就職活動

合同企業説明会の
30の心構え

読んだ お気に入り0
26

自分も選ぶ立場である。

自分も選ぶ立場である。 | 合同企業説明会の30の心構え

「企業説明会に出席する」

この一言には、どことなく受け身の姿勢が感じられます。

一方的に話を聞き、場合によっては評価される。

もちろん貴重な時間を割いて、社員から話を直接聞かせていただくわけですが、大事なことを忘れていないでしょうか。

「自分も選ぶ立場である」という点です。

 

たしかに企業説明会は、選考の一部としての役割を担っている点があります。

企業はさまざまな学生と接して選ぶ立場でありますが、実際は、学生も選ぶ立場であることを思い出してください。

評価される側ではなく、評価する側でもあります。

選ばれる立場だけでなく、選ぶ立場でもあります。

自分が選ぶ立場であると考えると、話の聞き方も、より真剣になるでしょう。

企業説明会に参加するときは「どんな企業なのだろうか」とわくわくしながら、話を聞かせてもらいましょう。

さまざまな企業を調べたり、比べたりして、より自分に合った企業を選ぼうではありませんか。

社員のほうが、キャリアも年齢も高いわけですが、弱気になる必要はありません。

自分も企業を評価する立場であると考え、積極的に話を聞かせてもらいましょう。

まとめ

合同企業説明会の心構え その26
  • 「自分も選ぶ立場である」と考えながら、話を聞かせてもらう。
質問したいことが見当たらない原因のほとんどは、研究不足。

もくじ
合同企業説明会の30の心構え
自分も選ぶ立場である。 | 合同企業説明会の30の心構え

  1. パソコンの手入れをして、いざというときに備える。
  2. 企業説明会の情報を入手する、5つの手段。
  3. 企業説明会の雰囲気は、参加前に確認できる。
  4. 案内資料を当日もらうのでは、遅い。
  5. 企業説明会では、隣の人に話しかける。
  6. 志望企業が企業説明会を開くなら、できるだけ出席したい。
  7. 学内企業説明会とは。
  8. 予約を締め切った企業説明会は、諦めるしかないのか。
  9. 資料ばかり見続けない。
    話が始まれば、顔を上げる。
  10. クリップボードがあれば、何かと便利。
  11. クリップボードは、真剣な印象をアピールする道具でもある。
  12. ノートに書き写すより、案内資料に直接記入したほうがいい場合もある。
  13. 合同企業説明会は、社員との接点として、最大限に生かす。
  14. 目上の人と接する場で手足を組むと、悪気はなくても、横柄に見えやすい。
  15. 合同企業説明会は、動きやすさと疲れにくさを重視。
  16. 顔は、記憶に残るだけ。
    名刺は、物として残る。
  17. 「第1志望」と言わなくても、社員にしっかり伝えられる方法。
  18. 企業説明会では、薬の持参が必須。
  19. 休むより1社でも多く見て回りたい人は、栄養ドリンク。
  20. あえて大企業のブースに向かわない選択もあっていい。
  21. すいているブースが、運命の出会いということもある。
  22. 必要ないと思う資料でも、ひとまずもらっておく。
  23. 企業と縁がなくても、知識や見識が深まるだけで価値がある。
  24. 余裕があれば、イベントブースを活用する。
  25. 聞き逃したことは、恥を忍んで、隣の人に聞く。
  26. 自分も選ぶ立場である。
  27. 質問したいことが見当たらない原因のほとんどは、研究不足。
  28. 質問で自己PRをしない。
  29. 企業説明会で、その企業の悪い点を尋ねてもいいのか。
  30. 回れなかった企業のために準備しておきたいものとは。

同じカテゴリーの作品