人生の教科書



就職活動
マッチングを否定されたときの答え方。
就職活動
期待されているからこそ、厳しい言葉を言われる。
就職活動
圧迫面接で避けたい、5つのリアクション。
就職活動
「こんな面接をする企業なら不採用でいい」と思う自分に注意。
就職活動
面接は、オーディション。
就職活動
不採用の理由を、採用担当者に問い合わせてもいいのか。
就職活動

圧迫面接に対応する
30の対策ポイント

お気に入り0 読んだ
30

圧迫面接の厳しい言葉は、
ありがたい。

圧迫面接の厳しい言葉は、ありがたい。 | 圧迫面接に対応する30の対策ポイント

一般的に、不採用の理由は教えてくれません。

不採用の理由は、採用担当者に問い合わせてもいいですが、まず教えてもらえないでしょう。

不採用の理由は、社内秘密として扱われるのが一般的です。

問い合わせても「社外秘です」「お答えできません」など、冷たくあしらわれるのが普通なのです。

それに比べると、圧迫面接はありがたいと気づきます。

面接官は、応募者の悪い点を、どんどん突いてきます。

  • 「入室のマナーが悪いぞ」

  • 「ネクタイが曲がっているぞ」

  • 「履歴書が読みにくいな」

  • 「君の話し方は、分かりにくいね」

  • 「暗い表情して、やる気がないのか」

  • 「声が小さいぞ。もう少し大きな声で話をしてくれないか」

威圧的な言葉を、たくさん言われるでしょう。

ぐさりと胸に刺さる言葉を言われ、心が傷つくでしょう。

 

しかし、受け止め方を変えてください。

正直な意見を言ってくれるのは、実はありがたいことです。

面接官から見て、悪いと感じる点をどんどん教えてくれます。

つまり「多くの企業が非公開にしている不採用の理由を、親切丁寧に教えてくれている」と考えることができるのです。

そう考えると、圧迫面接の厳しい言葉は、ありがたいと気づくはずです。

悪いところは、早めに直したほうがいい。

悪い部分に気づかないままでは、改善されず、今後も不採用が続くでしょう。

悪い部分は、言われないより言われたほうが、長期で見て、幸せです。

厳しい指摘をする面接官は、恨むどころか、感謝してほしいくらいです。

圧迫面接は、実はありがたいのです。

まとめ

圧迫面接に対応する対策ポイント その30
  • 面接官からの厳しい指摘に、
    感謝する。
まとめ

もくじ
(圧迫面接に対応する30の対策ポイント)

同じカテゴリーの作品