何もいいことがないときの
30の言葉

3
2

おいしいものを食べるだけで、
いいことになる。

おいしいものを食べるだけで、いいことになる。 | 何もいいことがないときの30の言葉

いいことを起こす「おいしい方法」とは

今すぐいいことを起こす方法があります。

とても簡単である上、とてもおいしい方法です。

それは「おいしいものを食べる」という方法です。

食べることは、人にとって欠かせない基本行為です。

食欲は、3大欲求の1つです。

おいしいものを食べることで、食欲をたっぷり満たせます。

しかも幸福感でいっぱいに満たせます。

これを「いいこと」と言わずして何と言うのでしょう。

とても幸せなことであり、恵まれたことです。

当たり前のことと思うかもしれませんが、だからこそ見落としがちです。

おいしいものを食べよう

あなたの大好物は何ですか。

それを食べるだけでいいのです。

おいしいものを食べるだけですから簡単にできますね。

難しくもなんともありませんが、これぞまさしく「いいこと」の代表例です。

おいしいものを食べてください。

コンビニに行って、大好物を買って食べるのもよし。

パンでもお菓子でも飲み物でもかまいません。

レストランに行って、好きな料理を注文して食べるのもよし。

値段は気にせず、とにかく食べたいものを食べましょう。

もちろん自分の手で食事を作ってもかまいません。

自分が作ったものなら、何でもおいしく感じるでしょう。

食べているときは、味に集中しましょう。

目をつぶって食べてみると、より味に集中しやすくなります。

「なんておいしいのだろう!」と感動してください。

感動はすればするほどいいものです。

おいしいものを食べられることに感謝しましょう。

おいしいものを食べれば、テンションも上がり、心も元気になります。

少しくらい値段が高くてもいいのです。

おいしいものを楽しめるのですから安いものです。

私たちは幸せな時代に生きています。

自由においしいものを食べられる時代に生きています。

普通に食欲を満たすのもいいですが、せっかく食べるなら大好物を食べましょう。

朝食・昼食・夕食の3回ともおいしいものを食べれば、いいことが3回起こったことになります。

おいしいものを食べるだけで、いいことになるのです。

何もいいことがないときの言葉(3)
  • おいしいものを食べて、いいことを実感する。
好きなことを我慢しない。
好きなことにもっとお金をかけよう。

何もいいことがないときの30の言葉
何もいいことがないときの30の言葉

  1. 何もいいことがないのではない。<br>いいことに気づいていないだけだ。
    何もいいことがないのではない。
    いいことに気づいていないだけだ。
  2. 何もなかった日は、トラブルが起きなかった日。<br>素晴らしい平和を実現できた1日。
    何もなかった日は、トラブルが起きなかった日。
    素晴らしい平和を実現できた1日。
  3. おいしいものを食べるだけで、いいことになる。
    おいしいものを食べるだけで、いいことになる。
  4. 好きなことを我慢しない。<br>好きなことにもっとお金をかけよう。
    好きなことを我慢しない。
    好きなことにもっとお金をかけよう。
  5. 1週間に1回は、3つのことを流そう。<br>「汗」「涙」「嫌なこと」。
    1週間に1回は、3つのことを流そう。
    「汗」「涙」「嫌なこと」。
  6. 元気を出すために本を読むなら、活字が大きくて、文字数が少ないものがいい。
    元気を出すために本を読むなら、活字が大きくて、文字数が少ないものがいい。
  7. サービスの悪いお店は、運を奪い取られる。<br>サービスのいいお店は、運を分け与えてもらえる。
    サービスの悪いお店は、運を奪い取られる。
    サービスのいいお店は、運を分け与えてもらえる。
  8. 「今日は何かアクシデントがある」と思って出かけよう。<br>何もないだけでラッキーと喜べる。
    「今日は何かアクシデントがある」と思って出かけよう。
    何もないだけでラッキーと喜べる。
  9. 踏んだり蹴ったりの1日でも、1つはいいことがあるはずだ。
    踏んだり蹴ったりの1日でも、1つはいいことがあるはずだ。
  10. 恥ずかしがらずに、1人で高級レストランを楽しむ方法。
    恥ずかしがらずに、1人で高級レストランを楽しむ方法。
  11. あなたの頭では毎日「0.3ミリの奇跡」が起こっている。
    あなたの頭では毎日「0.3ミリの奇跡」が起こっている。
  12. はやっていることは、頑固に拒むのではなく、素直に乗っかってみる。
    はやっていることは、頑固に拒むのではなく、素直に乗っかってみる。
  13. 「何か面白いことはない?」と聞かれたらこう答えよう。<br>「面白いことだらけだよ」
    「何か面白いことはない?」と聞かれたらこう答えよう。
    「面白いことだらけだよ」
  14. 飽食の時代に生まれただけで、あなたはすでに運がいい。
    飽食の時代に生まれただけで、あなたはすでに運がいい。
  15. 挨拶をされないのは、あなたが挨拶をしないから。
    挨拶をされないのは、あなたが挨拶をしないから。
  16. 珍しい経験をするために、お金を払おう。<br>「珍しい」というだけで、お金を払う価値がある。
    珍しい経験をするために、お金を払おう。
    「珍しい」というだけで、お金を払う価値がある。
  17. ぼんやりした時間を作って楽しもう。<br>ぼんやりした時間が、楽しい人生を作り出す。
    ぼんやりした時間を作って楽しもう。
    ぼんやりした時間が、楽しい人生を作り出す。
  18. 飲み物をこぼしたら、掃除のきっかけに変えよう。<br>取れない黄ばみができたら、買い換えのきっかけに変えよう。
    飲み物をこぼしたら、掃除のきっかけに変えよう。
    取れない黄ばみができたら、買い換えのきっかけに変えよう。
  19. 電車に乗ったら、車窓から景色を楽しもう。<br>車窓からの景色は、電車が存在する現代だから楽しめる贅沢。
    電車に乗ったら、車窓から景色を楽しもう。
    車窓からの景色は、電車が存在する現代だから楽しめる贅沢。
  20. 同じところで何枚も写真を撮らない。<br>限度を超えると、品位を損なう。
    同じところで何枚も写真を撮らない。
    限度を超えると、品位を損なう。
  21. 外出しなかった日も、きちんとお風呂に入ろう。
    外出しなかった日も、きちんとお風呂に入ろう。
  22. この世で最もお金がかかる趣味とは。
    この世で最もお金がかかる趣味とは。
  23. 誰とも話さない日もあっていい。<br>ただし、長期にならないこと。
    誰とも話さない日もあっていい。
    ただし、長期にならないこと。
  24. 「どうでもいい」は、思考停止を促す言葉。
    「どうでもいい」は、思考停止を促す言葉。
  25. 嫌なことがあったとき、明るい表情でいるだけで、いいことをしたことになる。
    嫌なことがあったとき、明るい表情でいるだけで、いいことをしたことになる。
  26. 「何もなかった」を「すこぶる順調だった」と言い換えるだけで、見える景色が明るく変わる。
    「何もなかった」を「すこぶる順調だった」と言い換えるだけで、見える景色が明るく変わる。
  27. 極楽は、バスタイムにある。
    極楽は、バスタイムにある。
  28. 健康診断の結果が「異常なし」であっても、受診した意味はある。
    健康診断の結果が「異常なし」であっても、受診した意味はある。
  29. 「今日は何もいいことがなかった」と思うのはまだ早い。<br>日付が変わるまで、諦めない。
    「今日は何もいいことがなかった」と思うのはまだ早い。
    日付が変わるまで、諦めない。
  30. 何もなかった日は、感謝の言葉で1日を締めくくろう。<br>「今日も平和な1日をありがとうございます」
    何もなかった日は、感謝の言葉で1日を締めくくろう。
    「今日も平和な1日をありがとうございます」

同じカテゴリーの作品

5:08

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION