プラス思考

まとめ
(平凡な日常の豊かさに気づく30の言葉)
平凡な日常の豊かさに気づく30の言葉

  • しっかりと朝食を食べて、元気を出す。
  • 足元にあるごみを拾って、ごみ箱に捨てる。
  • 手のひらで、自分の精神状態を確かめる。
  • おならが出やすい人と、結婚する。
  • 手を上に上げて、空と手をつなぐ。
  • 悪役を頼まれるくらいの人間性を、兼ね備える。
  • 機嫌のいい状態で、食事をする。
  • 平凡な日常を素直に受け止め、とにかく「今、幸せ」と考える。
  • 電話やメールより、たまには手紙を送ってみる。
  • 衝動買いをしそうになれば、トイレに駆け込む。
  • ファンレターの中に、返信用の一式を入れておく。
  • たまには携帯電話を持たない時間を作る。
  • 行き詰まったときは、他人の助言を素直に聞く。
  • 「すべての出来事は、人生からのプレゼント」と考える。
  • ありがたく切符を買う。
  • プレゼントは、シチュエーションと感動にこだわる。
  • 寿司屋に入れば、最も食べたいネタを1皿だけ食べて、さっと帰る。
  • 朝は「今日はいい1日になりそうだ」と期待する。 夜は「今日も素晴らしい1日だった」と感謝する。
  • 飲み物は「1滴くらいは残っていい」と思って、飲み終える。
  • 衣替えのタイミングで、いらない服を捨てる。
  • 過ぎ去る季節と訪れる季節に、挨拶する。
  • 生理の後は、質のいい肉をよく食べる。
  • 急いでいる人や困っている人には、快く譲る。
  • 見慣れた物をじっと見つめて、変化を感じる。
  • 動けるうちに、動いておく。
  • 小さな差で感情的になるのは、やめる。
  • お世話になっている人すべてに「お世話になっています」と言う。
  • 夜空を通して、大昔の人たちと同じ気持ちになってみる。
  • 悩みを抱えて疲れたときは、早く寝る。
  • 平凡な1日に、幸せを感じる。

同じカテゴリーの作品