プラス思考

まとめ
(絶望の人生に希望の光を見いだす30の方法)
絶望の人生に希望の光を見いだす30の方法

  • どんな最悪の状況でも、自暴自棄にならず、ひたむきに努力する。
  • 真っ暗ではなく、実はかすかな光があることに気づく。
  • 実はまだまだ希望がたくさんあることに気づく。
  • 「何もかもなくした」と考えるのではなく「得られる喜びが増えた」と考える。
  • 「これくらい」と思う裂け目を、ほうっておかないようにする。
  • 絶望しているときは、「絶望」という絶景を楽しむ機会と考えよう。
  • 自分に合ったことをする。
  • 立ち直りやすい10代のうちに、たくさんの失敗を積み重ねて、自分を見つける。
  • ワインのように、じっくり時間をかける。
  • つらい経験をする。
  • 悲しくて泣くことがあっても、顔は笑顔を心がける。
  • 無駄をたくさん経験する。
  • 本屋に行って、自分で先生を見つける。
  • 最悪のときこそ、ベストを尽くす。
  • 先入観で判断するのは、やめる。
  • 落ちるところまで落ちて、好転する。
  • 1人きりの状態を生かす。
  • 失うことで、自由を手に入れる。
  • 自分がいらないと感じているものは、他人からは素晴らしい宝だということに気づく。
  • 真っ暗などん底にいるときには、小さな光に気づく。
  • 今この瞬間だけに集中する。
  • 目立たない環境に、感謝する。
  • ダメな親は、反面教師にする。
  • 八方ふさがりの状態になり、悟りを切り開く。
  • 今の失敗を、未来の踏み台にする。
  • 年を取っても叱られることに、喜びを感じる。
  • 暴れる相手を包み込めるほど、器を大きくする。
  • 下積みに時間をかけて、土台を固める。
  • 命があるだけ、感謝する。
  • 死ぬ前に、死ぬ気になって働く。

同じカテゴリーの作品