人生の教科書



読み上げ動画・音声
就職活動
会ってから好意を抱くのでは遅い。
会う前から好意を抱く。
就職活動
笑顔を批判されたときの答え方。
就職活動
面接官の中途半端な態度に、負けるな。
就職活動
「こんな面接をする企業なら不採用でいい」と思う自分に注意。

圧迫面接対応する
30対策ポイント

お気に入り1 読んだ
5

圧迫面接けたい、
5つのリアクション

迫面接では、避けたいリアクションが、5つあります。

いくら腹が立つとはいえ、次のようなリアクションには注意が必要です。

  1. いらいらした態度を見せる

不愉快な質問や発言をされたとき、面接官に向かって、いらいらした口調で言い返すのは、NGです。

 

たとえば、むっとした表情をしながら「どういう意味ですか」と聞き返す態度です。

いらいらした様子が伝われば「感情のコントロールが不十分」と判断されても仕方ありません。

気分を害したとしても、やはり落ち着いたコミュニケーションを心がけましょう。

普段から感情が表に出やすい人は、注意が必要です。

もし感情が自然と表に出やすければ、いらいらしたときこそ、笑顔を心がけましょう。

  1. 怒った態度を見せる

面接官に向かって、明らかに怒った態度を見せるのは、最悪のパターンです。

 

たとえば「失礼な発言ですよ」「真面目に面接をしてください」など、面接官に説教する状態です。

不快なことを言われるかもしれませんが、あくまで「試されている」と考えることです。

「圧迫面接は演技」と思えば、面接官から不快なことを言われても、感情を抑えやすくなります。

  1. 沈黙する

沈黙になるのも、NGです。

あまりにひどいことを言われ、どう返事をしていいのか分からなくなるときもあるでしょう。

 

しかし、沈黙では、コミュニケーションが成立しません。

何か一言でもいいですから、前向きな返事をしましょう。

  1. 反論する

圧迫する面接官の発言にも、矛盾や欠点が含まれる場合があります。

面接官の発言に反論して、言い負かそうとするのは、得策ではありません。

怒っているふりをしている面接官を、本当に怒らせてしまうでしょう。

  1. 泣く

泣けば、面接官から同情されるように思えますが、実際は評価されない場合が大半でしょう。

圧迫面接は、ストレスの耐性の試験です。

泣いてしまうと「ストレスに耐えられなかった」と判断され、評価を下げられます。

うろたえるまではいいのですが、泣いてしまうのはNGです。

圧迫面接に対応する対策ポイント その5

  • 失礼質問発言をされても、
    いらいらした態度せないようにする

同じカテゴリーの作品