人生の教科書



就職活動
合同企業説明会は、社員との接点として、最大限に生かす。
就職活動
企業説明会では、薬の持参が必須。
就職活動
資料ばかり見続けない。
話が始まれば、顔を上げる。
就職活動
案内資料を当日もらうのでは、遅い。
就職活動

合同企業説明会の
30の心構え

お気に入り1 読んだ
23

企業と縁がなくても、
知識や見識が深まるだけで価値がある。

企業と縁がなくても、知識や見識が深まるだけで価値がある。 | 合同企業説明会の30の心構え

  • 「自分には、縁がない企業だった」

ブースで詳しい話を聞いた結果、期待外れで終わることがあります。

当たりもあれば、外れもあります。

貴重な時間や体力が無駄になったと思いがちですが、ここに誤解があります。

こう考えてください。

その企業と縁がなくても、知識や見識が深まりました。

それだけで、十分価値があったと考えられるのではないでしょうか。

合同企業説明会では、さまざまな事業を行う企業とたくさん出会えます。

さまざまな業界の話が聞け、さまざまな人と出会えます。

社会人と接する機会にもなるでしょう。

貴重な勉強が盛りだくさんの1日になり、世界観も一気に広がるはずです。

そういう意味で「合同企業説明会」とは「勉強会」とも言えます。

たとえ話を聞いて期待外れであっても、無駄ではありません。

自分の知識や見識の広がりに貢献したのですから、有意義な時間です。

「合同企業説明会」というイベントに出席できるのも、学生の今のうちだけです。

社会人になれば、合同企業説明会に出席できる機会は、ほぼないと考えていいでしょう。

頭も体も疲れるイベントではありますが、それだけ有意義である証拠でもあります。

合同企業説明会そのものが、貴重なイベントです。

どんな話もためになると考え、わくわくしながら参加しましょう。

まとめ

合同企業説明会の心構え その23
  • 企業と縁がなくても、
    知識や見識を深めるために役立つと考える。
余裕があれば、イベントブースを活用する。

もくじ
(合同企業説明会の30の心構え)

同じカテゴリーの作品