就職活動

就職活動をやめたいときの
30の言葉

読んだ お気に入り2
30

同じ企業への再応募はできるのか。

同じ企業への再応募はできるのか。 | 就職活動をやめたいときの30の言葉

「不採用だったが、どうしてもこの企業に勤めたい」

不採用になっても現実を受け止められず、諦めきれない人もいるでしょう。

できることなら、受験のように「再挑戦したい」と思う人もいるはずです。

 

さて、同じ企業への再応募はできるのでしょうか。

一般的に「再応募は不可」という条件がないかぎり、同じ企業への再応募は可能です。

 

ただし、普通に再応募すればいいわけではありません。

履歴書や能力など、プロフィールに変化がなければ、何度応募しても、やはり不採用になるでしょう。

再応募をするなら、履歴書や能力など、プロフィールが向上していることが条件です。

少なくとも、しばらく時間をあけるのが得策です。

その時間で、経験の蓄積、資格の取得、面接の練習など、スキルアップを心がけます。

自分を向上させてから再応募すれば、次は採用されるかもしれません。

新卒で不採用だった企業でも、別の企業で経験を積んだ後に転職で入社できた、というケースもあります。

企業としても、当時は募集していなかった人材を、後から募集するようになる可能性もあるでしょう。

さまざまな状況が考えられますが、そういう選択肢の存在を考慮に入れておくのも一案です。

再応募は人生計画に関わるため、慎重な判断が必要です。

自分に合った方法を探った上で、決断しましょう。

まとめ

就職活動をやめたいときの言葉 その30
  • 諦めきれない企業なら、スキルアップをしてから再応募する。
まとめ

もくじ
就職活動をやめたいときの30の言葉
同じ企業への再応募はできるのか。 | 就職活動をやめたいときの30の言葉

  1. 大学受験は学力。
    就職活動は相性。
  2. 頑張ってもうまくいかない日は、頑張らなくてもできることをしよう。
  3. 社会人として働くイメージを持つ。
  4. 不明点や疑問点を放置する人の就職活動は、うまくいかない。
  5. 将来の不安ばかりを考えていると、就職活動を始める前に疲れる。
  6. 親に反対されたとき、諦めるかどうか。
    ここで将来が決まる。
  7. 「ダメに決まっている」と思うのが、ダメ。
  8. 就職活動は冒険。
    宝探しを楽しむもの。
  9. 情報を制する人が、就職活動も制する。
  10. 企業に自分を合わせるのではない。
    自分に合った企業を探すのだ。
  11. 積極性とは、価値ある情報を引き出す最高の武器。
  12. 情報収集の目的を明確にしてから、始める。
  13. その道を諦めて後悔しないか。
    さらに努力をすれば、道が開けるのではないか。
  14. 就職対策本は、読むだけでは意味がない。
    得た知識を生かしてこそ、意味がある。
  15. 面接対策のアドバイスにけちをつけても、いいことはない。
  16. 運命の出会いは、信じる人に起こる。
  17. 就職活動は、友達を作る最後のチャンス。
  18. スケジュール管理は、スライドパズルと考える。
  19. あなたが希望する職種には、特有の雰囲気がありますか。
  20. あなたはコネの力を、最大限に生かしているか。
  21. ビジネス上の「堅苦しい」は「しっかりしている」という意味の裏返し。
  22. あなたの「素直」は「諦めが早い」になっていませんか。
  23. あらかじめ休むべき目安を作っておくと、ストレス管理が容易になる。
  24. 「言葉遣いがうまくない」という言葉遣いをするから、言葉遣いがうまくならない。
  25. 人物像は、シンプルであるほうが、心に響く。
  26. 面接とは、一瞬の連続。
    一瞬を大切にできない人は、全体も大切にできない。
  27. 就職活動を狙った詐欺には、要注意。
  28. 就職対策の独学が不安なら、就職対策の学校。
  29. 「就職活動、頑張ってね」と応援されたときの返事。
  30. 同じ企業への再応募はできるのか。

同じカテゴリーの作品