を実現できた1日。
  3. おいしいものを食べるだけで、いいことになる。
    おいしいものを食べるだけで、いいことになる。
  4. 好きなことを我慢しない。<br>好きなことにもっとお金をかけよう。
    好きなことを我慢しない。
    好きなことにもっとお金をかけよう。
  5. 1週間に1回は、3つのことを流そう。<br>「汗」「涙」「嫌なこと」。
    1週間に1回は、3つのことを流そう。
    「汗」「涙」「嫌なこと」。
  6. 元気を出すために本を読むなら、活字が大きくて、文字数が少ないものがいい。
    元気を出すために本を読むなら、活字が大きくて、文字数が少ないものがいい。
  7. サービスの悪いお店は、運を奪い取られる。<br>サービスのいいお店は、運を分け与えてもらえる。
    サービスの悪いお店は、運を奪い取られる。
    サービスのいいお店は、運を分け与えてもらえる。
  8. 「今日は何かアクシデントがある」と思って出かけよう。<br>何もないだけでラッキーと喜べる。
    「今日は何かアクシデントがある」と思って出かけよう。
    何もないだけでラッキーと喜べる。
  9. 踏んだり蹴ったりの1日でも、1つはいいことがあるはずだ。
    踏んだり蹴ったりの1日でも、1つはいいことがあるはずだ。
  10. 恥ずかしがらずに、1人で高級レストランを楽しむ方法。
    恥ずかしがらずに、1人で高級レストランを楽しむ方法。
  11. あなたの頭では毎日「0.3ミリの奇跡」が起こっている。
    あなたの頭では毎日「0.3ミリの奇跡」が起こっている。
  12. はやっていることは、頑固に拒むのではなく、素直に乗っかってみる。
    はやっていることは、頑固に拒むのではなく、素直に乗っかってみる。
  13. 「何か面白いことはない?」と聞かれたらこう答えよう。<br>「面白いことだらけだよ」
    「何か面白いことはない?」と聞かれたらこう答えよう。
    「面白いことだらけだよ」
  14. 飽食の時代に生まれただけで、あなたはすでに運がいい。
    飽食の時代に生まれただけで、あなたはすでに運がいい。
  15. 挨拶をされないのは、あなたが挨拶をしないから。
    挨拶をされないのは、あなたが挨拶をしないから。
  16. 珍しい経験をするために、お金を払おう。<br>「珍しい」というだけで、お金を払う価値がある。
    珍しい経験をするために、お金を払おう。
    「珍しい」というだけで、お金を払う価値がある。
  17. ぼんやりした時間を作って楽しもう。<br>ぼんやりした時間が、楽しい人生を作り出す。
    ぼんやりした時間を作って楽しもう。
    ぼんやりした時間が、楽しい人生を作り出す。
  18. 飲み物をこぼしたら、掃除のきっかけに変えよう。<br>取れない黄ばみができたら、買い換えのきっかけに変えよう。
    飲み物をこぼしたら、掃除のきっかけに変えよう。
    取れない黄ばみができたら、買い換えのきっかけに変えよう。
  19. 電車に乗ったら、車窓から景色を楽しもう。<br>車窓からの景色は、電車が存在する現代だから楽しめる贅沢。
    電車に乗ったら、車窓から景色を楽しもう。
    車窓からの景色は、電車が存在する現代だから楽しめる贅沢。
  20. 同じところで何枚も写真を撮らない。<br>限度を超えると、品位を損なう。
    同じところで何枚も写真を撮らない。
    限度を超えると、品位を損なう。
  21. 外出しなかった日も、きちんとお風呂に入ろう。
    外出しなかった日も、きちんとお風呂に入ろう。
  22. この世で最もお金がかかる趣味とは。
    この世で最もお金がかかる趣味とは。
  23. 誰とも話さない日もあっていい。<br>ただし、長期にならないこと。
    誰とも話さない日もあっていい。
    ただし、長期にならないこと。
  24. 「どうでもいい」は、思考停止を促す言葉。
    「どうでもいい」は、思考停止を促す言葉。
  25. 嫌なことがあったとき、明るい表情でいるだけで、いいことをしたことになる。
    嫌なことがあったとき、明るい表情でいるだけで、いいことをしたことになる。
  26. 「何もなかった」を「すこぶる順調だった」と言い換えるだけで、見える景色が明るく変わる。
    「何もなかった」を「すこぶる順調だった」と言い換えるだけで、見える景色が明るく変わる。
  27. 極楽は、バスタイムにある。
    極楽は、バスタイムにある。
  28. 健康診断の結果が「異常なし」であっても、受診した意味はある。
    健康診断の結果が「異常なし」であっても、受診した意味はある。
  29. 「今日は何もいいことがなかった」と思うのはまだ早い。<br>日付が変わるまで、諦めない。
    「今日は何もいいことがなかった」と思うのはまだ早い。
    日付が変わるまで、諦めない。
  30. 何もなかった日は、感謝の言葉で1日を締めくくろう。<br>「今日も平和な1日をありがとうございます」
    何もなかった日は、感謝の言葉で1日を締めくくろう。
    「今日も平和な1日をありがとうございます」

同じカテゴリーの作品

プラス思考」の人気記事

1
ポジティブになれない原因は、行動しないから。
プラス思考
ポジティブになれない原因は、行動しないから。
ポジティブ思考になる30の方法
2
ネガティブな人は、複雑に考える。ポジティブな人は、シンプルに考える。
プラス思考
ネガティブな人は、複雑に考える。
ポジティブな人は、シンプルに考える。
ポジティブ思考になる30の方法
3
気持ちはなくていいから、とにかく癖にしてしまう。
プラス思考
気持ちはなくていいから、とにかく癖にしてしまう。
ポジティブ思考になる30の方法
4
「どうせできない」はネガティブになるおまじない。「何とかなる」はポジティブになるおまじない。
プラス思考
「どうせできない」はネガティブになるおまじない。
「何とかなる」はポジティブになるおまじない。
ポジティブ思考になる30の方法
5
嫌なことがあったときは、意味のあることと考える。
プラス思考
嫌なことがあったときは、意味のあることと考える。
明るい性格になる30の方法
6
足りないのは、自分を褒める習慣。
プラス思考
足りないのは、自分を褒める習慣。
暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法
7
「明るい人」になりたければ「行動する人」になればいい。
プラス思考
「明るい人」になりたければ「行動する人」になればいい。
明るい性格になる30の方法
8
「積極的な人間関係」でポジティブになる。
プラス思考
「積極的な人間関係」でポジティブになる。
ポジティブ思考になる30の方法
9
相手を変えようとすると、うまくいかない。自分を変えようとすると、うまくいく。
プラス思考
相手を変えようとすると、うまくいかない。
自分を変えようとすると、うまくいく。
ポジティブ思考になる30の方法
10
すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
プラス思考
すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION