人生の教科書



勉強法
集中力は、仕事の質に比例する。
勉強法
質を求めた勉強は失敗する。
スピードのある勉強が成功する。
勉強法
音読をすると、覚えやすく忘れにくくなる。
勉強法
暗記は、すぐ忘れる。
理解は、一生忘れない。
勉強法
100点を目指さない。
90点も取れれば十二分。
勉強法
人に説明したことは、忘れなくなる。
勉強法

頭の使い方がうまくなる
30の方法

お気に入り33 読んだ
15

勝つ人は、
スピードより、
継続を重視している。

勝つ人は、スピードより、継続を重視している。 | 頭の使い方がうまくなる30の方法

勉強で失敗する人は、たくさん勉強することを考えます。

 

一方、頭がいい人は、継続できる勉強を考えます。

頭の使い方がうまくない人は、勉強のために、長時間費やします。

 

たしかに長時間、勉強をすれば、たくさん詰め込むことができるでしょう。

 

しかし、無理な勉強の進め方は、三日坊主で終わることでしょう。

三日坊主になるパターンは決まって「気合が入りすぎていること」が原因です。

最初から、全力のスピードです。

「やるぞ。頑張るぞ」という気持ちが大きすぎて、最初から飛ばしすぎているのです。

燃料のことなど考えずにスピード重視で進んでいるため、気づけば燃料がなくなります。

エンストになり、終了です。

勝負では、負けにつながるのです。

車を運転するためには、スピード重視ではなく、燃料を気にする必要があります。

燃料やメンテナンス、時には休憩を入れて、細く長く使う人のほうが、結果的に走行距離が長くなります。

賢い人は、継続こそが本当の力につながることを知っています。

童話『ウサギとカメ』があります。

最初はウサギが前を走っていましたが、後からカメが追い抜いてしまう逆転劇です。

この童話は、スピードと継続の重要性を比べた、大切な物語です。

スポーツでいえば「短距離走」vs.「持久走」です。

スピードは、初めはいいのですが、後から苦しくなります。

持久走は、スピードこそは遅いものの、継続されるため、長く走れます。

頭の使い方も同じです。

賢い人は「継続できる勉強」を選ぶのです。

まとめ

頭の使い方がうまくなる方法 その15
  • スピード重視より、
    継続できる勉強をする。
本を読むことは、先を読むことである。

もくじ
(頭の使い方がうまくなる30の方法)

同じカテゴリーの作品