就職活動

圧迫面接に対応する
30の対策ポイント

読んだ お気に入り2
7

「こんな面接をする企業なら不採用でいい」と思う自分に注意。

「こんな面接をする企業なら不採用でいい」と思う自分に注意。 | 圧迫面接に対応する30の対策ポイント

圧迫面接を受けている途中、こんな気持ちになることはありませんか。

「こんな面接をする企業なら不採用でいい。こちらからお断りだ」などです。

追い詰められた応募者が、半ば、自暴自棄になって考えてしまうことです。

偉そうな態度をされれば、つい反抗的な気持ちが湧き上がるでしょう。

むしろ、誰でもそう感じるのが自然です。

 

たしかに気持ちは分かりますが、注意が必要です。

「こんな面接をする企業だったら不採用でいい」という考え方は、離職しやすい人によく見られる考え方です。

 

たとえば、次のような状況を考えてみてください。

上司から、仕事について厳しい指摘を受けた。

つい腹が立ち「こんな企業だったら辞めてもいい」と思ってしまう。

これでは、どんな仕事もうまくいかないでしょう。

さらに次の状況も考えられます。

仕事の大事な取引先から、偉そうな態度をされた。

腹が立ったから、こちらから契約を断った。

これでは、企業の存続すら危うくなるでしょう。

「こんな面接をする企業なら不採用でいい」という考え方は、自分の諦めやすさを表現していると言えるのです。

圧迫する面接官は問題ではありません。

問題は、圧迫にすぐ屈してしまう自分です。

ささいなことで諦める癖がつくと、仕事でも人間関係でもうまくいかず、高い離職率につながります。

仕事では、我慢が必要な場面もあります。

もちろん我慢のしすぎはよくありませんが、ある程度のストレスは、我慢したいところです。

少なくとも、圧迫面接のストレスくらいは、軽く耐えるべきでしょう。

暴力を振るわれるわけでもなく、威圧的な言葉を言われるだけです。

まとめ

圧迫面接に対応する対策ポイント その7
  • 「こんな面接をする企業なら不採用でいい」と考える自分の諦めやすさに、気づく。
精神力が弱ければ、笑ってごまかせばいい。

もくじ
圧迫面接に対応する30の対策ポイント
「こんな面接をする企業なら不採用でいい」と思う自分に注意。 | 圧迫面接に対応する30の対策ポイント

  1. 圧迫面接の意味と理由。
  2. 圧迫面接は、事前の告知が行われない。
  3. 偉そうな面接官の登場は、圧迫面接のサイン。
  4. 圧迫面接での正しい対応は、1つのみ。
  5. 圧迫面接で避けたい、5つのリアクション。
  6. 圧迫面接をされやすい人、されにくい人。
  7. 「こんな面接をする企業なら不採用でいい」と思う自分に注意。
  8. 精神力が弱ければ、笑ってごまかせばいい。
  9. 面接官の中途半端な態度に、負けるな。
  10. 「意地悪なふりをしている」と思えば、面接官の悪態も、ほほえましく思える。
  11. 期待されているからこそ、厳しい言葉を言われる。
  12. 実は、無気力な圧迫面接もある。
  13. 笑顔を批判されたときの答え方。
  14. 第1志望を疑われたときの答え方。
  15. ハードな仕事が多いと詰め寄られたときの答え方。
  16. 成績を批判されたときの答え方。
  17. マッチングを否定されたときの答え方。
  18. 面接官の険しい表情に、つられない。
  19. 話し方について批判されたときの答え方。
  20. 顔色の悪さについて指摘されたときの答え方。
  21. 暗い性格について指摘されたときの答え方。
  22. 企業との適正について疑われたときの答え方。
  23. 希望の配属先に行けなかった場合について質問されたときの答え方。
  24. 内定の有無について問い詰められたときの対応。
  25. 不採用にする人を選ぶように言われたときの答え方。
  26. 圧迫面接は、難しく思えて、実は簡単。
  27. 応募者より面接官のほうが、おびえているかもしれない。
  28. 実際に仕事を始めると、圧迫面接より大変なことがたくさんある。
  29. 圧迫面接と思うのは、まだ面接の準備が不十分である証拠。
  30. 圧迫面接の厳しい言葉は、ありがたい。

同じカテゴリーの作品