まとめ
(疲れた、消えたいときの30の言葉)
疲れた、消えたいときの30の言葉

  • 怠けてもいい日を作ろう。
  • 先天的に劣った素質があっても、後天的な努力によって伸ばす。
  • 大変だと思ったら、上り坂を上っているイメージを持つ。
  • NG大賞を決めるコンクールを開き、表彰する。
  • 電話を切った直後の一言に注意する。
  • いい人ではなく、幸せな人になるのを目指す。
  • 悔しいときは、思いきり悔しがって、復活のパワーに変える。
  • どんなに気分を悪くしても、人前での逆上だけは避ける。
  • 他人を信じる前に、まず自分を信じる。
  • 思いどおりにいかない日は、いっそのこと「思いどおりにいかない状況」を楽しむ。
  • 悔し涙をたくさん流すほど、今努力する。
  • 戦いは、避けるのではなく、求める。
  • 戦いの連続を、腐ることなく前向きに立ち向かい、1つ1つ乗り越えていく。
  • 言わなくてもわかることでも、省かず、きちんと伝える。
  • 周りの人を、積極的に愛していく。
  • いいことがあった人には、素直に「よかったね」と言って、一緒に喜ぶ。
  • 間違えたときは「勘違いでした」とごまかさず、素直に「間違えました」と謝る。
  • 自分が悪いと思ったら、余計な言い訳をせず、素直に謝る。
  • 小さなミスでも、隠すのではなく、正直に報告する。
  • 握り拳を作り「さあ、やるぞ」と言って、やる気を出す。
  • 大変な仕事は、にこにこしながらする。
  • くっつけたテーブルは、お店を出るとき、元に戻す。
  • 1番目にやりたいことをやる。
  • 広い定義でいえば、一人っ子はないことに気づく。
  • 車を1人で運転するときの発言で、本当の自分の性格に気づく。
  • あれもこれも欲しがらず、本当に欲しいものだけ手に入れる。
  • 立派に見せる人より、立派な行動する人を目指す。
  • お金がないのを言い訳にしない。
  • 一切の言い訳をやめて、すべて自分の責任と考える。
  • どんな出来事も「ためになる」と思う人間になって、日常生活のすべてを授業にする。

同じカテゴリーの作品

プラス思考」の人気記事

1
ポジティブになれない原因は、行動しないから。
プラス思考
ポジティブになれない原因は、行動しないから。
ポジティブ思考になる30の方法
2
ネガティブな人は、複雑に考える。ポジティブな人は、シンプルに考える。
プラス思考
ネガティブな人は、複雑に考える。
ポジティブな人は、シンプルに考える。
ポジティブ思考になる30の方法
3
気持ちはなくていいから、とにかく癖にしてしまう。
プラス思考
気持ちはなくていいから、とにかく癖にしてしまう。
ポジティブ思考になる30の方法
4
「どうせできない」はネガティブになるおまじない。「何とかなる」はポジティブになるおまじない。
プラス思考
「どうせできない」はネガティブになるおまじない。
「何とかなる」はポジティブになるおまじない。
ポジティブ思考になる30の方法
5
嫌なことがあったときは、意味のあることと考える。
プラス思考
嫌なことがあったときは、意味のあることと考える。
明るい性格になる30の方法
6
足りないのは、自分を褒める習慣。
プラス思考
足りないのは、自分を褒める習慣。
暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法
7
「明るい人」になりたければ「行動する人」になればいい。
プラス思考
「明るい人」になりたければ「行動する人」になればいい。
明るい性格になる30の方法
8
「積極的な人間関係」でポジティブになる。
プラス思考
「積極的な人間関係」でポジティブになる。
ポジティブ思考になる30の方法
9
相手を変えようとすると、うまくいかない。自分を変えようとすると、うまくいく。
プラス思考
相手を変えようとすると、うまくいかない。
自分を変えようとすると、うまくいく。
ポジティブ思考になる30の方法
10
すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
プラス思考
すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION