プラス思考

何もいいことがないときの
30の言葉

2
20

電車に乗ったら、
車窓から景色を楽しもう。
車窓からの景色は、
電車が存在する現代だから楽しめる贅沢。

電車に乗ったら、車窓から景色を楽しもう。車窓からの景色は、電車が存在する現代だから楽しめる贅沢。 | 何もいいことがないときの30の言葉

電車に乗っているときしか楽しめない、有意義な過ごし方とは

 

電車に乗ったら何をしていますか。

空席があれば、そのまま座る人もいるでしょう。

目的地に着くまでぼんやりしているしている人もいるでしょう。

カバンの中から本を取り出して、電車で読書を楽しむ人もいるはずです。

スマートフォンで、ゲームを楽しんだりニュースを読んだりして、暇つぶしをする人もいるのではないでしょうか。

もちろん電車の中の過ごし方は自由です。

しかし、せっかく電車に乗っているなら、もっと有意義なことに時間を使いませんか。

電車に乗っているときしか楽しめない、有意義な過ごし方があります。

それは「車窓から景色を楽しむこと」です。

 

車窓から見える景色には「風情」がある

 

景色を眺めても仕方ないと思うかもしれませんが、誤解です。

車窓から見える景色には、風情があります。

電車の動きと共に移り変わっていく景色は、電車に乗っているときしか楽しめません。

歩いているときや走っているときの景色でもなければ、自転車に乗っているときの景色とも違います。

椅子に座ったり、スマートフォンでゲームを楽しんだりするのは、別のタイミングでもできることです。

特別疲れていなければ、立ったまま外の景色を眺めましょう。

「ガタンゴトン」という音とともに移り変わる景色には、最上の風情があります。

 

車窓から景色を眺めることには、メリットがある

 

車窓から景色を眺めることには、メリットがあります。

まず気分転換です。

短時間でいろんなものが視界に飛び込んできます。

人、看板、建物、モニュメント、川、公園、緑、町並み。

ぼんやり眺めているだけで、心が和らいでストレスが軽くなっていきます。

かっこいい男性やかわいい女性を見つけ、目の保養になるかもしれません。

普段から乗っている電車でも、注意深く眺めていれば「こんなところにこんなものがあったのだね」と驚くことがあるでしょう。

 

仕事に役立つヒントが見つかることもあります。

視界に飛び込んできたものから、ひらめきが生まれるのはよくあること。

短時間で偶然の出会いをたくさん可能にします。

車窓の向こうには「仕事のタネ」があります。

問題意識を持って眺めていれば、注意力が高まってヒントを見つけやすくなります。

普通に景色を眺めている時間ではありません。

ヒント探しに集中すれば、車窓から景色を眺めるとはいえ、生産的な時間になります。

ヒントから着想を得て、アイデアに発展させましょう。

 

 

車窓からの景色は、電車が存在する現代だから楽しめる贅沢ぜいたく

 

車窓からの景色は、電車に乗っているときしか楽しめません。

電車が登場する前の時代では、楽しめなかったエンターテインメントです。

車窓から眺めるだけでいいのです。

貴重な奇跡、素晴らしい感動に出会えるかもしれません。

車窓からの景色は、電車が存在する現代だから楽しめる贅沢ぜいたくです。

何もいいことがないときの言葉(20)
  • 電車に乗ったら、車窓から景色を楽しむ。
同じところで何枚も写真を撮らない。
限度を超えると、品位を損なう。

もくじ
何もいいことがないときの30の言葉
電車に乗ったら、車窓から景色を楽しもう。車窓からの景色は、電車が存在する現代だから楽しめる贅沢。 | 何もいいことがないときの30の言葉

  1. 何もいいことがないのではない。<br>いいことに気づいていないだけだ。
    何もいいことがないのではない。
    いいことに気づいていないだけだ。
  2. 何もなかった日は、トラブルが起きなかった日。<br>素晴らしい平和を実現できた1日。
    何もなかった日は、トラブルが起きなかった日。
    素晴らしい平和を実現できた1日。
  3. ずっと気になっていることを放置しない。<br>気持ちが収まらないのは、それだけ興味が強い証拠。
    ずっと気になっていることを放置しない。
    気持ちが収まらないのは、それだけ興味が強い証拠。
  4. 1週間に1回は、3つのことを流そう。<br>「汗」「涙」「嫌なこと」。
    1週間に1回は、3つのことを流そう。
    「汗」「涙」「嫌なこと」。
  5. おいしいものを食べるだけで、いいことになる。
    おいしいものを食べるだけで、いいことになる。
  6. 元気を出すために本を読むなら、活字が大きくて、文字数が少ないものがいい。
    元気を出すために本を読むなら、活字が大きくて、文字数が少ないものがいい。
  7. 好きなことを我慢しない。<br>好きなことにもっとお金をかけよう。
    好きなことを我慢しない。
    好きなことにもっとお金をかけよう。
  8. サービスの悪いお店は、運を奪い取られる。<br>サービスのいいお店は、運を分け与えてもらえる。
    サービスの悪いお店は、運を奪い取られる。
    サービスのいいお店は、運を分け与えてもらえる。
  9. 「今日は何かアクシデントがある」と思って出かけよう。<br>何もないだけでラッキーと喜べる。
    「今日は何かアクシデントがある」と思って出かけよう。
    何もないだけでラッキーと喜べる。
  10. 踏んだり蹴ったりの1日でも、1つはいいことがあるはずだ。
    踏んだり蹴ったりの1日でも、1つはいいことがあるはずだ。
  11. 恥ずかしがらずに、1人で高級レストランを楽しむ方法。
    恥ずかしがらずに、1人で高級レストランを楽しむ方法。
  12. あなたの頭では毎日「0.3ミリの奇跡」が起こっている。
    あなたの頭では毎日「0.3ミリの奇跡」が起こっている。
  13. はやっていることは、頑固に拒むのではなく、素直に乗っかってみる。
    はやっていることは、頑固に拒むのではなく、素直に乗っかってみる。
  14. 「何か面白いことはない?」と聞かれたらこう答えよう。<br>「面白いことだらけだよ」
    「何か面白いことはない?」と聞かれたらこう答えよう。
    「面白いことだらけだよ」
  15. 骨のある食べ物は、普通より多くの楽しみが詰まっている。
    骨のある食べ物は、普通より多くの楽しみが詰まっている。
  16. 「堅い」を「歯ごたえがある」に言い換えるだけで、もっとおいしく味わえる。
    「堅い」を「歯ごたえがある」に言い換えるだけで、もっとおいしく味わえる。
  17. 珍しい経験をするために、お金を払おう。<br>「珍しい」というだけで、お金を払う価値がある。
    珍しい経験をするために、お金を払おう。
    「珍しい」というだけで、お金を払う価値がある。
  18. ぼんやりした時間を作って楽しもう。<br>ぼんやりした時間が、楽しい人生を作り出す。
    ぼんやりした時間を作って楽しもう。
    ぼんやりした時間が、楽しい人生を作り出す。
  19. 飲み物をこぼしたら、掃除のきっかけに変えよう。<br>取れない黄ばみができたら、買い換えのきっかけに変えよう。
    飲み物をこぼしたら、掃除のきっかけに変えよう。
    取れない黄ばみができたら、買い換えのきっかけに変えよう。
  20. 電車に乗ったら、車窓から景色を楽しもう。<br>車窓からの景色は、電車が存在する現代だから楽しめる贅沢。
    電車に乗ったら、車窓から景色を楽しもう。
    車窓からの景色は、電車が存在する現代だから楽しめる贅沢。
  21. 同じところで何枚も写真を撮らない。<br>限度を超えると、品位を損なう。
    同じところで何枚も写真を撮らない。
    限度を超えると、品位を損なう。
  22. 外出しなかった日も、きちんとお風呂に入ろう。
    外出しなかった日も、きちんとお風呂に入ろう。
  23. この世で最もお金がかかる趣味とは。
    この世で最もお金がかかる趣味とは。
  24. 誰とも話さない日もあっていい。<br>ただし、長期にならないこと。
    誰とも話さない日もあっていい。
    ただし、長期にならないこと。
  25. 「どうでもいい」は、思考停止を促す言葉。
    「どうでもいい」は、思考停止を促す言葉。
  26. 嫌なことがあったとき、明るい表情でいるだけで、いいことをしたことになる。
    嫌なことがあったとき、明るい表情でいるだけで、いいことをしたことになる。
  27. 極楽は、バスタイムにある。
    極楽は、バスタイムにある。
  28. 「何もなかった」を「すこぶる順調だった」と言い換えるだけで、見える景色が明るく変わる。
    「何もなかった」を「すこぶる順調だった」と言い換えるだけで、見える景色が明るく変わる。
  29. 健康診断の結果が「異常なし」であっても、受診した意味はある。
    健康診断の結果が「異常なし」であっても、受診した意味はある。
  30. 何もなかった日は、感謝の言葉で1日を締めくくろう。<br>「今日も平和な1日をありがとうございます」
    何もなかった日は、感謝の言葉で1日を締めくくろう。
    「今日も平和な1日をありがとうございます」

同じカテゴリーの作品