就職活動

就職活動がうまくいかないときの
30の言葉

お気に入り7 読んだ
3

就職活動をした日は、
前向きに生きた1日。

就職活動をした日は、前向きに生きた1日。 | 就職活動がうまくいかないときの30の言葉

就職活動をした日は、前向きに生きた1日です。

前向きでないと、就職活動はできません。

希望を持って、仕事をしたい気持ちがあるから、就職活動をしています。

仕事の目的が何であれ、仕事を探す行動は、素晴らしいことです。

たくさん企業があって、選ぶだけでも時間がかかるでしょう。

不景気で、うまくいかないかもしれません。

自己PRや志望動機が思うように話せず、ミスをすることもあるかもしれません。

 

しかし、今の苦しみは、内定をもらった後の粘り強さに変わります。

まったく前進していないように思えますが、気のせいです。

就職活動は、結果が出るまでに時間がかかるだけです。

調べ物をして、新しい情報が分かるだけでも、前進です。

説明会に出席をして、資料をもらっただけでも、前進です。

不採用の通知を受け取っても「うまくいかなかった」という結果が分かったので、前進です。

結果にかかわらず、とりあえず前向きに就職活動をしている自分を褒めてあげてください。

「今日もよく頑張った。前向きに生きた1日だ。明日も頑張ろう」

前向きに活動していれば、いつかきっと報われます。

希望を持って、今後も就職活動を続けていきましょう。

就職活動をした1日は、前向きに生きた1日なのです。

まとめ

就職活動がうまくいかないときの言葉 その3
  • 就職活動がうまくいかなくても、前向きに活動する自分を褒める。
就職活動がうまくいかない原因を、時代のせいにしない。

もくじ
就職活動がうまくいかないときの30の言葉
就職活動をした日は、前向きに生きた1日。 | 就職活動がうまくいかないときの30の言葉

  1. 就職は、諦めなければ、必ず達成できる。
  2. エリート意識が強すぎると、就職活動が難航する。
  3. 就職活動をした日は、前向きに生きた1日。
  4. 就職活動がうまくいかない原因を、時代のせいにしない。
  5. 面接官が知りたいことをまとめると、2つだけ。
  6. 面接の目標回数は、自分の年齢以上。
  7. 休憩も、就職活動の大事な一部。
  8. 就職活動の遅れを解消させる、2つのポイント。
  9. 就職活動がうまくいく人は、土曜の朝が早い。
  10. 不採用が恥ずかしくて人に言えない。
    その精神力に問題があるのではないか。
  11. 不採用を受け取ったとき、こう考えてみよう。
    幸運を貯金しているのだと。
  12. 「やらされている」と思う就職活動は、なかなかうまくいかない。
  13. 就職情報は、人に教えた数だけ増える。
  14. 就職活動は、トンネルのようなもの。
    いつ終わるか、分からない。
  15. 不採用のおかげで、別の企業に目を向けることができる。
  16. 就職活動の苦労は、社会人としての粘り強さに変わる。
  17. 行動してもうまくいかないときは、考えたほうがいい。
    考えてもうまくいかないときは、行動したほうがいい。
  18. 就職活動も、立派な社会経験。
  19. 就職活動は、社会で仕事をする前のウォーミングアップ。
  20. 落ち込むこともあるだろう。
    少し休んで、また頑張ればいい。
  21. 入った企業で、人生のすべてが決まるわけではない。
  22. 面接は、駅の自動改札のようなもの。
    おどおどしていると、通れるものも通らなくなる。
  23. 面接に落とされてもいい。
    後からいい思い出になるから。
  24. 「内定がほしい」と考えれば考えるほど、内定が遠ざかる。
  25. 「そこまでする人なんて誰もいない」そう思ったときこそ、チャンス。
  26. なかなか内定が決まらない人に、よくありがちな悪循環。
  27. 不採用の連絡は、採用の連絡の前触れ。
  28. 「最初はうまくいかなくて当然」と思うほうが、うまくいく。
  29. 時間がかかっているのではない。
    時間をかけているのだ。
  30. 不採用になった後が大事。

同じカテゴリーの作品