自分磨き

自分の魅力に気づく
30の方法

10
30

魅力は、
最初からあるものではなく、
自分で作っていくもの。

魅力は、最初からあるものではなく、自分で作っていくもの。 | 自分の魅力に気づく30の方法

「自分には魅力がない」

そう思っているあなた。

大きな誤解をしています。

 

たしかに生まれつきの魅力もあります。

きれいな二重、かわいいえくぼ、愛くるしい笑顔など、生まれつき備わった外見的魅力もあるでしょう。

声に特徴があって、その人の魅力になっていることもあるでしょう。

優しい性格、明るい性格、ポジティブな性格など、生まれつき備わった内面的魅力もあるでしょう。

もともと性格に強みがあれば、魅力的な個性として生かしている人もいるはずです。

魅力といえば「生まれつきに備わっているもの」と思われがちです。

もちろん生まれつきの魅力もありますが、先天的要素がすべてではありません。

魅力は、自分で作っていくものでもあります。

もし自分に魅力がないなら、自分の意思と努力で魅力を作っていきましょう。

 

たとえば、髪型です。

髪質は生まれつきでも、髪型は自分で自由に決めることができます。

自分らしい髪型を決め、普段からその髪型を楽しみましょう。

自分らしい髪型が定着すれば、魅力に変わっているでしょう。

また、好きなことに取り組んで精通することも大切です。

 

たとえば、歴史が好きだとしたら、とことん突き詰めます。

自分の好きな勉強なら、自然と力が入り、楽しみながら学べるでしょう。

最初は無知であっても、1つのことを突き詰めていけば、博識になります。

最初は素人でも、勉強を重ねていけば、だんだん玄人に変わっていくでしょう。

知識が豊富になり、歴史のことなら何でも答えることができるようになります。

「歴史のことならこの人だね」と言われるようになります。

いずれ「専門家」と呼ばれるようになり、あなたの魅力に変わるはずです。

今からポジティブを意識することも可能です。

新しい考え方を身につけたり、物事の捉え方を工夫したり、成功体験を積み重ねたりです。

先天的にネガティブでも、後天的な努力によって、ポジティブになることも可能です。

最初は普通で平凡なことであっても、突き詰めていくにつれて奥が深まります。

差別化につながり、結果として魅力に変わるのです。

「自分には魅力がない」と嘆くだけでは何も変わりません。

魅力がないなら、作りましょう。

魅力を作り始めるのに遅すぎることはありません。

もちろん今からでも間に合います。

10代や20代から新しく魅力を作ることはできます。

たとえ中年以降であっても、新しい魅力を作ることは可能です。

必要なのは、あなたの意思と努力。

自分の興味関心を羅針盤にすると、進むべき方向が見えてきます。

魅力は、最初からあるものではなく、自分で作っていくものなのです。

自分の魅力に気づく方法(30)
  • 自分に魅力がないなら、魅力を作る。
まとめ

もくじ
自分の魅力に気づく30の方法
魅力は、最初からあるものではなく、自分で作っていくもの。 | 自分の魅力に気づく30の方法

  1. あなたの魅力は、本には書かれていない。<br>自分の魅力は、自分で見つけるしかない。
    あなたの魅力は、本には書かれていない。
    自分の魅力は、自分で見つけるしかない。
  2. へそがあるのは、お母さんから愛されてきた証拠。
    へそがあるのは、お母さんから愛されてきた証拠。
  3. わくわくすることを探すより、何でもわくわくする自分になる。
    わくわくすることを探すより、何でもわくわくする自分になる。
  4. 顔の中心点を押しながら考えると、問題の核心を迫ろうとする意識が強くなる。
    顔の中心点を押しながら考えると、問題の核心を迫ろうとする意識が強くなる。
  5. 「きれいだな」と感動できるのは、きれいな心を持っている証拠。
    「きれいだな」と感動できるのは、きれいな心を持っている証拠。
  6. 自分の名前に隠された、大切なこと。
    自分の名前に隠された、大切なこと。
  7. 体の障害は、嘆くより生かす。
    体の障害は、嘆くより生かす。
  8. 痩せる喜びは、太った人ほど、味わいやすい。
    痩せる喜びは、太った人ほど、味わいやすい。
  9. 鈍感と言われても、落ち込むことはない。<br>鈍感であることは、素晴らしい能力だ。
    鈍感と言われても、落ち込むことはない。
    鈍感であることは、素晴らしい能力だ。
  10. 気分屋には、気分屋なりのいいところがある。
    気分屋には、気分屋なりのいいところがある。
  11. 器用も不器用も、あってないようなもの。<br>最初から上手にできる人はいない。
    器用も不器用も、あってないようなもの。
    最初から上手にできる人はいない。
  12. 過去は変えられないが、過去の印象は変えられる。
    過去は変えられないが、過去の印象は変えられる。
  13. ほくろは単なる黒の点ではない。<br>チャームポイントだ。
    ほくろは単なる黒の点ではない。
    チャームポイントだ。
  14. ささいなことに悩みやすい人ほど、幸せな人生を歩みやすい。
    ささいなことに悩みやすい人ほど、幸せな人生を歩みやすい。
  15. 長所は、自分が判断することではなく、他人が判断すること。
    長所は、自分が判断することではなく、他人が判断すること。
  16. 無口は、悩みではなく才能だ。<br>無口である分、よく考えられる。
    無口は、悩みではなく才能だ。
    無口である分、よく考えられる。
  17. 特技を大げさに考えない。<br>自分が「得意だな」と感じたことが、特技である。
    特技を大げさに考えない。
    自分が「得意だな」と感じたことが、特技である。
  18. 難しいことがわからなくてもいい。<br>シンプルな話が好きな性格なのだ。
    難しいことがわからなくてもいい。
    シンプルな話が好きな性格なのだ。
  19. なぜ、知ったかぶりを演じるほど、自分のことが嫌いになるのか。
    なぜ、知ったかぶりを演じるほど、自分のことが嫌いになるのか。
  20. 記憶力が弱くても、頭はよくなれる。
    記憶力が弱くても、頭はよくなれる。
  21. いらいらした感情を、意思の力で抑えられるのが、人間だ。
    いらいらした感情を、意思の力で抑えられるのが、人間だ。
  22. 話が噛み合わないのは、自分が悪いからではない。<br>同じ価値観の人がいないだけ。
    話が噛み合わないのは、自分が悪いからではない。
    同じ価値観の人がいないだけ。
  23. 変人と天才の差は、紙一重。
    変人と天才の差は、紙一重。
  24. 自分が弱点だと思うことほど、他人には魅力に見えるもの。
    自分が弱点だと思うことほど、他人には魅力に見えるもの。
  25. 自分の味方を増やしたければ、まず誰かの味方になること。
    自分の味方を増やしたければ、まず誰かの味方になること。
  26. 外向的な性格でなくてもいい。<br>内向的な性格も、魅力的な個性の1つ。
    外向的な性格でなくてもいい。
    内向的な性格も、魅力的な個性の1つ。
  27. 生きている人に、ダメな人間は、1人もいない。
    生きている人に、ダメな人間は、1人もいない。
  28. 相手を笑わせるなら、自分が笑えばいい。<br>自分が笑うなら、自分の恥を話せばいい。
    相手を笑わせるなら、自分が笑えばいい。
    自分が笑うなら、自分の恥を話せばいい。
  29. しわを悪だと考えない。<br>人に味わいを与えるものだ。
    しわを悪だと考えない。
    人に味わいを与えるものだ。
  30. 魅力は、最初からあるものではなく、自分で作っていくもの。
    魅力は、最初からあるものではなく、自分で作っていくもの。

同じカテゴリーの作品