人生の教科書



心の健康
分からないときには、シミュレーションをすればいい。
心の健康
勝ち負けより、楽しさを意識するほうがいい。
気力
落ち込んだあなたは、頑張った証拠。
プラス思考
人の心は、読むものではなく、感じるもの。
勉強法

頭の使い方がうまくなる
30の方法

お気に入り25 読んだ
30

さっと動く。
ダメならさっと引く。

さっと動く。ダメならさっと引く。 | 頭の使い方がうまくなる30の方法

頭に自信がなければ、体で行動することです。

行動する量を増やして、頭の悪さを補完します。

ほかの人より早く行動して、早く考え、決断できる人がたくさんの学びを得ることができます。

もちろん成功へも早く近づけます。

このとき「もし失敗したらどうしよう」と考えるのではありません。

「失敗したら、そのときに考えよう」でいいのです。

失敗を先に考えてしまうと、行動する力が半減してしまいます。

次のように考えればいいのです。

  • 「さっと動く。ダメならさっと引く」

まずは、素早く行動することを第一にします。

万が一、失敗をすれば、さっと引いてしまえばいいと考えてしまうのです。

素早く訂正、修正、改善をすれば、失敗が怖くなくなります。

積極的に行動することができるようになりますね。

私はいつも「間違えたらそのとき直せばいいか」と考えて行動するようにしています。

頭が悪いので、頭の中だけで考えていても、具体的なところが想像できません。

たいていの場合、実際にやってみると、想定外のことが起こります。

間違いについて先に考えてしまうと、頭の中だけでどんどんと妄想が膨らんでしまい、何もしていないうちから疲れます。

妄想は思ったよりエネルギーが消費されます。

まだ起こってもいない現実に悩んで疲れてしまうのも、おかしな話です。

まず行動することに全力を尽くします。

間違えてしまえば、そのときに考えればいいのです。

楽観的に考えていいのです。

考えているだけでは分かりませんから、行動を第一に事実を見つけていけばいいのです。

まとめ

頭の使い方がうまくなる方法 その30
  • 体を動かし行動して、
    事実を見つけていく。
まとめ

もくじ
(頭の使い方がうまくなる30の方法)

同じカテゴリーの作品