就職活動

就職活動をやめたいときの
30の言葉

お気に入り2 読んだ
10

企業に自分を合わせるのではない。
自分に合った企業を探すのだ。

企業に自分を合わせるのではない。自分に合った企業を探すのだ。 | 就職活動をやめたいときの30の言葉

面接では、企業に合わせることが大切だと思っていませんか。

企業が好むような仮面をかぶる。

企業が喜ぶような自分を演じる。

企業に気に入ってもらおうと、おべっかを言う。

 

たしかに自己PRや志望動機などは、企業に合った内容に仕上げる必要があります。

自己PRや志望動機の使い回しはよくありません。

企業によって特色が異なりますから、企業に合った内容が求められます。

 

しかし、それはあくまで「自分と企業の共通点を見つける」という意味での「合わせる」です。

自分を演じたり嘘をついたりしてまで、無理やり企業に合わせるのではありません。

無理に立派な自分を装っても、いつかはばれます。

仮面をかぶって面接を受けても、面接官はすぐ見抜くでしょう。

企業に自分を合わせても、実際は合っていないため、入社しても違和感を抱くはずです。

そこでこう考えてください。

企業に自分を合わせるのではありません。

自分に合った企業を探すのです。

自分に合った企業を探して内定を目指すことが、本当の就職活動です。

「やりたいこと」と「できること」の2本の軸を中心に、自分に合った企業を探しましょう。

「自分に合った企業を探す」と考え、就職活動を楽しみながら進めることが、うまくいかせるポイントなのです。

まとめ

就職活動をやめたいときの言葉 その10
  • 企業に自分を合わせるのではなく、自分に合った企業を探す。
積極性とは、価値ある情報を引き出す最高の武器。

もくじ
就職活動をやめたいときの30の言葉
企業に自分を合わせるのではない。自分に合った企業を探すのだ。 | 就職活動をやめたいときの30の言葉

  1. 大学受験は学力。
    就職活動は相性。
  2. 頑張ってもうまくいかない日は、頑張らなくてもできることをしよう。
  3. 社会人として働くイメージを持つ。
  4. 不明点や疑問点を放置する人の就職活動は、うまくいかない。
  5. 将来の不安ばかりを考えていると、就職活動を始める前に疲れる。
  6. 親に反対されたとき、諦めるかどうか。
    ここで将来が決まる。
  7. 「ダメに決まっている」と思うのが、ダメ。
  8. 就職活動は冒険。
    宝探しを楽しむもの。
  9. 情報を制する人が、就職活動も制する。
  10. 企業に自分を合わせるのではない。
    自分に合った企業を探すのだ。
  11. 積極性とは、価値ある情報を引き出す最高の武器。
  12. 情報収集の目的を明確にしてから、始める。
  13. その道を諦めて後悔しないか。
    さらに努力をすれば、道が開けるのではないか。
  14. 就職対策本は、読むだけでは意味がない。
    得た知識を生かしてこそ、意味がある。
  15. 面接対策のアドバイスにけちをつけても、いいことはない。
  16. 運命の出会いは、信じる人に起こる。
  17. 就職活動は、友達を作る最後のチャンス。
  18. スケジュール管理は、スライドパズルと考える。
  19. あなたが希望する職種には、特有の雰囲気がありますか。
  20. あなたはコネの力を、最大限に生かしているか。
  21. ビジネス上の「堅苦しい」は「しっかりしている」という意味の裏返し。
  22. あなたの「素直」は「諦めが早い」になっていませんか。
  23. あらかじめ休むべき目安を作っておくと、ストレス管理が容易になる。
  24. 「言葉遣いがうまくない」という言葉遣いをするから、言葉遣いがうまくならない。
  25. 人物像は、シンプルであるほうが、心に響く。
  26. 面接とは、一瞬の連続。
    一瞬を大切にできない人は、全体も大切にできない。
  27. 就職活動を狙った詐欺には、要注意。
  28. 就職対策の独学が不安なら、就職対策の学校。
  29. 「就職活動、頑張ってね」と応援されたときの返事。
  30. 同じ企業への再応募はできるのか。

同じカテゴリーの作品