執筆者:水口貴博

まとめ
(人生に奇跡を起こす30の方法)
人生に奇跡を起こす30の方法

  • 「奇跡は起きる」と信じて、起こしたい奇跡をイメージする。
  • 絶対ダメだと思うことにどんどんチャレンジして、意図的に奇跡を起こしていく。
  • 奇跡が起こるのを待つのではなく、奇跡を起こす努力をする。
  • 「頑張れ、自分!」と応援して、自分を奮い立たせる。
  • 成功したければ、最初から人間関係に頼るのではなく、まず自分の能力と価値を高める。
  • 説得力は、必要ないと思わず、しっかり身につける。
  • 自分の仕事が早く終われば、相手の仕事を手伝ったり別の仕事をしたりして、時間を有効に使う。
  • 脳が疲れたときは、甘いお菓子と3回の深呼吸で、元気を出す。
  • にっこりした笑顔で、明るく挨拶をする。
  • たまには思いきり怠けてみる。
  • 成功者の努力は、凡人には理解されないものだと知る。
  • 祈りをする習慣があるなら、胸を張って「神様はいる」と答える。
  • 焦らずに、怖がらずに、立ち止まらずに、自分らしい生き方を貫く。
  • 長期戦では、無理をするよりマイペースを心がける。
  • 当たり前を笑わず、謙虚に受け止める。
  • 具体的な結果が出ないときは、もっと具体的な行動をする。
  • 自分が悩むコンプレックスは、自分が大げさに考えているだけだと気づく。
  • 早めに相手との相性を確認したければ、一緒に食事をしてみる。
  • 落ち込んだときは、半身浴をしながら読書をする。
  • 他人が叱られている瞬間は、自分の反省を促す。
  • いい友人を探すより、今の友人を、いい友人にする。
  • 褒めるのが当たり前になるくらい、習慣にする。
  • 解決する角度を変えてみる。
  • 難しいと感じるときは、能力が伸びるときだと考える。
  • 人々が必要とすることは、前例がなくても、勇気を持って取り組む。
  • 参拝をするときは、本気になる。
  • 戦勝祈願の儀式を作っておく。
  • ちょっと体調に違和感が生じたとき、頑張れば何とかなりそうでも、無理をせず早退する。
  • 自分だけでなく、相手も素晴らしい奇跡によって生まれたことに気づく。
  • 難しいチャレンジであっても、1パーセントでも可能性があれば、チャレンジしてみる。

同じカテゴリーの作品

プラス思考」の人気記事

1
ポジティブになれない原因は、行動しないから。
プラス思考
ポジティブになれない原因は、行動しないから。
ポジティブ思考になる30の方法
2
ネガティブな人は、複雑に考える。ポジティブな人は、シンプルに考える。
プラス思考
ネガティブな人は、複雑に考える。
ポジティブな人は、シンプルに考える。
ポジティブ思考になる30の方法
3
気持ちはなくていいから、とにかく癖にしてしまう。
プラス思考
気持ちはなくていいから、とにかく癖にしてしまう。
ポジティブ思考になる30の方法
4
「どうせできない」はネガティブになるおまじない。「何とかなる」はポジティブになるおまじない。
プラス思考
「どうせできない」はネガティブになるおまじない。
「何とかなる」はポジティブになるおまじない。
ポジティブ思考になる30の方法
5
嫌なことがあったときは、意味のあることと考える。
プラス思考
嫌なことがあったときは、意味のあることと考える。
明るい性格になる30の方法
6
足りないのは、自分を褒める習慣。
プラス思考
足りないのは、自分を褒める習慣。
暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法
7
相手を変えようとすると、うまくいかない。自分を変えようとすると、うまくいく。
プラス思考
相手を変えようとすると、うまくいかない。
自分を変えようとすると、うまくいく。
ポジティブ思考になる30の方法
8
「明るい人」になりたければ「行動する人」になればいい。
プラス思考
「明るい人」になりたければ「行動する人」になればいい。
明るい性格になる30の方法
9
「積極的な人間関係」でポジティブになる。
プラス思考
「積極的な人間関係」でポジティブになる。
ポジティブ思考になる30の方法
10
すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
プラス思考
すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION