人生の教科書



勉強法

頭の使い方がうまくなる
30の方法

お気に入り8 読んだ
17

システムの自動化は、
成功への第一歩。

システムの自動化は、成功への第一歩。 | 頭の使い方がうまくなる30の方法

失敗する経営では、社長が何でもしたがるといいます。

社長というくらいですから、知識も能力も優れていることでしょう。

平均以上の能力を持ち、自分がやれば、たいていのことができてしまいます。

往々にして、そこが落とし穴です。

すべてを自分で抱え、全部をしようとするから、時間がなくなります。

自分の時間がなくなれば、心の余裕がなくなります。

新しい発想を練る時間や、経営を考える時間もなくなります。

経営が、停滞してしまうのです。

頭の使い方が上手な人は「システムの自動化」を目指します。

自分がいなくても問題なく回るシステムを作り、ほうっておいても作業が進んでいくサイクルを構築します。

自分の時間を確保でき、新しい構想を練る時間を確保できます。

大局から眺める視点や余裕を保てます。

すべてを自分でやろうとしないことです。

任せられる仕事は、できるかぎりほかの人に任せましょう。

自分がいなくても、問題なく仕事が進んでいくシステムの自動化を構築する人が、成功します。

自動化を目指すことが、成功への道です。

まとめ

頭の使い方がうまくなる方法 その17
  • システムの自動化を構築する。
失敗する人は、1人でしようとする。
成功する人は、協力を得ようとする。

もくじ
(頭の使い方がうまくなる30の方法)

同じカテゴリーの作品