勉強法

頭の使い方がうまくなる
30の方法

22
23

頭で覚えないようにしよう。

頭で覚えないようにしよう。 | 頭の使い方がうまくなる30の方法

これまであなたは「記憶」を頭で覚えていたのではないでしょうか。

頭がいい人なら、記憶に頼ることもできますが、そうは言ってもなかなか大変なことです。

記憶するエネルギー、記憶を保持するエネルギーは、大きいものです。

ちょっと、考え方を変えてみましょう。

「本当に自分の頭で覚えてないといけないことなのかな」と疑問を持ってみるのです。

今まで、自分の頭で努力して覚えていたことを、簡単なツールを使って実現できないのかと考えてみるのです。

 

たとえば、誕生日の記憶です。

「2月25日は○○さんの誕生日。9月17日は○○さんの誕生日」ということは、頭で覚えることができます。

 

しかし、本当に頭で覚える必要があるのか、振り返ってみましょう。

頭の使い方が上手な人は、物忘れが得意な頭を、極力使おうとしません。

 

では、どうするのかというと、カレンダーに書き込むのです。

「え? それだけ」と思うでしょうが、それだけのことです。

毎日、目にするカレンダーに書き込めば、記憶を保持する労力から開放され、その上うっかり忘れることもありません。

シンプルな方法ですが、これをしない人がいて驚きます。

「うっかり忘れた。いつだっけ」という人に限って、頭で覚えようとします。

そういう人に限って「私、物覚えが悪いから。頭が悪いから」というお決まりの言い訳をします。

そもそも、頭で覚える必要などないのです。

頭で覚えるからいけないのです。

カレンダーに書き込めばいいだけです。

もはや、頭の善しあしや記憶力など、関係ありません。

頭で覚えない方法を実践する人が、成功します。

私はいつも「うっかり」を防止するために、携帯を頻繁に活用しています。

携帯にはカレンダー機能があり、指定した日の、指定した時間になればアラームが鳴る設定ができます。

会社帰りに理髪店へ行くのをうっかり忘れないために、あらかじめ、指定した日・時間にアラームが鳴るように設定しています。

見たいテレビ番組をうっかり忘れないために、携帯に番組前にアラームが鳴るようにしています。

もちろん家族の誕生日、友達の誕生日も、携帯に登録しているので、うっかりはありません。

私は何も覚えていません。

気になるコンサートの問い合わせ番号があれば、番号を頭で覚えません。

携帯のカメラ機能で、写真を撮ってしまいます。

そうしたほうが、早くて忘れないからです。

頭で覚えないのは、だらだらしているように思えます。

 

でも、本当は頭に頼らない工夫をするほうが、不注意が少なくなるのです。

頭の使い方がうまくなる方法(23)
  • 頭で覚えるのは、やめる。
記憶が苦手な人は「文章」で覚える。
記憶が得意な人は「キーワード」で覚える。

もくじ
頭の使い方がうまくなる30の方法
頭で覚えないようにしよう。 | 頭の使い方がうまくなる30の方法

  1. 頭の使い方を、上手になろう。
    頭の使い方を、上手になろう。
  2. 勉強の第一歩は、恥ずかしさを捨てること。
    勉強の第一歩は、恥ずかしさを捨てること。
  3. 音読をすると、覚えやすく忘れにくくなる。
    音読をすると、覚えやすく忘れにくくなる。
  4. 椅子に座っているより、歩きながらのほうが、勉強ができる。
    椅子に座っているより、歩きながらのほうが、勉強ができる。
  5. 休憩を挟まない。
    休憩を挟まない。
  6. 謙虚な人こそ、本当に強い人。
    謙虚な人こそ、本当に強い人。
  7. 頭がいい人は、頭を使わないようにする。<br>頭が悪い人は、頭を使おうとする。
    頭がいい人は、頭を使わないようにする。
    頭が悪い人は、頭を使おうとする。
  8. 集中力は頭の善しあしではない。<br>興味を持つか、持たないかである。
    集中力は頭の善しあしではない。
    興味を持つか、持たないかである。
  9. 捨てるから、集中できる。<br>捨てないと、集中できない。
    捨てるから、集中できる。
    捨てないと、集中できない。
  10. 集中力は、仕事の質に比例する。
    集中力は、仕事の質に比例する。
  11. 社会では「専門家」という生き方しかない。<br>何でも屋はつぶれてしまう。
    社会では「専門家」という生き方しかない。
    何でも屋はつぶれてしまう。
  12. 本当に役立つ学びとは、知識ではなく知恵。
    本当に役立つ学びとは、知識ではなく知恵。
  13. やる気がなければ、もらえばいい。<br>音楽からパワーをもらおう。
    やる気がなければ、もらえばいい。
    音楽からパワーをもらおう。
  14. 紙の辞書と電子辞書。<br>どちらが自分にふさわしいのか。
    紙の辞書と電子辞書。
    どちらが自分にふさわしいのか。
  15. 勝つ人は、スピードより、継続を重視している。
    勝つ人は、スピードより、継続を重視している。
  16. 本を読むことは、先を読むことである。
    本を読むことは、先を読むことである。
  17. システムの自動化は、成功への第一歩。
    システムの自動化は、成功への第一歩。
  18. 失敗する人は、1人でしようとする。<br>成功する人は、協力を得ようとする。
    失敗する人は、1人でしようとする。
    成功する人は、協力を得ようとする。
  19. 結びつけて覚えることが、記憶のポイント。
    結びつけて覚えることが、記憶のポイント。
  20. 本当に優良な情報は、人からやってくる。
    本当に優良な情報は、人からやってくる。
  21. 情報の独り占めをする人は、失敗する。<br>情報の公開をする人が、成功する。
    情報の独り占めをする人は、失敗する。
    情報の公開をする人が、成功する。
  22. 成功者は、知識より、人柄を磨く。
    成功者は、知識より、人柄を磨く。
  23. 頭で覚えないようにしよう。
    頭で覚えないようにしよう。
  24. 記憶が苦手な人は「文章」で覚える。<br>記憶が得意な人は「キーワード」で覚える。
    記憶が苦手な人は「文章」で覚える。
    記憶が得意な人は「キーワード」で覚える。
  25. 自分を変えない。<br>「ありのままの自分を生かす」と考えよう。
    自分を変えない。
    「ありのままの自分を生かす」と考えよう。
  26. すべての人は、才能そのものである。<br>自分にしかない味を生かそう。
    すべての人は、才能そのものである。
    自分にしかない味を生かそう。
  27. 自分らしく生きると、元気になる。
    自分らしく生きると、元気になる。
  28. 不得意なところは克服しなくていい。<br>得意なことだけを伸ばして生きる。
    不得意なところは克服しなくていい。
    得意なことだけを伸ばして生きる。
  29. 愚者は、先生だけを頼りにする。<br>賢者は、すべての人を先生にする。
    愚者は、先生だけを頼りにする。
    賢者は、すべての人を先生にする。
  30. さっと動く。<br>ダメならさっと引く。
    さっと動く。
    ダメならさっと引く。

同じカテゴリーの作品