まとめ
(ポジティブな人とネガティブな人の30の違い)
ポジティブな人とネガティブな人の30の違い

  • 他人との比較はやめ、過去の自分と比較する。
  • 自分の弱いところは無視して、強いところを考える。
  • 1回で100点ではなく、1点を100回取る。
  • 結果だけでなく、プロセスも大事にする。
  • シンプルに考える習慣を持つ。
  • 読書の習慣を身につける。
  • 普段からにこにこした表情を心がける。
  • 過去の失敗は、済んだこととしてむやみにほじくり返さず、これからの生き方に集中する。
  • 常に誰かと一緒にいるのではなく、1人で静かに考える時間を作る。
  • 目標や計画を立てるときは、事情がないかぎり、短期ではなく長期で考える。
  • 自分に無関係な暗いニュースは避け、明るいニュースを見る。
  • どんなときでも「自分は運がいい」と思うようにする。
  • 確実にチャンスをつかむには、ベストタイミングではなく、ベタータイミングで行動する。
  • 朝食をしっかり食べる。
  • 有酸素運動の習慣を取り入れる。
  • 夜型の生活は避け、昼型の生活を送る。
  • 部屋を明るく快適な状態にする。
  • 睡眠時間をたっぷり取る。
  • 何でも話せる友人を、1人以上作る。
  • トラブルは、いらいらするのではなく、チャンスに変える。
  • こまめに記録をつける習慣を身につける。
  • 考えてもわからないことは、無視しておく。
  • 大変なときこそ「もう少し頑張る」という口癖で、もう一踏ん張りする。
  • 失敗は、改善の材料として受け止め、自分の向上に役立てる。
  • 成功しても調子に乗りすぎず、むしろ気持ちを引き締める。
  • 難しそうなら、最初から諦めるのではなく、可能性をかけて行動する。
  • すべての失敗を避けるのではなく、大きな失敗を避けるために、小さな失敗をする。
  • 人生には、1つの無駄もないことを知る。
  • すべての人から学ぼうとする。
  • 心だけでなく、行動も改善する。

同じカテゴリーの作品

プラス思考」の人気記事

1
ポジティブになれない原因は、行動しないから。
プラス思考
ポジティブになれない原因は、行動しないから。
ポジティブ思考になる30の方法
2
ネガティブな人は、複雑に考える。ポジティブな人は、シンプルに考える。
プラス思考
ネガティブな人は、複雑に考える。
ポジティブな人は、シンプルに考える。
ポジティブ思考になる30の方法
3
気持ちはなくていいから、とにかく癖にしてしまう。
プラス思考
気持ちはなくていいから、とにかく癖にしてしまう。
ポジティブ思考になる30の方法
4
「どうせできない」はネガティブになるおまじない。「何とかなる」はポジティブになるおまじない。
プラス思考
「どうせできない」はネガティブになるおまじない。
「何とかなる」はポジティブになるおまじない。
ポジティブ思考になる30の方法
5
嫌なことがあったときは、意味のあることと考える。
プラス思考
嫌なことがあったときは、意味のあることと考える。
明るい性格になる30の方法
6
足りないのは、自分を褒める習慣。
プラス思考
足りないのは、自分を褒める習慣。
暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法
7
「明るい人」になりたければ「行動する人」になればいい。
プラス思考
「明るい人」になりたければ「行動する人」になればいい。
明るい性格になる30の方法
8
「積極的な人間関係」でポジティブになる。
プラス思考
「積極的な人間関係」でポジティブになる。
ポジティブ思考になる30の方法
9
相手を変えようとすると、うまくいかない。自分を変えようとすると、うまくいく。
プラス思考
相手を変えようとすると、うまくいかない。
自分を変えようとすると、うまくいく。
ポジティブ思考になる30の方法
10
すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
プラス思考
すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION