人生の教科書



勉強法

頭の使い方がうまくなる
30の方法

お気に入り21 読んだ
11

社会では
「専門家」という生き方しかない。
何でも屋はつぶれてしまう。

社会では「専門家」という生き方しかない。何でも屋はつぶれてしまう。 | 頭の使い方がうまくなる30の方法

私が小中学生のころは「世の中で成功している人は、何でもできるスーパーマンだ」と思っていました。

理由は言うまでもありませんね。

何でもできるスーパーマンは、どこへ行っても必要とされると思っていたからです。

それから数十年後、私が大人になり、社会人になります。

すると、当時思い描いていたことと現実はまったく異なっていることに気づきます。

何でもできる人は、いないのです。

成功している人ほど、専門家です。

1つのことだけに、集中しています。

成功する人にはいつも決まったパターンがあります。

どの成功者も「何でも屋」ではなく「専門家」です。

何でも屋に進んだ人は、決まって成功できなくなっています。

自分が大人になり、理由を体で知りました。

1つに絞った専門家という生き方でなければ、集中できないからです。

あれもこれもとたくさんのことに手を出す人ほど、集中力が低下します。

時間もエネルギーも有限であり、無限にあるわけではありません。

その限られた時間とエネルギーを有効に活用してプロとして成功するためには、自分の生きる道を1つに絞る必要があるのです。

それが専門家という生き方です。

世の中で成功している人は、必ず専門家です。

メジャーリーグで成功しているイチロー選手は、野球の専門家です。

野球に集中した人生だからこそ成功しています。

もし、イチロー選手に将棋をさせると、おそらく結果は目も当てられないでしょう。

野球の専門家であるイチロー選手は野球の専門家であり、将棋はまったく素人のはずです。

 

一方、羽生善治さんは将棋のプロです。

将棋の世界では右に出るものはいないと言われています。

 

しかし、もし羽生さんが野球をすれば、どうなるでしょうか。

きっと一番にはなれないはずです。

成功者とはいえ、何でもできるわけではありません。

「自分の専門しかできない人」ということです。

それが本当の成功者です。

医者、建築家、作家、ミュージシャン、俳優など、世の中で成功する人は、常に1つのことに命を捧げた「超専門家」です。

自分に向いた職業を見つけ、それ1つに人生を捧げた人が、成功するようになっています。

まとめ

頭の使い方がうまくなる方法 その11
  • 超専門家という道を歩む。
本当に役立つ学びとは、知識ではなく知恵。

もくじ
(頭の使い方がうまくなる30の方法)

同じカテゴリーの作品