自分磨き

完璧主義を治す
30の方法

読んだ お気に入り1
26

そもそも完璧にできないことではないか。

そもそも完璧にできないことではないか。 | 完璧主義を治す30の方法

世の中には、完璧にできないことがあります。

 

たとえば、夫婦生活です。

夫婦生活は正解がないため、完璧にしたくてもできません。

夫婦生活は、思うようにいかないことが多々あります。

「以心伝心」「つかず離れずの距離」などデリケートなことは、言葉や数字で表現するのが難しい。

子育ても完璧がありません。

子育ては点数のつけようがないため、完璧にできないことの1つです。

子育ては、想定外の連続。

頑張っても、思うようにいかないことは日常茶飯事です。

芸術もそうです。

芸術は感性の世界。

美術・音楽・文学・演劇。

絵・言葉・数字で表現ができても、正解が存在しないため、完全に表現するのも不可能な分野です。

趣味や価値観は人によって違うため、考え方や受け止め方もさまざまであり、感想も評価も人によって変わります。

試験や試合のように結果を数字で表現できることならいいですが、子育て・夫婦生活・芸術では結果を数字で表現できません。

「100点満点」「100パーセント」「パーフェクト」が存在しません。

曖昧で抽象的で、完璧が存在しない世界です。

努力の方向が、よいのか悪いのかさえ、分からないことも少なくありません。

あなたが取り組んでいることを振り返ってみてください。

実は、そもそも完璧にできないことではないでしょうか。

そもそも完璧にできないことを完璧にしようとしているなら、無駄で非効率だと気づけるでしょう。

終わりのないストレスに苦しめられるのも当然です。

無駄に頑張っていた自分がおかしく思えるでしょう。

「そもそも完璧にできないことだったのだね」と分かれば、完璧を諦めることも大切です。

完璧が存在しない世界は、最善を尽くすのが一番です。

自分なりにできるかぎりの努力を尽くしたなら、それでよしとします。

完璧にできなくても、最善を尽くしたなら、誰も文句は言いません。

自分を苦しめていた鎖が解き放たれるのです。

まとめ

完璧主義を治す方法 その26
  • そもそも完璧にできないことではないか、よく考えてみる。
完璧主義者は「人生は長い」と意識することが大切。

もくじ
完璧主義を治す30の方法
そもそも完璧にできないことではないか。 | 完璧主義を治す30の方法

  1. 完璧主義は、嫌われるのか。
  2. 完璧主義は、改善できる性格。
  3. 完璧主義の8つの長所・メリット。
  4. 完璧主義の9つの短所・デメリット。
  5. うまくいかなくても、自分を責めないようにする。
  6. 満点の定義を再設定する。
    100点満点ではなく、70点満点にすればいい。
  7. 100点満点を意識するから苦しくなる。
    合格点を意識すれば楽になる。
  8. 相手に完璧を求めなければ、自分も完璧に苦しまなくて済む。
  9. 「白か黒か」「0か100か」という極端な考え方をやめる。
  10. 完璧主義から最善主義になる。
  11. ミスの許容範囲を広げるにつれて、完璧主義も治っていく。
  12. 目標ではなく、目的に集中する。
  13. 完璧主義を打開するには、不得意を経験することが大切。
  14. 1人で仕事を背負い込まない。
    できる範囲から人に仕事を任せていこう。
  15. 完璧主義者は、自分の価値観を押し付けないように注意する。
  16. 深みにはまりそうなら、最初から関わらないのが得策。
  17. 適度は、限界を知ってこそ、設定できる。
  18. 客観性と柔軟性を取り戻す一言。
    「そんなにこだわって何の意味があるの?」
  19. 完璧主義者は、休暇の予定から先に入れよう。
  20. 重要な順番が、正しい優先順位とは限らない。
    時間のかかる仕事なら、優先順位を下げたほうがいい場合もある。
  21. 自分と他人は別である。
    完璧な結果を出す人に憧れても、惑わされない。
  22. 「完璧にしよう」と思うから完璧主義になっている。
  23. いったん結果は忘れよう。
    過程を楽しむことに集中しよう。
  24. ナンバーワンよりベストスリー。
    ベストスリーよりベストファイブ。
    ベストファイブよりベストテン。
  25. 未達成で満足する経験を積み重ねていく。
  26. そもそも完璧にできないことではないか。
  27. 完璧主義者は「人生は長い」と意識することが大切。
  28. もっと肩の力を抜こう。
    もっと深く呼吸をしよう。
  29. 諦めることを「前進」と考えてみる。
  30. 無駄になった経験は「別の機会で生かされる」と考えること。

同じカテゴリーの作品