人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
就職活動
資料ばかり見続けない。
話が始まれば、顔を上げる。
就職活動
顔は、記憶に残るだけ。
名刺は、物として残る。

合同企業説明会
30心構

お気に入り0 読んだ
17

「第1志望」わなくても、
社員にしっかりえられる方法

「第1志望」と言わなくても、社員にしっかり伝えられる方法。 | 合同企業説明会の30の心構え

同企業説明会では、少しでもやる気を見せて、好印象を伝えましょう。

清潔感のある身だしなみを心がけたり、真剣に話を聞いたり、きちんとメモを取ったりなどです。

やる気に満ちた行動を見せることで、社員に覚えてもらいやすくなります。

 

さて、別のアプローチとして「第1志望」と言わなくても、社員にしっかり伝えられる方法があります。

キーワードは「一番乗り」です。

まず合同企業説明会には、開始と同時に入場できるようにします。

多くの参加者が予想されるなら、少し早めに向かって、開始前に並んでおくようにします。

入場すれば、お目当ての企業のブースに、一直線で向かいましょう。

座る席は、もちろん一番前。

社員が説明を始めれば、話を真剣に聞きます。

質疑応答の時間になれば、最初に質問をします。

一番にやってきて、一番前に座り、一番早く質問をする。

この徹底した行動を見れば、企業側はきちんと準備をして説明を聞きに来ていると分かります。

なにより、明らかにその企業を目当てに来ていることが分かります。

事実上「第1志望」と言わなくても、社員にしっかり伝えられるのです。

そこまでするかどうかはあなたしだいですが、就業意欲をしっかり伝えたければ、有効な策の1つです。

企業説明会は、事実上、選考の一部でもあります。

圧倒的な行動力で、社員に自分の存在を覚えてもらいましょう。

合同企業説明会の心構え その17

  • 合同企業説明会開始同時に、
    一番乗りでブースかい、
    社員強烈印象える
企業説明会では、薬の持参が必須。

もくじ
(合同企業説明会の30の心構え)

同じカテゴリーの作品